浦安横断わんぱくクイズ  わが町・浦安

今日は猛暑の中、
市内の明海大学に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

この行事を見学。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は大学の体育館。

クリックすると元のサイズで表示します

浦安青年会議所創立35周年記念事業として開催。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中はこのような感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

手前が保護者の観覧席。

クリックすると元のサイズで表示します

このように区切られています。

クリックすると元のサイズで表示します

J:COMも来ていますが、
生中継ではなく、
行事全体をまとめて放送するようです。

クリックすると元のサイズで表示します

開会式が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

司会は、主催者の青年会議所のメンバー。

クリックすると元のサイズで表示します

主催者を代表して、
浦安青年会議所理事長の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

「日本テレビで放送されました
『アメリカ横断ウルトラクイズ』を
少々パクリました」

と自ら白状。

クリックすると元のサイズで表示します

浦安市長の挨拶。
この方、青年会議所の創立者の一人で、
第10代理事長だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

子供たちは静かに聞いていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

観覧席のお母さんは
おしゃべりをやめません。

クリックすると元のサイズで表示します

クイズについて、プロジェクターで説明。

クリックすると元のサイズで表示します

この装置を見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

仕事をしていた時代のことを思い出します。

クリックすると元のサイズで表示します

あのシステムは、今はどうなっているのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

参加資格は、
浦安市在住・在学の小学生(4〜6年生)の2人1組であれば、
誰でも無料で参加可能。

また、クイズ作成者として
市内在住・在学の中学生〜大学生も募集。

出題内容は、浦安の文化と歴史に関することで、
「浦安を知り、知ることでさらに浦安を好きになってもらう」
というコンセプト。

クリックすると元のサイズで表示します

1stステージから4thステージまでの
4ステージは浦安市内で開催。
3、4ステージは、
浦安市内をバスで移動しながら実施。

決勝戦は浦安市と姉妹都市締結25年を迎える
フロリダ州オーランド市で行います。

クリックすると元のサイズで表示します

2名1組での応募で、500組1000名を想定し、
越えた場合は抽選の予定でしたが、
500組に達しなかったため、抽選はなし。
当日の参加者は110組でした。

ステージが進むたびに
50組→25組→10組→3組
と勝ち抜け、
3組6名がオーランドへ
9月の5連休を利用。

旅費、宿泊費は主催者が負担。
パスポートおよび
ESTA(アメリカ入国のための簡易ビザ)申請にかかる費用は
自己負担。
保護者がオーランドに付いて行く場合は、
個人手配。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、クイズ開始

クリックすると元のサイズで表示します

第1問↓。

クリックすると元のサイズで表示します

○と×に別れて、

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中をロープで区切ります。

なお、クイズ大会中にスマホや携帯、パソコンなどの使用は出来ず、
場合によっては失格になる可能性もあるとか。
しかし、そんなものを使っている時間はありません。

クリックすると元のサイズで表示します

第1問は、全員×で正解。

クリックすると元のサイズで表示します

第2問↓。

クリックすると元のサイズで表示します

「子供を馬鹿にしているのか」
という出題ですが、
これも全員×で正解。

第3問↓。

クリックすると元のサイズで表示します

これでは、
いつまでたっても全員正解で
決着がつかないのではないか、

クリックすると元のサイズで表示します

という心配が観覧席に流れます。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう問題↓でも、

クリックすると元のサイズで表示します

結局多数派に流れて、
全員正解が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

この問題で、波乱が。

クリックすると元のサイズで表示します

迷った子も多数派の×に行き、

クリックすると元のサイズで表示します

結果、全員不正解で失格。

クリックすると元のサイズで表示します

「全員、オーランドには行けません」
と司会者が言い、
結局、仕切り直し。

ようやく↓の問題で、

クリックすると元のサイズで表示します

○と×が別れ、

クリックすると元のサイズで表示します

結果、脱落者が少数出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが脱落者席。

クリックすると元のサイズで表示します

この問題↓でも、

クリックすると元のサイズで表示します

少数が脱落。正解は×。

クリックすると元のサイズで表示します

この問題↓でも、

クリックすると元のサイズで表示します

勇気ある脱落者が。正解は○。

クリックすると元のサイズで表示します

「いつ終わるのかなあ」の雰囲気も。

クリックすると元のサイズで表示します

この問題↓でも少数が脱落。

クリックすると元のサイズで表示します

いい問題ですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この問題↓を最後に、

クリックすると元のサイズで表示します

プロジェクターで準備した出題は終わってしまいました。
あとは口頭での出題。

クリックすると元のサイズで表示します

「市役所が出来た時、
周囲にあったのは
金魚の養殖場だった」
という問題で、
ある程度の勝ち抜けを確保できたので、
一旦打ち切り。

勝ち抜け者は、手続き↓。

クリックすると元のサイズで表示します

手前が敗者。向こうが勝者。

クリックすると元のサイズで表示します

小芝居があった後に、
「敗者復活戦」を宣言し、

クリックすると元のサイズで表示します

10分間の休憩に。

クリックすると元のサイズで表示します

家族との交流。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これが勝ち抜け者に渡された書類。
第2ステージへの招待状

クリックすると元のサイズで表示します

休憩時間も勉強に余念がない子も。

クリックすると元のサイズで表示します

敗者復活戦スタート。

クリックすると元のサイズで表示します

名札に記された番号を
理事長が箱から引いて、
該当者が前に出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

35組を選んで、次へ。

クリックすると元のサイズで表示します

床に置かれた問題カード。

クリックすると元のサイズで表示します

問題の番号と難易度と出題形式が書かれており、

クリックすると元のサイズで表示します

それを2人組のうち、
拾う担当者が

クリックすると元のサイズで表示します

選別して、
回答担当者に渡し、

クリックすると元のサイズで表示します

行列を作ります。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、個別に回答。

クリックすると元のサイズで表示します

正解なら勝ち抜け。

クリックすると元のサイズで表示します

問題例:

○浦安の特徴として、全国的に珍しいものは何ですか。(二択)
  1.農地がない  2.工場がない
 (正解は1)

○三社祭でのおみこしの掛け声は?(二択)
  1.ワッショイワッショイ 2.マエダマエダ
 (正解は2)

○漁業権を放棄して、埋め立て事業が始まるきっかけとなった
 本州製紙事件の別名は?(四択)
  1.赤い水事件 2.青い水事件 3.白い水事件 4.黒い水事件
 (正解は4)
  相当高度な問題。

○「青べか物語」に出て来る船宿のモデルとなったのは?(四択)
  1.松屋 2.吉野屋 3.すき屋 4.なか卯
 (正解は2)
  この問題はご愛嬌。

○浦安にあるホテルの総客室数は?(四択)
  1.約1000 2.約2400 3.約5800 4.約8600
 (正解は4)

○浦安市に本拠のあるサッカーチームは?(自由回答)

○浦安市に本拠のあるフットサルチームは?(自由回答)

この二つの問題は、四択にすべきではなかったのか。
答えたのは女子で可哀相だった。

○もんじゃ焼きに似た、昔の浦安の子供がおやつに食べたものは?(自由回答)
 (正解は、ぼったら)
 回答者は正解を出しました。

○東京ディズニーランドの開園日の天気は?(四択)
 1.雨 2.雪 3.晴れ 4.曇り
 (正解は1)
 忘れていましたよ。

というわけで、
結構難しい問題があり、
35組中、10組が脱落しました。

クリックすると元のサイズで表示します

閉会式。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この中から6名がオーランドに行くと思うと、
わくわくしますね。
小さい時外国を経験することは、
必ず財産になりますから。





AutoPage最新お知らせ