ああ紅白歌合戦  テレビ番組

今更言っても仕方ないのだが、
大晦日の紅白歌合戦はひどかったな。

クリックすると元のサイズで表示します

元々紅組白組に分かれて歌を競う
という形式が古臭くて時代遅れでどうしようもないと思うが、
それでも、構成・進行はもう少しスマートにならないものか。
グラミー賞やアカデミー賞の洗練された進行を見慣れているから、
紅白の進行は本当にダサい。

ある時期、見直しをして、
オペラ歌手を出したり、外国人歌手出したりしたが、
それも定着せず、
昔の形に必ず戻る。

昔よりよくなったのは、
映像パネルを使った舞台装置くらいか。

Yahooの感想を見ると、
星5つの評価は16%。
以下、星4つ7%、星3つ6%、星2つ6%で、
星1つが66%。
つまり、3人に2人が最低評価ということだ。

感想からいくつか拾ってみると、

○もう紅白歌合戦は国民の期待には応えられないと思います。
そして、NHKもそれが解っていて、
勝敗よりもバラエティー路線にシフトしたのだと思う。
最大の失敗は、
バラエティーなのに勝敗を着けたことだと思います。
全く陳腐な歌合戦になりました。

○そもそも、その年の締めくくりとしての紅白だと思う。
ヒット曲どころか、もう唄ってもいない
古株の歌手がでてくること自体おかしい。
コネや業界の、力加減ででる歌手はいらない。
常連になりたいと思うなら、ヒット曲をだせばいいのだ。
連続出場するのは、容易ではないと意識させるべき。

○だいたい紅白歌合戦は
その年の活躍した歌手及び曲などの
褒美なんじゃないのかなーと思う。
歳の功みたいな歌手とか古い曲とか
毎年同じ曲とか何か間違ってる様なきがする。
老人でも良いが毎年同じ歌を歌うのは感心できない。
飽き飽き以上の何物でも無い。
歌も下手になっていて聞きづらい。
一考の必要がある。
歌っている歌手もつらいと思う。

確かに、古株歌手が古い歌を歌うのが目についた。

郷ひろみ「2億4千億の瞳 エクキゾチックジャパン」
和田アキ子「笑って許して」
石川さゆり「津軽海峡・冬景色」
五木ひろし「千曲川」
高橋真梨子「五番街のマリーへ」
松田聖子「赤いスイトピー」
美輪明宏「ヨイトマケの唄」
森進一「おふくろさん」
近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」

○プロなのに下手な歌ばかりで、本当にガックリします。
その中で光ったのは島津さん、天童さん、森さん・・
藤さんの『マンジュシャカ』は情感のカケラも無くがっかりでした。
佐藤しのぶさんや、錦織さんなどが出ていた頃が懐かしい。
ど迫力の歌唱力で唸らせて欲しいものです。
外国の枠も無く出ているのは子供ばかり・・・
それでは視聴者は離れますね。
裏で年忘れ歌謡コンサートみたいなものをやれば、
間違いなく高齢者はそっとを見るでしょう。
テレ東も懐かしのメロディで高齢者ばかり出すのではなくて、
今の紅白に出ない歌手を総動員したら良いのです。


確かに、古株の歌手の中に、
声が伸びない人たちがかあり見受けられた。

○文字どおりの紅白歌合戦を楽しませてもらいたいものだ。
感動する歌の数々を楽しみたいのだから、
ごちゃごちゃ踊りやコントを繰り広げることは控えめにするべき。
鬱陶しいだけだ。
制御不能の大人数の歌手や過剰な演出は不要だし、
長時間の拘束は一考すべき。
NHKが歌唱の水準を決めて
水準に満たない歌手は出場させないくらいの権限をもてないと、
世代やジャンルを超えた感動の歌にはめぐり合えない。
プロダクションの意向が優先されているなら、
NHKの管理限界を超えている。
改めるべきだ!
民放の質の悪いバラエティもどきの紅白歌合戦にはうんざりするばかり。
視聴率の低下は、近年のテレビ離れの影響や
すべての世代の好みに合わせることは不可能だから、
ある程度の低下は止むを得ない。
視聴率に拘泥しすぎて、
「NHKの紅白歌合戦」制作を見失ってはならない。

まあ、いやなら観なければいい、
という理屈も成り立ちますが、
次のような意見も。

○一体いくらかかっているのだろうか。
受信料を払っている我々に
番組ごとの費用を発表してもいいのではないか?
知名度も無く、うまくもない
どこのだれかわからない歌手や製作費に
莫大な費用が湯水のように当然のことく毎年使われる、
観ている方は面白くもなく
年末の時間をダラダラ費やしてしまう。
こんな状況ならばいっそ紅白は4年に一度にでもして、
そのギャラや費用を難民たちに寄付でもしてほしい。

これ、正論。





AutoPage最新お知らせ