『シンデレラの罠』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

フランスの小説家セバスチアン・ジャプリゾの1962年の作品。
「東西ミステリーベスト100」や
「ミステリが読みたい!」など
ミステリーのオールタイム・ベスト選びには
必ず名が上がる名作。

フランスでの発刊当時つけられたキャッチ・コピーが有名で、

わたしの名前はミシェル・イゾラ。
歳は20歳。
わたしが語るのは、殺人事件の物語です。
わたしはその事件の探偵です。
そして証人です。
また被害者です。
さらには犯人です。
わたしは四人全部なのです。
いったいわたしは何者でしょう?

というもの。

カデ岬の別荘で火事が起こり、
と呼ばれるドムニカ・ロイが死亡する。
そしてもう一人、と呼ばれるミシェル・イゾラも
大やけどを負って発見されるが、
一命を取り留める。
しかし、顔はやけどで原型を留めていない上に、
完全に過去の記憶を喪失していた。

実はミもドも大金持ちのミドラ伯母の庇護を受けており、
ミドラ伯母は火事の後、死亡。
莫大な遺産が残されていた。

ミドラ伯母には長年世話をしていたジャンヌ・ミュルノという女性がおり、
ミは病院を退院した後、ジャンヌ・ミュルノが後見人になる。

しかし、時間が経つにつれ、
ミは自分が実はドではないかという疑いが芽生え、
ついにある時、ジャンヌによって
ドであることが明かされ、
ミドラ伯母の遺産を相続するためには、
ミであることを装うよう命じられる。
それから振る舞いやサインなど、
ミであることを模倣するように努めるが、
その隅々には、実はミではないかという兆候が表れていた・・・

というわけで、
容貌の変化と記憶喪失という二つの要素によって、
生き延びた女性がミなのかドなのか
というサスペンスで物語を引っ張っていく。

物語の進展によって、
過去のミの行状とドの対応、
ジャンヌの策謀などが明らかにされ、
第3の脅迫者も現れる。

一体ミなのかドなのか。
そして伯母の遺産を相続するのはどちらなのか。

巧みな作劇法で、
ある時は一人称で、ある時は三人称の描写が謎を深める。

そして、最後の章で女性記憶を回復するのだが・・・
ミであるのか、ドであるのか、
それは本書を読むまでの楽しみに。
題名の「シンデレラの罠」が何を示すのか
それも謎を解明する重大な要素なのだが、
それも是非読んでご判断を。

ミステリーのジャンルの一つに「入れ代わり」モノというのがあるが、
おそらく、これが初期の傑作。
有名なのは、ヒチコックの「めまい」。
日本映画でも少女が二人火事に遭い、
一人が死亡、残った一人は火傷で顔を変わってしまい、
というのがあった。
題名は忘れてしまったが。





AutoPage最新お知らせ