『バレエボーイズ』  

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

プロのバレエダンサーを目指し、
レッスンに励む北欧の
3人の少年たちを描くドキュメンタリー。

ルーカス、シーヴェルト、トルゲールの3人は、
ノルウエーのオスロで同じ中学に所属し、
同じバレエ学校に通う仲間同士。

クリックすると元のサイズで表示します

更衣室でじゃれあう3人だったが、
成長期で体の変化も激しく、
それぞれに自分の進む道に悩みを抱えていた。
オスロ国立芸術アカデミー(KHiO)への入学を目指し、
バレエダンサーになれなかった場合は、
どうするのかと問いかける。
しかし、3人ともをKHiOへの入学を許され、
希望の未来が開けていた。

しかし、人生の分かれ道が3人を待ち受けていた。
出願していないにも関わらず、
ルーカスだけに名門・英国ロイヤル・バレエスクールから
オーディションの招待状が届いたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

留学費用の心配をしながらも、
チャンスに懸けるルーカスを
2人の仲間、両親や学校の先生も見守る中、
合格の可否を告げるメールが家に届く・・・

「北欧版リトル・ダンサー」とチラシにも書いてあるとおり、
「ビリー・エリオット」を彷彿とさせる
バレエに懸ける少年たちの姿は美しい
友人であり、同じ志を持つ仲間であり、
そしてライバルである3人を取り巻く環境は厳しい。
なにしろ目指すのはプロのバレエダンサーだ。
学芸会をするわけではない。
シーベルトは、一度はバレエ学校を去り、
「自分にはバレエしかない」と言って戻って来る。

才能のある者だけが残る厳しい芸術の世界は、
自分の能力を信じ、
それにふさわしい練習をするしかない。
バレエの世界は
一日練習を休めば、まず自分自身が気づき、
二日休めば、相手役が気づき、
三日休めば、観客が気づくと言われるほど、
練習に次ぐ練習の世界なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ロイヤル・バレエスクールに行くことになったルーカスと
他の2人との間に微妙な隙間風が入る。
オスロのわずか5人の仲間での切磋琢磨よりも、
ロンドンでの15人のハイレベルのメンバーとの研鑽
の方が良いに決まっている。
まるで仲間を捨てて去るようなことになるが、
その感傷はない。
本当はそのあたりをもう一歩踏み込んで描いてほしかったところだ。

女性ダンサーを支えるために体に触れるときめきや
身長が伸びるに伴う体の痛み、
それらはこの年齢特有の悩みだ。
中学卒業、バレエ学校での卒業公演、
それに続く別れ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには作り物ではない
等身大の少年の生活が息づいている。
二度とやって来ない思春期のきらめきはまぶしい。

そして何よりも
ロンドンに行ってからのルーカスの顔つきの変化が
目を見張る。
彼は自分の居場所を見つけたのだ。

少年が青年になる過程を追ったドキュメンタリーとして、
異色であり、
同時に、いずこの国でも同じ
青春の一瞬の輝きを描いた記録映画として胸を打たれた。

欲を言えば、
少年たちのバレエシーンをもう少し増やしてほしかった。

5段階評価の「3.5」。

予告編は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6YQGMcHopwI





AutoPage最新お知らせ