浦安吹奏楽団定期演奏会  わが町・浦安

今日は昼過ぎから
ここ浦安市文化会館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

大ホールでは、
こんな行事が行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

浦安吹奏楽団は、
今年で35周年を迎えた歴史ある楽団です。

クリックすると元のサイズで表示します

開場前に行列が出来ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

無料ですので、モギリの手間が要りません。
プログラムを渡すだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは座席数1304と大きいホールです。

クリックすると元のサイズで表示します

座席表。

クリックすると元のサイズで表示します

ワンスロープで大変見やすい設計。

クリックすると元のサイズで表示します

前から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

開演前にロビーコンサートが。

クリックすると元のサイズで表示します

出演はサックスパートの4人。

クリックすると元のサイズで表示します

背後のパネルは、

クリックすると元のサイズで表示します

各パートのメンバー紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

編成はピッコロ&フルート、オーボエ、クラリネット、
サックス、ホルン、トロンボーン、トランペット、
ユーフォニウム、チューバ、

それにパーカッション

クリックすると元のサイズで表示します

吹奏楽(すいそうがく)は、
最も広義には、
管楽器を主体として演奏される音楽の総称。
すなわち西洋の木管楽器・金管楽器を主体とし、
打楽器やその他を加えた編成で演奏される音楽を指します。

クリックすると元のサイズで表示します

演奏中でも、
フラッシュをたかなければ撮影可。

クリックすると元のサイズで表示します

演奏曲目は、
第1部が

ラプソディック・セレブレーション(ロバート・シェルドン作曲)
ペール・ギュント組曲(エドワード・グリーグ作曲)
エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)

クリックすると元のサイズで表示します

第2部が

君の瞳に恋してる
くるみ割り人形 in POPS
スタートレックのテーマ
ディープ・パープル・メドレー
TRUTH
MOVE ON

クリックすると元のサイズで表示します

第2部は衣裳替え。

クリックすると元のサイズで表示します

スタートレックのテーマのトランペットは
ゲストの長江純一さんが演奏。

クリックすると元のサイズで表示します

曲はナレーションでつなぐあかぬけなさで、
団長の挨拶があったり、
単身赴任で退団するメンバーの紹介があったり、
これが地方都市のアマチュアバンドの良さなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

第1部40分、第2部1時間5分とたっぷり。
演奏も予想に反して(失礼)レベルが高く
45人の編成にふさわしい、
ボリューム感のあるパフォーマンスでした。
とても週一の練習しかしていないとは思えませんでした。

興味のある方は、↓をクリック。

http://www.geocities.jp/urayasu_brass/

ここの文化会館は
そこそこ稼働しています。

クリックすると元のサイズで表示します

チラシをいくつか紹介。

↓こんなのもやっています。

クリックすると元のサイズで表示します

チラシに「参加資格:18歳以上。高校生不可」と書いてあります。
どんなトークが展開されるのでしょうか。

劇団四季の正式公演。1回のみ。

クリックすると元のサイズで表示します

落語会はよくやられています。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなイベントも。

クリックすると元のサイズで表示します

このチラシのデザインを見て、
韓国人はイチャモンをつけるのでしょうか。

↓「浦安特別版」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します

どんな内容かは、
当日行かなければ、分かりません。





AutoPage最新お知らせ