スペイン・ポルトガル旅行記J エボラ  旅行関係

セビリアから国境を越えて、ポルトガルに入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

国境といっても、
EUですから、
検問所も税関もなく、
いつ国境を越えたのか分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、スペインとポルトガルの間には時差があり、
1時間時計を遅らせます。

クリックすると元のサイズで表示します

ポルトガルに入って、
コウノトリの巣が急に増えました。

クリックすると元のサイズで表示します

ポルトガル最初の訪問地はエボラ(Evora)。

クリックすると元のサイズで表示します

エボラ出血熱(Ebola hemorrhag fever)と関係があるのかと言われますが、
無関係。スペルが違います。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ帝国時代からアレンテージョ地方の中心地として栄え、
ルネサンスの時代には、大学もおかれた学芸の都でもあります。

ジラルド広場

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここから10月5日通りに。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはホテルやカフェ、みやげ物屋が軒を連ねます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コルク製品が多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、みんなコルクで出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、ディアナ神殿

クリックすると元のサイズで表示します

紀元前57年、エヴォラは共和制ローマの支配下に入りましたが、
この神殿はその名残。

クリックすると元のサイズで表示します

2〜3世紀にローマ皇帝アウグストゥスを祀るために作られた神殿。
月の女神ディアナ(ダイアナ)を祀ったものであるとの俗説から、
ディアナ神殿とも呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

元は柱は30本あったといわれています。
現在は14本が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

4世紀になるとエボラにもキリスト教が浸透します。

クリックすると元のサイズで表示します

カテドラル

クリックすると元のサイズで表示します

これを含めて、旧市街は「エボラ歴史地区」という世界遺産です。

クリックすると元のサイズで表示します

礼拝堂。

クリックすると元のサイズで表示します

1280年から1340年の間に建設されました。

クリックすると元のサイズで表示します

1584年9月には、
天正遣欧少年使節が1週間滞在し、
この教会でパイプオルガンを聴いたといいます。
異国の音楽に何を感じたのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

教会内にある絵画は、
ちょっとイマイチ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この「十字架降架」も、
ルーベンスのものとは天地の違い。

クリックすると元のサイズで表示します

と言ったら、添乗員さんから
「ルーベンスと比べてはいけません」と言われました。

クリックすると元のサイズで表示します

サン・フランシスコ教会は修復中。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、一部だけ入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

15世紀の終わりから16世紀の初めにかけて建設された
ゴシック様式とマヌエル様式が混合した建築物。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この教会には、人骨堂というものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

16世紀にフランシスコ会の修道士によって造られた瞑想の場ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

入ってびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

壁面が5000体もの人骨で埋め尽くされているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ローマに「骸骨寺」というのがあることは知っていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

エボラにもあろうとは。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

材料(?)は、歴代の修道士の骨で、
埋葬後、掘り出されたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

キリスト教は復活を信じるので、
古い修道院では、
裏庭に修道士の死体をうずたかく積み重ねてある、
という話を、前に読んだことがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで瞑想したら、

クリックすると元のサイズで表示します

死が現実のものとして迫って来るのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

建造中の光景を想像すると、どうでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山のしゃれこうべや足の骨を積んで、

クリックすると元のサイズで表示します

次々と壁にはめこんでいく図を想像すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ロイオス教会
15世紀に建造された教会。

クリックすると元のサイズで表示します

隣接するロイオス修道院は、
現在ポザーダと呼ばれる国営ホテルとして利用されています。

クリックすると元のサイズで表示します

丘の展望公園。

クリックすると元のサイズで表示します

そこにあった面白いオブジェ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから眼下に街が望めます。

クリックすると元のサイズで表示します

公園。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人が好きなジャカランダの花。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは西に向かい、
ポルトガルの首都、リスボンへ。





AutoPage最新お知らせ