都響コンサート  音楽関係

今日は夕方から、カミさんと上野へ。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地はここ、東京文化会館

クリックすると元のサイズで表示します

行事はこれ、
東京都交響楽団の定期演奏会

クリックすると元のサイズで表示します

座席はここ。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろの方ですが、正面です。
本日は完売で、満席。

演目は、まず、メンデルスゾーン

クリックすると元のサイズで表示します

「ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64」
メンデルスゾーンはヴァイオリン協奏曲を2曲書いていますか、
今日の演奏は、有名な方。
↓の冒頭のメロディーを聞けば、「ああ、あれか」と分かるはずです。

https://www.youtube.com/watch?v=itFMCGqAU8k&feature=player_embedded

なにしろ、ベートーヴェンの作品61、
ブラームスの作品77と並んで、
世界3大ヴァイオリン協奏曲と言われています。

指揮は、小泉和裕

クリックすると元のサイズで表示します

1973年に第3回カラヤン国際指揮者コンクール第1位受賞。
農作業を愛し、
飛騨の農家を買い上げて畑を所有。
自宅で食べる米は自分の田から取れたもので賄えるほど。
そのため近年は活動を国内に限定しているそうです。

ヴァイオリンのソリストは、イザベル・ファウスト↓。

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツの方。
5歳からヴァイオリンを始め、
1987年、レオポルド・モヲツァルト・コンクールで優勝。
1993年、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクルールで優勝。

大変結構な演奏でした。
明日は、↓のリサイタルを控えています。

クリックすると元のサイズで表示します

フェリックス・メンデルスゾーン(1809〜1847)は、
たいていの人が知っている、↓の結婚行進曲を作曲した方。

https://www.youtube.com/watch?v=9Wd-KwthQ7s&feature=player_embedded

モーツァルト以来の神童と呼ばれ、
モーツァルト同様、早くして夭逝しました。38歳。

一度見た楽譜、一度聴いた音楽を
完璧に記憶する能力を有していたといいます。
「真夏の夜の夢」序曲の楽譜を引っ越しで無くしてしまった時、
記憶だけを頼りに全て書き出してみせたといいます。
後で楽譜が発見されて比べてみると、
書き直した楽譜と元の楽譜は
7箇所が異なるだけで、
後は完璧に同じだったといいます。
その7箇所を間違えたのではなく、
本人が意図して直したのではないかと言われています。

「ヴァイオリン協奏曲 ホ短調」は、
1844年に作曲。
初演は1845年3月13日、
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会でした。


本日の2曲目は、
リヒャルト・シュトラウス↓の

クリックすると元のサイズで表示します

「家庭交響曲 作品53」↓。

https://www.youtube.com/watch?v=zR6iXC56KoA&feature=player_embedded

リヒャルト・シュトラウス(1864〜1949)は、
ドイツの後期ロマン派を代表する作曲家の一人。
「2001年宇宙の旅」で使われた
この曲↓を作曲した方、

https://www.youtube.com/watch?v=k9ERExlwuus&feature=player_embedded#t=15

と言えば、ピンと来る方もいるでしょう。

ウィーンのヨハン・シュトラウス一族とは血縁関係はありません。
ロンドンに行った際は、
行く先々で
「あなたが、あの『美しく青きドナウ』の作曲者ですか」
と尋ねられた逸話が残っています。

晩年、ひっそりと暮らしていたシュトラウスは
庭の花を観て、
「私がいなくなっても、
花は咲き続けるよ」
とつぶやいたといいます。

死去した際は、
遺言により、
葬儀ではオペラ「ばらの騎士」第3幕の三重唱が演奏されたといいます。

「家庭交響曲」は、
1902年から1903年にかけて作曲され、
初演は1904年3月21日、
ニューヨークのカーネギー・ホール。
日本初演は1954年6月8日、
NHK交響楽団の演奏でした。

この曲は、
シュトラウス自身の家庭の様子を描写したと言われており、
家庭の主人の主題、
妻の主題、
子供、叔母、叔父の主題も登場します。

とても緊張感のある演奏でした。


本日は定期演奏会の800回記念、ということで、
↓のようなお土産が出口で手渡されました

クリックすると元のサイズで表示します

都響のマーク入りのマカロンです。
800回。それで、完売か。

東京文化会館は行事でぎっしり。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は入口で渡されたコンサートやリサイタルのチラシ。

クリックすると元のサイズで表示します

その数86枚
その座席が全て埋まるとすれば、
日本人は本当にクラシック好きです。






AutoPage最新お知らせ