危険な空港世界トップ10  旅行関係

世界中には、
とんでもない立地で
危険極まりない空港がある。
今回は、

どうしてそこに作ったの?
信じられない場所にある
「世界の危険すぎる空港」トップ10
を紹介。

最後にそれらの空港を動画でご覧下さい。

10位. マデイラ空港(ポルトガル)

クリックすると元のサイズで表示します

高い山と海に囲まれた上に、
短い滑走路しか持たないこの空港は、
着陸時に曲芸的な操縦を要求する、
「ヨーロッパの啓徳空港」とまで呼ばれる悪名高い空港。

9位.プリンセス・ジュリアナ国際空港(オランダ領シント・シントマールテン)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エメラルドブルーのカリブ海に面するマホ・ビーチ上空から
滑走路端のビーチを
高度20〜30m程度で通過しながら着陸する。
浜で遊ぶ人々の頭をかすめる、そのものすごさは、
最後の動画で確認を。

8位. ロスロケス空港(ベネズエラ)

クリックすると元のサイズで表示します

8位.啓徳空港(香港)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

滑走路をオーバーランして海中に突入したり、
着陸時にしりもちを起こすなどの小さな事故は多かったものの、
パイロットが緊張するためか、
着陸に失敗し市街地に突っ込むような事故は皆無。
それでも、乗客が死亡したり海中突入などの事故が
わかっているだけで8回起きている。
(現在は廃港して、船の寄港地になっている。)

6位.ジブラルタル空港(イギリス海外領土)

クリックすると元のサイズで表示します

パイロットが選ぶ危険な空港でヨーロッパの1位に選ばれている。
ジブラルタルの岩山「ザ・ロック」がそばにあり、
東側からの進入はザ・ロックの崖の横にある滑走路への進入が必要。

5位.クールシュヴェル飛行場(フランス)

クリックすると元のサイズで表示します

傾斜した短い滑走路を持つことで知られている。
空港へのアプローチは
深い谷間を通るという危険なもので、
この飛行場で離着陸する操縦士には、
山岳地帯の飛行に関する特別な免許が必要。
空港開設以来、何回かの事故も発生している。

4位.トンコンティン国際空港(ホンジュラス)

クリックすると元のサイズで表示します

2008年5月30日、
エルサルバドル国際空港からの
TACA航空390便がオーバーランして着陸に失敗した。

3位.グスタフV世飛行場(フランス領サン・バルテルミー島)

クリックすると元のサイズで表示します

短い滑走路や、ビーチや道路上を通過する進入路が特徴的。
小高い丘が多い小さな島の中で
滑走路を設定することのできる狭い平地に立地するため、
滑走路が650mしかない。

2位.ファンチョ・E・ヨラウスクィン飛行場(オランダ領サバ島)

クリックすると元のサイズで表示します

全長約400mという世界一短い滑走路を持つ商業空港。
滑走路両端は、
約20mの断崖絶壁で海へと切り落とされており、
離着陸時にオーバーランすればただちに崖から海に転落することになる。
驚くべき事に今まで一回も大きな事故が起きた事はない。
短い滑走路のためジャンボ機は着陸不可。
(現在は公式には廃港)

1位.テンジン・ヒラリー空港(ネパール)

クリックすると元のサイズで表示します

滑走路の目の前に建物が!!!
公式にわかっているだけでも9回の事故があった。
滑走路全長は460mしかなく、
短く傾斜した滑走路は
世界で最も高度な着陸が要求される空港の一つである。
ヒストリーチャンネルで放送された
「最も過激な空港ランキング」でも1位にランクされた。


これらの空港の動画は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?v=UFzrNAU3Szo&feature=player_embedded




慰安婦問題  政治関係

今日は、昼前に渋谷に出て、
映画を2本。
今年の初映画。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチは、ここナポリス

クリックすると元のサイズで表示します

テレビ東京「ガイアの夜明け」で紹介されていた
350円のマルゲリータを。

クリックすると元のサイズで表示します

充分大きく、
女の人では食べきれないほど。
味は、ニューヨークやロンドンで食べるピザよりはましでした。

店内にあったコカコーラの自動販売機。

クリックすると元のサイズで表示します

なつかしい壜入りです。

クリックすると元のサイズで表示します

宮下公園側のガード下。

クリックすると元のサイズで表示します

アトムだ!

クリックすると元のサイズで表示します


ところで、せっかく「合意」した慰安婦問題
暗雲がたちこめています。

元従軍慰安婦の支援を目的に
韓国が設立する新財団への拠出金に関し、
ソウルの日本大使館前の少女像が撤去されなければ、
日本政府は10億円を拠出しない意向であることを、
30日、政府筋が明らかにした。
少女像問題が未解決のまま財政負担に踏み切れば、
国内世論の理解が得られないと判断したためだという。

これに対して、
韓国外交部の当局者は4日、
「(慰安婦問題をめぐる韓日)合意の円満な履行のためには
誤解を招きかねない日本側の言動がこれ以上あってはならない」
と言い、
外交部は在韓日本大使館の関係者を呼び、強く抗議したとされる。
また、外交部当局者は
「少女像は民間が自発的に設置したものであり、
政府がああしろこうしろと言える事案ではない
ということをもう一度明確にしたい」
と指摘したという。

既に見解に食い違いが生じている。

少女像については、
28日の記者会見で、
尹氏は、
「韓国政府は、日本政府が
在韓国日本大使館前の少女像に対し、
空間の安寧、威厳の維持といった観点から
懸念しているという点を認知し、
韓国政府としても可能な対応方法に対し、
関連団体との協議等を通じて適切に解決されるよう努力する」
と述べ、
文面だけ見ると「努力目標」でしかない。

しかし、公式な記者会見で言明した努力目標だ。
どれほど努力したかの内容が問われるだろう。

「少女像は民間団体が設置したものであり、
政府が干渉できる事案ではない」
と以前から主張しているが、
あの像は公道に建てられた無許可の違法建造物だ。
法治国家であるなら、
撤去させる権限があるはず。

もし日本の「米国の原爆投下を考える会」などという団体が
米国大使館前の公道に「原爆の碑」を建造したら、
日本政府は「民間のしていること」などとは言わず、
即座に撤去するだろう。
それが法治国家というものだ。

ただ、一度設置したものを撤去するには抵抗があるわけで、
これは、設置直後に直ちに撤去せず、
既成事実化させた韓国政府の責任が重い。

ただ、記者会見では、
像の撤去が10億円拠出の条件とは言っておらず、
このあたりが付け入る余地を与えてしまった結果になった。

その後の報道では、
両国政府が最終合意したはずの慰安婦問題は、
韓国ではまだ反発が収まっておらず、
「合意は無効だ」
とする声が日に日に強まっているという。

朴大統領は前から
「被害者が受け入れ、国民も納得する解決案」
を言っていた以上、
元慰安婦たちの反発が大きいのが泣きどころだ。

元慰安婦たちの反発は当然と言えば当然で、
元慰安婦たちに何をしてくれるかが、
合意では全く明らかにされていないからだ。
これでは文句を言うのは当たり前だ。
合意発表までに
「10億円の拠出を受け、
元慰安婦たちには一人1千万円ずつ給付する
などと決めておけば、
あのような反発はなかっただろう。

全て年内に合意を成立させたいという拙速の結果だ。

慰安婦関連資料のユネスコ世界記憶遺産への登録申請についても
「消えていく記録物の保存のために民間主導で推進しており、
政府が関与することはできない事案」
と韓国政府は言っている。

これでは、
記者会見で述べた
「今後、国連など国際社会において
本問題に対する相互非難、批判を自制する」
も、
「あれは民間団体がしていること」
で全て逃げる可能性もある。

慰安婦問題を研究する韓国の教授らでつくる
「日本軍慰安婦研究会設立の会」は4日、
日本との合意は慰安婦問題の解決策にならないとして、
撤回するよう求める報道資料を出した。
また、慰安婦問題の核心は
数多くの女性に性奴隷を強制した犯罪行為に対する
日本の国家責任として、
「日本がその責任から逃れるためには、
事実認定や謝罪、賠償、真相究明、歴史教育、追悼事業、
責任者処罰が欠かせないというのが
国際社会で確立された法的な常識」
と強調した。
その上で、世界の約380人の学者や活動家らが参加する
「日本軍慰安婦研究会」の設立を推進する計画を明らかにした。

これでは政府間合意は無きに等しい。
合意が実行された後も、
このような「民間団体」がしつこく
批判し続ける
、という事態も起こりうる。

韓国の名門女子大、梨花女子大の総学生会は
大学近くの公園に学生らの募金で設置された
「平和の少女像」の前で記者会見を開き、
「被害者の声が反映されていない
屈辱的な交渉を直ちに破棄せよ」
などと促した。

韓国外国語大の総学生会も記者会見を行い、
「今回の交渉はわが国の歴史とプライドを
10億円で日本に売り飛ばしたもの」
として合意の撤回を要求した。

マスコミも「外交敗北」からはじまって、
「外交屈辱」「外交惨事」「外交崩壊」と述べ、
その大半が「パク・クネは拙速すぎた。撤回しろ!」
と主張している。

こういう世論を受けて、
韓国政府が「合意」を撤回する可能性も大いにある。
その時には、当然
「日本のせいだ」
という理屈が必要で、
10億円の拠出停止が
その理由にされなければいいのだが。

対応策は一つ。
設立される「財団」の元慰安婦に対する事業は、
「一人1千万円を給付する」
と早めに決めること。
「お金が欲しいわけじゃない」
と元慰安婦は言っているが、
それでも、ほとんどの元慰安婦は受け取るだろう。
前回の「アジア女性基金」の時、
団体の圧力で受け取らなかった人の中には、
「あの時、もらっておけばよかった」
と内心思っている人もいるはずだから。

一人1千万円を受け取ったら、
韓国世論はどうなるか。
人は嫉妬する動物である。
「あいつらゴネて大金を手にした」
と元慰安婦に対する同情は消え失せることだろう。

私自身は、
合意が白紙に戻ってもいいと思っているが、
それは、韓国側の「約束破り」の形でなければならず、
その後、執拗に「日本のせいだ」
と言われるのだけは御免こうむりたい。

合意が破綻した後、
もう日韓政府の交渉は全く進まなくなるだろう。
そして、10年、20年たてば、
慰安婦問題は自然に消滅する。
その消滅前にした「合意」は、
政治的には一つの達成点だったのだが・・・。


『ピラミッド・タウンを発掘する』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します
 
著者の河江肖剰(かわえ・ゆきのり)氏は
エジプト考古学者。
現在は名古屋大学CHT共同研究員。
1992年から2008年まで
米国エジプト調査協会のメンバーとして
ピラミッド・タウンの発掘、
並びに多国籍チームによる
メンフィス地区の巨石建造物の3D計測調査に従事。

「ピラミッド・タウン」とは、
ピラミッド建造に関わった人々が住んでいた都市のこと。

ピラミッドはある日突然砂漠の中に出現したわけではなく、
建造計画があり、
石材の切り出しがあり、
その運搬、積み上げがあり、
それに従事する何千人の生活がある。
生活するためには住居が必要で、
そこで食される食材の収集があり、
調理場があり、
食事の場があり、
ゴミの廃棄場所がある。

ピラミッドを造営するためには、
人々を住まわせる都市を造らなければならない。
住居、食料の貯蔵や生産や配給を確保し、
道具や工具も作っていく必要がある。
同時に、物資を運ぶための港や
建設現場のピラミッドまでの運搬路も整えていっただろう。

そうした「人間」のわざを裏付ける
ピラミッドタウンを発見し、発掘し、調査する。
それによって
古代の大建造物建設の内実に迫ろうとする。

本書は、
第T部 どのようにピラミッドを作ったか
第U部 なぜピラミッドを作ったか
第V部 誰がピラミッドを作ったのか 
の3つの部からなる。

第T部は、
クレーンや起重機がない時代に
どうやって石材を上に積み上げたかを論証する。
傾斜路を作ったというのが定説だが、
その傾斜路も様々な説がある。↓

クリックすると元のサイズで表示します

傾斜路と聞いて、
私は右上のような単純な傾斜路を想像したが、
しかし、この案だと傾斜路建造のために莫大な石材が必要になり、
ピラミッドの3分の2程度の体積の構造物を
ピラミッドとは別に作らなければならない、
従って、不可能。
というのを本書で初めて知った。

第U部のハイライトは、
第5章の「王墓か、否か」に尽きる。
そこへのアプローチが

考古学的考察とは
刑事事件の現場検証と同じだということだった。

という指摘は面白い。

特に、現地がピラミッド単体で成り立つものではなく、
河岸神殿、参道、葬祭神殿と一体した
「ピラミッド複合体」という存在であることも興味深い。↓

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、何と言っても本書の核心は、第V部
「誰がピラミッドを作ったのか」である。
その「誰」とは「クフ王」とか「カフラー王」とかのことではない。
実際に計画を立て、石を切り出し、
石を運び、石を積み上げた人々のことである。

ピラミッドを造った人々は
いったいどこに住み、
どのような生活をし、
そして建造中には
ギザ台地の上で実際どのように活動していたのだろうか?

こうした設問に従い、
筆者らは、三大ピラミッドの東南にその場所を発見し、発掘するのである。↓

クリックすると元のサイズで表示します

位置などからメンカフラー王のピラミッド建造に従事した人々の住居と考えられ、
2千人が寝泊まり出来る営舎やパン焼き場も発見された。
そして、様々な証拠を元に、
当時の労働者に一体どれほどの食料が配給されていたのかを突き止める。

これらの発掘現場からのデータと
実験考古学から得た知見を組み合わせると、
あるひとつの仮説が浮かび上がる。
──おそらく、このパン焼き場では、
長屋に住む人々のためだけに、
一日に一回パンが焼かれ、
人々は四日に一度、
その巨大な9494キロカロリーのパンを一個受け取っていたのだ。

パン以外に肉や野菜も供給され、
栄養は重労働に耐えるだけのものが配給されていた。
つまり、それが賃金に相当していたのだ。

パンとビールは、
古代エジプトの主食というだけでなく、
主な配給品として配られていたものだった。
現代風に言えば、
それは賃金にも相当する。
鋳造貨幣が生まれたのは、
紀元前7世紀後半のリディア(現在のトルコ・アナトリア半島西部)だが、
ピラミッド時代にはすでに徴税し、
分配する制度は出来上がっていた。
これは、江戸時代、
米を年貢として農民から徴収し、
それを武士に分配する仕組みになっていたのと似ている。
現在も国の予算案の調整と議決に、
政治家や官僚たちはもっとも力をかけるが、
古代エジプトにおける予算とは、
当然のことながらお金ではなく、
配給の要となる穀物であり、
それを加工したパンとビールだった。
一国の経済は人間の体にたとえられる。
人間の身体を血液が循環するように、
「マネーフロー」という経済用語の通り、
お金も社会を循環し、
経済に活力を与える。
それと同じように、
古代エジプトでは、
パンとビールが循環し、
「パンフロー」もしくは「ビールフロー」で
古代エジプト経済は回っていたのだった。


つまり、ピラミッドを建造したのは、
奴隷ではなく、
順番に徴用された国民であり、
その「賃金」はパンとビールで支給されていたというのだ。

そして石材に書かれていた「刻紋」を分析して、
最小のグループが20人で
その小隊が10組にまとめられて
200人規模の中隊を形成し、
それが5つまとまり1000人規模の大隊となり、
それが2つにまとまって競い合う2000人の連隊が形作られるという、
三層から成る極めて見事な作業集団の
ヒエラルキーが組織されていたことを推論する。↓

クリックすると元のサイズで表示します

いやはや考古学者とはすごい仕事をするものである。
その他、採石部隊2400人の他、
工具を造る人、料理をする人、
衣服を作る人等で
ピラミッド建造に携わった人数は
2万〜3万人ほどいたと推定される。

ピラミッドタウンの発掘は進み、↓

クリックすると元のサイズで表示します

サッカー場となっている場所の下にも遺跡があるのだが、
それを避けて西側の土地の発掘を優先する。
しかし、古代エジプトのピラミッドを造営した人々が住んだ町の上で
現代の子供たちがサッカーに興ずるというのは面白い光景だ。

このサッカー場の西の町の発掘で
巨大なゴミ捨て場が発見され、
「ゴミの山は宝の山」とする
考古学者の視点も興味深い。

こうしたピラミッド・タウンの発掘も
思わぬ事態で頓挫する。
それがチュニジアから始まった「アラブの春」である。
30年近く続いたムバーラク政権が倒れ、
エジプトの政情が不安定になり、
発掘を中断せざるを得なくなったからだ。

最後の「エピローグ」で、
4500年前のピラミッド・タウンの一日を小説風に描写して興味深いが、
その中で、当時ギザには人工的な時間が存在しており、
太陽が10回沈むと「一週間」で、
それが3回続くと一カ月。
すると徴用された人の仕事の期間が終わる、
というのも初めて知った。

エジプトに興味のある方には
最新情報満載の垂涎ものの本である。


私がエジプトを訪れたのは、1999年11月
カイロ、アスワン、ルクソール、アレキサンドリアと回った。
既に16年。
あの時に比べ、情報量も知識も飛躍的に増えている。
もう一度行ってみたい気がする。


古文書発見  身辺雑記

今日は昼頃、品川へ。

クリックすると元のサイズで表示します

親戚筋に新年の挨拶のため、
家族3人で出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

といっても、
結果は、ご覧のように、

クリックすると元のサイズで表示します

御馳走になるわけで、

クリックすると元のサイズで表示します

中トロや

クリックすると元のサイズで表示します

エビや

クリックすると元のサイズで表示します

すき焼きまで出て、

クリックすると元のサイズで表示します

おなか一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

昔話の中で、
父と母に関する
「古文書」が出て来ました。

一つは、「軍艦長門記念写真帳」

クリックすると元のサイズで表示します

長門(ながと)は、大日本帝国海軍の戦艦で、
第二次世界大戦前は
日本海軍の象徴として親しまれました。

クリックすると元のサイズで表示します

1917年8月28日に起工、
1919年11月9日に進水。
完成後に連合艦隊旗艦となりました。
太平洋戦争開戦時の連合艦隊旗艦でもあり
連合艦隊司令長官 山本五十六大将が座乗していました。

この記念写真帳は、
第23代艦長の徳永栄艦長と共に
昭和14年(1939年)11月15日から
昭和15年(1940年)10月15日まで
長門に乗船したメンバーに
記念として配付されたもののようです。

当時、父は准士官(後に大尉)として乗船し、
連合艦隊司令長官・山本五十六中将(後大将)のお世話役を務めたそうです。

中表紙↓。

クリックすると元のサイズで表示します

山本五十六中将の書↓。

クリックすると元のサイズで表示します

山本中将、すっきりした顔をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

戦艦長門の姿。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、戦艦上での様々な光景が掲載されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天皇陛下も来艦されました。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に乗船者の階級ごとの記念撮影。
父はこの准士官の中にいます。

クリックすると元のサイズで表示します

終戦時、長門は
横須賀にて中破状態で残存。
稼動可能な状態で生き残った唯一の日本戦艦でした。
アメリカ軍に接収された後、
1946年7月に
ビキニ環礁で実施された原爆実験「クロスロード作戦」に
標的艦として投入され、
二度の核爆発により浸水が進み沈没しました。

ビキニ環礁での7月25日の実験光景↓。

クリックすると元のサイズで表示します

雲の根本の左部分に長門の姿が確認できます。


もう一冊の「古文書」は、
もっと古く、
昭和7年(1932年)3月に発行された
「静岡県立三島北高等女学校
卒業記念写真帳」


クリックすると元のサイズで表示します

三島北高等女学校(現静岡県立三島第一高等学校で共学)は、
明治34年(1901年)設立。
静岡県の良家のお嬢さんが通う学校として有名でした。
芸能人では、富士真奈美、長山藍子を輩出しています。

母は、昭和4年から7年まで通いました。
この写真帳はその卒業記念アルバムです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓この写真は、
この年度の卒業アルバムに欠かすことの出来ないもの。
昭和5年(1930年)6月3日の昭和天皇行幸です。

クリックすると元のサイズで表示します

陛下をお迎えするために、
毎日掃除が繰り返されたそうです。

御野立所(おのだちしょ)の天皇陛下。

クリックすると元のサイズで表示します

天覧マスゲーム。
生徒たちは緊張したことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

御野立所は、このように保存されます。

クリックすると元のサイズで表示します

お座りになった所も、このように保存。

クリックすると元のサイズで表示します

天覧裁縫授業

クリックすると元のサイズで表示します

優秀な生徒を選抜して実施。
母はその中に選ばれました。

その後は、思い出の行事の数々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後にアイウエオ順の生徒の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

みんな凛々しい顔をしています。

母18歳
父32歳
貴重な記念品。
正月早々、良いものを見せてもらいました。


新年バイキング  身辺雑記

今日の昼過ぎ、
娘が韓国から帰って来ました。
先月28日にソウル入り。
キム・ジュンスの年末オーケストラコンサートに参加するため。
このような親子別々の新年は
もう5年になります。

ジュンスのコンサートでは、
最後の曲が
マイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」で、
かねてから娘が「ジュンスに歌ってもらいたい」
と願っていた曲ですので、
満足したようでした。

さて、夕方からは新浦安のホテルで
ニューイヤーディナーブッフェ

クリックすると元のサイズで表示します

このブッフェ、
昨年は私が風邪をひいたためキャンセル。
今年は娘が韓国で下痢になり、
食欲減退により、
私とカミさんだけのディナーとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

恒例の

クリックすると元のサイズで表示します

タラバガニ、ズワイガニが食べ放題。

クリックすると元のサイズで表示します

席は満員。

クリックすると元のサイズで表示します

テーブルの上はご覧のような有様。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見て下さい、
このぎっしり詰まった肉を。

クリックすると元のサイズで表示します

その他、天ぷらなど。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートのきなこもち。

クリックすると元のサイズで表示します

職人さんの作りたて。

クリックすると元のサイズで表示します

腹一杯食べて、
満足の新年でした。





AutoPage最新お知らせ