『ヴィンセントが教えてくれたこと』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します
    
偏屈者で嫌われ者のヴィンセントの家の隣に
離婚後間もない母親とその息子が引っ越して来た。
病院勤めの母親は
12歳の息子オリバーの放課後の世話をヴィンセントに頼み、
お金に困っていたヴィンセントは謝礼につられて子守を引き受ける・・・

クリックすると元のサイズで表示します

人生に疲れた初老の男が
近所に引っ越して来た少年と知り合い、
その交流の中で生き方を建て直していく──
という話は、今までも腐るほど作られていて新味はない。
しかし、一つのジャンルと思って見れば、
人物のキャラクター、シチュエーション、起る事件、
落しどころが評価の対象になる。

その点で、ヴィンセントが
アルコールとギャンブル好きな不良オヤジだという設定は面白い。
預かった小学生を相手に毒舌を吐き、
普段通りに競馬場や酒場に連れ歩き、
オッズの計算方法や
バーでの注文の仕方や
いじめっ子とのケンカやり方など、
ろくでもないことばかり教え込む。
はじめ反発するオリバーだったが、
この不良中年の奥に隠された優しさに気付き、
次第に心を通わせていく、という経過も納得出来る。
ヴィンセントには施設に預けた痴呆症の妻がいる、
ということも要因の一つだ。

こういう展開の分かった「ジャンルもの」の場合、
演ずる役者の力量がものを言うが、
ヴィンセント役のビル・マーレイがうまい。

クリックすると元のサイズで表示します

心に傷をかかえたダメ中年がぴたりと合っている。

そして、オリバー役のジェイデン・リーベラーが、
両親の離婚で傷ついた少年を演じ、
ビルに負けない存在感を見せる。

クリックすると元のサイズで表示します

母親役のメリッサ・マッカーシーも、見事な助演。

クリックすると元のサイズで表示します

ロシア人ストリッパー兼娼婦役のナオミ・ワッツ
普段見せない役どころを演じて味を添える。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、物語の落しどころに、
学校のイベント「聖人探し」を持って来て、
原題の「St.Vinsent」(聖ヴィンセント)を納得させる展開。
このあたりでウルウル来た。
聖人とは何も遠く離れた雲の上の存在ではなく、
街には聖人があふれている、
ということがよく分かる。

監督・脚本はセオドア・メルフィ
役者の魅力を引き出した脚本と演出は今後の期待大。

昨年秋、わずか4館の限定公開でスタートしながらも、
口コミの評判で2500スクリーンに拡大。
週興業収入の4位にまで駆け上がった事実が
どれほど幅広い観客に支持されたかが分かる。
ゴールデン・グローブ賞では作品賞主演男優賞にノミネート。

時々アメリカ映画が発する、
良質なハートウォーミングの感動作。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクッリク。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QKibvLIGres

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ