『スター・ウォーズ フォースの覚醒』  映画関係

今年の〔映画紹介〕
1本目は、やはり、これ。↓

クリックすると元のサイズで表示します
    
待ちに待った新三部作
今度はディズニーが製作。
監督はJJ・エイブラムス

まず、映画としては面白い。
次々と展開して飽きさせない。
前6作の世界観を守りテイストは受け継いでいる。
VFXの映像は素晴らしい。

と、一編の映画としては評価した上で
「スター・ウォーズ」ファンとして、不満を述べたい。
思いっきりネタバレしてますので、
未見の方は、読まないで下さい。

まず、既視感

ルークの所在地を示す地図を
ドロイドに託し、
そのドロイドに主人公が出会って、
ドロイドを守る旅が始まる。
「4」と同じ展開だ。

クリックすると元のサイズで表示します

ファースト・オーダーが支配する世界に
抵抗するレジスタンスの戦い。
「4」〜「6」と同じだ。
つまり、三十年たっても内戦をしている。
「6」で帝国を滅ぼした共和国は
30年間、どんな施政をしたのか。
内戦ばかりしている国は亡びる。

むしろ、安定した平和に満ちた共和国が
平和ゆえに暗黒面に落ちて行って、
などという展開にはならなかったか。
しかし、それでは「戦争」が起こせない。
なにしろ「スター・ウォーズ」なのだから。

ファースト・オーダーの親玉・最高指導者との
ホログラム映像との対峙も
前と同じで進歩がない。

ハン・ソロと息子のカイロ・レンとの対決も
ダース・ベイダーとルークの対決の既視感。
「1」〜「6」に色濃く存在した
エディプス・コンプレックスへの憧憬か。

基地のシールドを解除して
相手の弱点を突く、
というのも「4」「6」と同じ。
戦闘機も両陣営共、
30年経っても新型は開発されなかったらしい。

既視感については、
監督の「スター・ウォーズ」へのリスペクト
から似てしまった、と解釈しよう。

しかし、最大の弱点は、
悪役のカイロ・レンが弱すぎる。

クリックすると元のサイズで表示します

ジェダイにしか扱えないはずのライトセーバーを
フィンもレイも使えるのは何故か。
その初心者フィンやレイに苦戦するレンは弱い。
たとえ傷を負っていたとしても。
素顔も高校生かと思える容貌。
悪役が強くないと
こういうドラマは面白くならない。

クリックすると元のサイズで表示します

基本的には面白く仕上がっているが、
しかし、やはり「1」〜「3」と「4」〜「6」を凌駕する
「何か」が欲しかった感じだ。

謎は残る。
ルークが姿を消す契機となった
ジェダイを育てる間の
若者の離反というのは何なのか。

そもそもファースト・オーダーは何故起ったのか。

そして、最大の謎、レイとは何者か
フォースの強さから見て、只者ではなく、
ルークやレイアの血筋であることは間違いない。
ルークの娘か?
それが何故廃品回収業をして、
家族を待っているのか。
まさかレイとレンが双子の兄妹などということはあるまい。
その手は二度は使えない。

レイが見た子供の頃のフラッシュバックは何か。
過去に何らかの事件があったことを想定させるが、
「8」では、初めて「回想シーン」が登場するのか。

などと興味は尽きない。

新キャラクターは意外と少ないが、
レイは魅力的で、映画を貫く主役としては及第点。

クリックすると元のサイズで表示します

フィンもそこそこ。

クリックすると元のサイズで表示します

女性と黒人を主人公にした点が
新機軸と言えようか。

新ドロイドのBB−8もチャーミングだ。

クリックすると元のサイズで表示します

いずれにせよ、
旧作の登場人物が出ただけで涙腺がゆるむ、
というのは新シリーズの一本目でしか許されない。
次作「8」は、
こちらを驚かすようなことを展開してもらいたい。

5段階評価の「4」

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ