『億男』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

主人公の一男は図書館勤務が終わると、
夕食後、パン工場で働く毎日だ。
2年前、弟が3千万円の借金を残して失踪し、
借金の肩代わりをした一男は
そのために妻子と離婚し、
四畳半のアパートでの一人暮らし。
借金の返済にはあと30年かかる。

子供のまどかにはたまにしか会えない。
誕生日にまどかと会った一郎は
ショッピングモールの福引の券を老婦人からもらい、
それで抽選日前の宝くじ10枚が当たる。
そして、その宝くじで3億円を獲得する。

これで借金を返せる、
妻子も取り戻せると思った一男だったが、
不安を感じ、
学生時代の親友九十九(つくも)に15年ぶりに電話する。
九十九はIT企業を立ち上げ、
その会社を売り、
資産は150億円もある。
九十九の住居兼事務所で夜を過ごした一男は
3億円がまるごと消え失せていることを知る。

九十九の後を追い、
九十九が起した企業の役員だった
十和子、百瀬、千住を訪ね、
(全部登場人物の名前の頭に数字がつくのがミソ)
九十九の所在を尋ねると共に、
「カネが人を幸福にするか」
という命題について議論する。

十和子は普通の公務員に嫁ぎ、
カネは押し入れの奥に隠している。
百瀬はギャンブルに浸かった毎日。
千住はあやしげな投資コンサルタント兼
宗教団体を立ち上げている。
こうした金持ちと議論しながら、
一男は命題への答を見つけることができるのか・・・

命題が重いわりには、
描き方は軽く
登場人物の存在感は薄い
まあ、テレビドラマ並みと思っていい。
最後に九十九に再会するくだりも
元妻の万佐子の主張も納得しがたい。

チャップリンの「ライムライト」に出て来る
「人生に必要なもの。
それは勇気と想像力と、
ほんの少しのお金さ」
というセリフが繰り返し出て来たり、
今のお札に描かれた野口英世も樋口一葉も
極貧生活だったとか、
落語の「死神」「芝浜」が使われたりと、
面白いところはあるが、
とにかく薄っぺらい。






AutoPage最新お知らせ