『沖縄の不都合な真実』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

著者の大久保潤氏は、
日本経済新聞社元那覇支局長、現新潟支局長。
篠原章氏は、
大学教員を経て評論家。経済学博士。

構成は、

序 章 沖縄はこれからどうなるのか
第1章 普天間問題の何が問題なのか
第2章 高まる基地への依存
第3章 「基地がなくなれば豊かになる」という神話
第4章 広がる格差、深まる分断
第5章 「公」による「民」の支配
第6章 本土がつくったオキナワイメージ
第7章 「沖縄平和運動」の実態と本質
第8章 異論を封殺する沖縄のジャーナリズム
第9章 「構造的沖縄差別論」のあやうさ
あとがき

という内容。

各章の表題から分かるように、
現在の沖縄の現状には批判的だ。

たとえば、第6章では、冒頭にこう書く。

「戦争と基地のかわいそうな島」
というイメージをつくったのは
本土の新聞とテレビと出版社です。
この悲劇のイメージは
基地を減らすことに全く役に立っていません。
振興策を政府から引き出す道具としては
大いに役立っています。
「反戦・反基地」の主張は
本土のマスコミにとって大事でしょうが、
振興策によって
沖縄の生活が破壊されるとすれば犯罪的ですらあります。
「戦争と基地の島」「自然の楽園」というイメージは
沖縄の一面であり、
一種の幻想です。
この沖縄幻想を支えているのが
本土のマスコミや沖縄フリークの学者です。
この構図が沖縄問題をややこしくしています。

ここに「振興策を政府から引き出す道具」と書いてあるが、
沖縄問題を語る上で、
振興予算を抜きにして語ることはできない。

民主党も自民党も
「沖縄との信頼関係を築く」
という目的で振興予算を注ぎます。
信頼関係とは何でしょうか。
政府側は
「これだけ税金をかけているのだから
基地問題でも理解を示してくれるだろう」
と考えるのは当然です。
一方で沖縄側が
「予算は基地とは関係ない。
基地が減らない以上、
振興策をもらう権利がある」
と受け止めるのは当然です。
そもそも噛み合っていないので、
お互いが納得する着地点がないエンドレスゲームなのです。

沖縄と政府のトップ間で交わされる
この手のやりとりを「茶番」だと感じずに
やり過ごすことはとても難しいことです。

2013年末に仲井真知事は辺野古移設を認めました。
今でも県外移設を求める声は強くありますが、
「県外」となると、
5000億円の工事を失うことになります。
倒産が相次ぐ土建業界の現状を考えれば
「県外」とは口にできないはずです。
ところが大丈夫なのです。
なぜでしょうか。
基地の工事とは別の形で
お金が落ちるシステムが確立されているからです。
「基地反対」の声に政府が配慮して
振興策を投じる手法は暗黙の了解になっています。
「振興策」のかなりの部分は公共工事ですから、
建設業者は潤います。
振興策の一部は
献金を通じて政治家にも戻ります。
普天間問題は
この「税金の還流装置」を動かすカードとして機能しています。

要するに沖縄に基地がある限り、
振興予算の形で
沖縄に資金が投下される仕組みが出来上がっている。
それに使われる税金とは、
沖縄県外の国民が納めたものだ。
納税者としては複雑な気持ちになるのではないのだろうか。

こんな例も紹介されている。

2011年末に名護市に返還される予定だった
海兵隊キャンプ内の土地を
継続使用してほしいと
名護市議会が首相や防衛相に要請したという。
それは、この軍用地が名護市の市有地で、
年1億3千万円の借地料収入が市に入るからだった。
防衛省は「返させてほしい」と言い、
沖縄側が「基地を使い続けてほしい」
という世評と反対の出来事は、事実である。
市の求めるとおり、基地は使い続けることになったという。

このように、
「基地があること」
「基地に反対すること」
沖縄が潤うシステムだ。

だからといって、沖縄全体が潤うわけではないことが
第4章で語られる。

基地の見返りの振興策が
40年以上も続いたにもかかわらず、
沖縄は全国一の格差社会になってしまいました。
振興策で公務員と大企業は潤いますが、
貧困層にはなかなか行き渡らないからです。

沖縄の貧困はかなり深刻だ。
一人当たり県民所得は全国最低、
失業率も全国最高、
それ以外に離婚率全国一、
父子家庭率・母子家庭率全国一、
待機児童数比率全国一、
DV発生比率全国一、
高校進学率・大学進学率全国最低、
学力水準は全国最低、
給食費滞納率全国一、
一人当たり納税額、国民年金納付率、
NHK受信料納付率、自動車保険加入率が全国最低、
と目を覆うばかりの指標が続く。

こうした問題の解決のために、
筆者は基地を材料とした振興策の要求という
被害者意識、被差別意識に基づく
メンタリティの払拭
を訴えるのである。
そう、まさにメンタリティの問題である。

そのことを次の言葉がよく表現している。

「基地が返ってこないことを前提とした基地反対運動」

これは沖縄県の、
とある首長が筆者に語った言葉だという。

筆者はこのように書く。

日本政府と基地反対派は
敵対しているように見えますが、
振興策については同じ方向を向いています。
つまり結果的には
共犯関係にあるのです。
政府と基地反対派が共犯関係にあるという
この視点はなかなか持ちにくいのですが、
この共犯者による被害者は納税者だ、
つまり自分だということに気づくと、
誰もが沖縄問題の当事者になれます。

詳しく書けば、
全編引写しになってしまうが、
あとは、読んでもらうしかない。
沖縄の人には耳の痛い話だろうが、
この本で実態はよく分かった。

最後に筆者はこのようにしめくくる。

大事なのは被害者沖縄に寄り添うことではありません。
沖縄の基地を減らし、
見返りの振興策と減税措置をなくすことです。
沖縄に基地があることは、
膨大な税金を消費するのですから
本土にとっては経済的にはマイナスなのです。
このことが理解されれば、
「沖縄の基地を減らせ」という声は
沖縄よりもむしろ本土で強まると思います。

基地縮小のための具体的なプランもなし。
独立の志もなし。
米軍基地削減後の沖縄についての展望もなし。
「日本人は基地を持ち帰れ」
ということばだけが先走っている「構造的沖縄差別論」。
これが実体だとすれば、
たんなる心情的・被害者感情論にすぎません。
被害者の立場を強調して
加害者に「お前が責任を取れ」と求めるだけでは、
被害者は被害者に留まり続けます。
「被害者の加害者に対する依存」の構造は、
いつまでたっても解消されません。


『ターナー、光に愛を求めて』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

ターナーという有名人は多いが、
この映画のターナーとは、
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーのことで、
18世紀末から19世紀にかけての
イギリスの風景画家。
映画で描くのは、50代から70代のターナー。

↓は、彼の自画像。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり美化されたものらしく、
学友のチャールズ・ターナー(同姓だが、血縁関係はなし)の
描いた肖像画↓の方が実物に近いらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

冒頭、風車を背景に
雑談しながら歩いて来る婦人たちの姿が過ぎると、
写生をしているターナーのシルエットが現れる。
天才画家の創作への情熱や孤独を表して見事に美しいカット。

そのように、
この映画はまるで絵画のように美しい自然の情景が現れ、
その中で題材を求めて旅を続けるターナーの姿が描写される。
クリックすると元のサイズで表示します
監督は「秘密と嘘」の巨匠マイク・リー
ターナーを演ずるのはティモシー・スポールで、
この偏屈な画家の内面の複雑さを見事に演ずる。
クリックすると元のサイズで表示します
その行動は奇矯で、
作品を描くために、
マストに4時間も縛りつけられ、
嵐を観察したり、
既に展示された絵に描き込む行動も。
クリックすると元のサイズで表示します
もてそうもない姿をしながら、
時には宿の女主人に「あなたには内面の美しさがある」
などと言って肉体関係を結ぶ手の早さも見せる。
クリックすると元のサイズで表示します
老後、ブース夫人と出会い、
平穏な同棲生活を送るが、
そのかげで犠牲となった家政婦の姿もしっかりと描く。

生涯を通じて5回から7回の画風の転換があったと言われるように、
画風がどんどん変わり、
写実から印象の絵画に変化する。
印象派が現れるより30年も前に
印象派に似た画風を確立するのだから、すごい。

ロイヤル・アカデミーの中で、
自作の掲示場所を巡っての争いや
俗物的駆け引き、
幼稚な作品なども現れて興味深い。
クリックすると元のサイズで表示します
若きヴィクトリア女王がターナーの絵をくさし、
それを物陰で聞いているターナー。
軽演劇で自分の絵が笑い物にされることに耐えるターナー。
かと思えば、芸術に目のある資産家から
高額で絵を買い取ることを申し出られながら、
絵は全て国に寄贈し、
一カ所で観られるようにする、
などと断言する。
そのターナーの言葉通り、
手元に残った絵は国に寄贈され、
ナショナル・ギャラリーテートギャラリーで観ることができる。

晩年、ブース夫人と共に写真を撮りに行くところは、
写真という新しい素材が現れたことで、
風景画の終焉を感じさせる場面だ。
クリックすると元のサイズで表示します
ターナーの臨終の言葉は「太陽は神だ」
そこに至るまでのブース夫人や医師の演技が見事。
父親役のポール・ジェッソン
ブース夫人役のマリオン・ベイリー
家政婦ハンナ役のドロシー・アトキンソン
英国の役者たちが素晴らしい存在感を見せてくれる。

何より撮影が素晴らしく、ひとときの眼幅となる。

一人の画家の生活と内面に迫って見事な映画。

5点満点の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=XwEFL6cHWos


以下、ターナーの作品から一部を紹介。
画風の変化が見てとれる。

1796年 海の漁師たち

クリックすると元のサイズで表示します

1810年頃 ミノタウルス号の難破
 
クリックすると元のサイズで表示します

1817年 レイビー城、ダーリントン伯爵の邸宅

クリックすると元のサイズで表示します

1822年 トラファルガーの戦い

クリックすると元のサイズで表示します

1825年 青白い馬にのった死

クリックすると元のサイズで表示します

1838年 解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号

クリックすると元のサイズで表示します

1844年 雨、蒸気、スピード〜グレート・ウエスタン鉄道

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 映画

スペイン・ポルトガル旅行記B タラゴナ  旅行関係

バスは、バルセロナを発って
カタールニヤ地方を南下。

クリックすると元のサイズで表示します

タラゴナまでは特に何もないので、
スペインの歴史の概要をおさらいしましょう。

120万年前には
イベリア半島に人類が居住していたことが分かっています。
有史以前の最もよく知られた遺物が
北部カンタブリア州のアルタミラ洞窟壁画で、
これは紀元前1万万5千年の物です。

クリックすると元のサイズで表示します

紀元前202年、
第二次ポエニ戦争(ローマとカルタゴの戦争)の和平で
ローマは支配を半島のほぼ全域へと広げ
ローマの支配はその後500年以上続くことになります。
原住民のケルト人やイベリア人はローマ化されてゆき、
キリスト教は1世紀に伝えられ、2世紀には都市部に普及しました。
現在のスペインの言語、宗教、法原則のほとんどはこの時期が原型となっています。

ローマの支配は409年にゲルマン系諸族が侵入して終わりを告げます。
西ゴート王国治下の589年にトレド教会会議が開催され、
国王レカレド1世がカトリック教会に改宗し、
以後イベリア半島のキリスト教の主流はカトリックとなります。

711年に北アフリカからイスラーム勢力が侵入し、
西ゴート王国は718年に滅亡。
この征服の結果イベリア半島の大部分がイスラーム治下に置かれます。
首都コルドバは当時西ヨーロッパ最大の都市となり、
最も豊かかつ文化的に洗練されていました。
他方、キリスト教勢力はイベリア半島北部の一部に逃れて
アストゥリアス王国を築き、
やがてレコンキスタを始めることになります。

レコンキスタ(再征服運動:Reconquista)は
数百年にわたるスペイン・キリスト教諸国の拡大です。
1085年にトレドを奪取し、
キリスト教諸国の勢力は半島の北半分に及ぶようになります。
1236年にコルドバが、
1248年にセビリアが陥落します。

1469年、イサベル女王とフェルナンド国王の結婚により、
カスティーリャ王国とアラゴン王国が統合されと、
再征服は最終段階となり、
1492年にグラナダが陥落。
これによって、781年に亘ったイスラーム支配が終了しました。

この年、イサベル女王が資金を出した
クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に到達しています。
イサベル女王とフェルナンド国王は中央集権化を進め、
またローマ時代のヒスパニア(Hispania)を語源とする
エスパーニャ(España)が王国の総称として用いられるようになりますた。
政治、法律、宗教そして軍事の大規模な改革が行われ、
スペインは史上初の世界覇権国家として台頭することになります。

16世紀前半にフランシスコ・ピサロをはじめとする
スペイン軍がアステカ文明、マヤ文明、インカ文明など
アメリカ大陸の文明を滅ぼします。
スペイン帝国はその最盛期には
南アメリカ、中央アメリカの大半、メキシコ、北アメリカの南部と西部、
フィリピン、グアム、マリアナ諸島、
北イタリアの一部、南イタリア、シチリア島、北アフリカの幾つかの都市、
現代のフランスとドイツの一部、
ベルギー、ルクセンブルク、オランダを領有していました。

クリックすると元のサイズで表示します

↑赤はスペイン領、青がポルトガル領。

ハプスブルク朝のカルロス1世とフェリペ2世の治世が最盛期であり、
スペインは初めての「太陽の没することなき帝国」となります。
この時期はスペイン黄金世紀と呼ばれます。

1588年のアルマダの海戦で
無敵艦隊が英国に敗れて弱体化が始まり、
様々な戦争がスペインの国力を消耗させ、衰退を加速させました。
1659年にはフランスとのピレネー条約を不利な条件で締結するなど、
スペインの黄金時代は終わりを告げました。

1939年から1975年まで
フランシスコ・フランコ総統独裁下のフランコ体制下時代でした。
1975年にフランコ将軍が死ぬと、
王政復古がなされますが、
フアン・カルロス国王は専制支配を継続せず、
スペイン1978年憲法の制定により民主化が達成され、
スペイン王国は制限君主制国家となって、今に至っています。

という駆け足の歴史ですが、
ローマの支配→イスラムの支配→王国の成立と世界制覇
→衰退→フランコ将軍独裁→王政復古
というのが大体の流れです。

木々の間から見えて来たものは?

クリックすると元のサイズで表示します

このような道を通って、

クリックすると元のサイズで表示します

この入り口を通り、

クリックすると元のサイズで表示します

けものみちを上って行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

ラス・ファレス水道橋

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ時代の水道施設。

クリックすると元のサイズで表示します

上を通れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「タラゴナの遺跡群」という世界遺産の一部を構成。

クリックすると元のサイズで表示します

タラゴナは、紀元前218年、
イベリアで最初にローマの植民地になった町。

クリックすると元のサイズで表示します

この橋はタラゴナへ水を引くための施設で、

クリックすると元のサイズで表示します

「悪魔の橋」という別名を持っています。

クリックすると元のサイズで表示します

残っている部分は
高さ26m、全長217m。

スペインではセゴビアの水道橋に次ぐ規模です。

クリックすると元のサイズで表示します

40pの傾斜しかなく、
傾斜角0.2%を利用して、
水を供給したというから驚きです。

クリックすると元のサイズで表示します

この他、タラゴナには、
ローマ円形競技場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

水源を求め、
地形を確認し、
設計し、
建設し、
実際に水を流し、
町にがもたらされた時の
関係者の歓びはいかばかりだったでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、それらの想いも
歴史の中に埋没し、

クリックすると元のサイズで表示します

今は遺跡としてしか残っていません。

クリックすると元のサイズで表示します

はるか東の国、日本から来た観光客が

クリックすると元のサイズで表示します

「すごいね」と言いながら通り過ぎて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

橋を何も語りませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

何を想うのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

はるか時代に想いを馳せた時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

再び窓外にカタルーニャの風景。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中ガソリンで見たお菓子。
ポッキーが、こちらでは「ミカド」と命名。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパではコンビニは普及せず、
ガソリンスタンドがコンビニの形態を持っています。

それにしても、
コーラが3ユーロ(420円)とは。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、バスはマッサルファサールの町に。

クリックすると元のサイズで表示します

実はこの町、地図に載っていません。
「地球の歩き方」にもありません。
要するにバルセロナから
マドリッドへの中継で、
時間的な問題から、宿泊地として
トラピックスが組んだようです。

そのホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プールがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、普通。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食はホテルで。

クリックすると元のサイズで表示します

また、このサラダですか。

クリックすると元のサイズで表示します

シーフード。

クリックすると元のサイズで表示します

隣にカルフールがあることは、
事前に諸旅行記を読んで知っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

広い。

クリックすると元のサイズで表示します

何でもある上に、

クリックすると元のサイズで表示します

安い。

クリックすると元のサイズで表示します

魚売り場に

クリックすると元のサイズで表示します

肉売り場。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ソニーも頑張っています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、

クリックすると元のサイズで表示します

寿司用の米。

クリックすると元のサイズで表示します

海苔巻きのキット。

クリックすると元のサイズで表示します

海苔も売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

キティちゃんも。

クリックすると元のサイズで表示します

コーラは、ここでは110円と安い。

クリックすると元のサイズで表示します

その他の飲料も適正価格。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上の方に置かれた缶は、いつ売られるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

スペインですから、生ハムです。

クリックすると元のサイズで表示します

すごい量です。

クリックすると元のサイズで表示します

スライスを買い求めて、
ホテルで食べましたが、
あまりしょっぱくなく、美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人にはなじめないスタイル。

クリックすると元のサイズで表示します

カートも大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

レジ。

クリックすると元のサイズで表示します

カルフールと共にが更けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

明日はクェンカへ。



『その女アレックス』  書籍関係

今日は昼過ぎ、新宿に行き、

クリックすると元のサイズで表示します

映画を2本観た後、夕食はここ。

クリックすると元のサイズで表示します

よく行く渋谷の店の系列店の焼肉バイキング

一皿目はこれ。

クリックすると元のサイズで表示します

二皿目はこれ。

クリックすると元のサイズで表示します

花金とあって、満席
それにしても歌舞伎町は、
どこから人が集まって来るかと思うほどの賑わい。
銀座に劣らず、中国人が多いですね。


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します
                                
フランスのミステリー作家、ピエール・ルメートルの作品。
「このミステリーがすごい!」
「週刊文春ミステリーベスト10」第1位を獲得。

パリの町で若い女性が拉致され、監禁される。
犯人は廃墟の中で、
狭い木製のオリにその女性アレックスを閉じ込め、
食べ物を与えず、空中に引き揚げる。
餓死以前にネズミたちが襲来し、
アレックスは生きたままネズミに食われる恐れがある。

公道上で女性が誘拐されたという知らせを受け、
捜査に当たったのは、
パリ警視庁の警部カミーユ。
妻が誘拐され殺害された過去があることから
誘拐事件は担当しないと言っていたが、
上司のル・グエン部長にはめられ、
捜査を担当することになる。
誘拐の目撃者はいても、
被害者の身元は難航する。
誘拐犯の正体も、
誘拐の目的も分からない。

本作は3部構成を取っており、
第1部は監禁されたアレックスと
カミーユの捜査が交互に描かれる。
被害者女性の特定は進むのか、
監禁場所は判明するのか、
ネズミの脅威にさらされるアレックスの生命は助かるのか・・・
まさにサスペンスフルに物語は進む。

第2部はアレックスの正体が驚愕の事実で示され、
物語は全く違う様相を呈する。
逃亡するアレックスの後をカミーユが追うが
なかなか足取りはつかめない。

私は面白い小説の要素として、
「成功物語」「復讐物語」そして「追う者追われる者」
というのを挙げているが、
まさしく第2部は「追う者追われる者」だ。
追われる者のアレックスの人物像がある美学で描かれ、
追う者のカミーユが、
自分のトラウマの克服を合わせて魅力的に描かれているから
一層興趣が湧く。
また、一緒に捜査に当たるルイとアルマンの描写も適切で、
心地よい驚きが用意されている。

そして、第2部の終わりで
予想を絶する展開があり、
このまま話が終わってしまうのではないのか、
と思わせておいて、
第3部で更に驚くべき展開となる。
ここは「復讐物語」だ。

あとがきに著名なミステリ評論家である
オットー・ベンズラーが
「私たちがサスペンス小説について知っていると思っている
すべてをひっくり返す。
これは、近年で最も独創的な犯罪小説で、
巧みな離れわざに
私は繰り返し翻弄された。
次に何が起ころうとしているのか
やっと理解できた、
と思ったとたん、
足をすくわれるということが
二度も三度もあった」
と書いてあるとおりだ。

ちょっと今まで読んだ小説とは違う展開で、
実に面白かった。

内容に触れるのは最小限につとめたが、
どうか自分で手にとって、
驚きの展開を味わってもらいたいものだ。





『グローリー/明日への行進』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

マーティン・ルーサー・キング・Jr. の指導による
アラバマ州セルマから州都モンゴメリーへの
黒人の投票権に関わる行進を描く。

当時公民権法は施行されたものの、
黒人の投票権は保証されていなかった。
人頭税など、投票の前提となる規制が強すぎて、
有権者登録ができない状態だったからだ。

セルマの行進は
この投票権の確立を求めたもので、
最初の行進では警官隊の暴力によって阻止された。
しかし、その様子が「血の日曜日」として
全米のテレビで放送されたことによって、
白人層の共感を呼び、参加者が増え、
政府を動かすことになる。
その背後でのジョンソン大統領とキング牧師の交渉、
阻止しようとするアラバマ州知事の動きなどを交えて描く。
また、キング陣営の中での対立や
キング牧師の家庭での問題も人間的に描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

キング牧師を扱った映画はこれが初、
というのだから意外な気もする。
血の日曜日の描写は
警官隊が警棒で老若男女を問わずめった打ちにし、
催涙ガスや水を浴びせかける光景を
ドキュメンタリーのような迫真性をもって描かれる。
黒人女性監督エバ・デュバーネイの演出力が大きい。

やがてジョンソン大統領によって
1965年8月、投票権法が成立し、
再度行われたモンゴメリーまでの行進は
妨害もなく州都にたどり着く。

クリックすると元のサイズで表示します

キング牧師を演ずるデヴィッド・オイェロウォ
見事なキング像を造型してみせる。
「大統領の執事」で、
執事の息子で公民権運動に身を投ずる役を演じているのも興味深い。
また南部人リンドン・B・ジョンソン大統領を演ずるトム・ウィルキンソン
人間臭く大統領を演ずる。
頑固な差別主義者であるアラバマ州知事ジョージ・ウォレスを演ずる
ティム・ロスもはまり役。

クリックすると元のサイズで表示します

キング牧師を含め、演技陣は英国系で占める。

キング牧師の取った抗議の方法は徹底した非暴力。
圧倒的な力を持つ国の暴力に力で対抗してはかなうはずがない。
そこで、合法的にデモを行い、
官憲による暴力をテレビで報道させて
味方を増やし要求を通す。
まさにテレビ時代の方法だ。

それとキング牧師の武器は「言葉」の力。
「I have a dream」で始まる演説が有名だが、
映画の中の演説も圧倒的で、
この人物が稀代の演説家であり、煽動者であることが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

映画の中の演説は、
実際の演説かと思ったら、
新たに創作したものだそうだ。
というのも、
キングの演説はドリームワークスとワーナー・ブラザーズが
映画企画のために権利を取得しており、使えないからだ。
監督のデュヴァーネイはキングの演説を聴き込み、
著作権侵害にならない範囲で
実際の言葉を思い起こさせる演説の執筆をしたのだという。
この作られた演説が聞きどころで、
胸をゆさぶるからすごい。

エンドクレジットで、
アカデミー賞主題歌賞を獲得した「Glory」が流れるが、
ジョン・レジェンドコモンの歌うこの歌が
字幕付きで見ると、
信仰に根ざした歌詞であるとよく分かる。

主題歌を英語歌詞付きで聴きたい方は、↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Yq0WPDSRf_8

差別が吹きあふれるアメリカ南部の状況が
わずか50年前のことであると思うと、
感慨深い。
そして、いわばアメリカの恥部をこうして映画にする
アメリカ映画の健全さも思わされる。
史実を基礎にしたアメリカ近代史を描く骨太作品
必見である。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?v=xRGscLLlfaw&feature=player_embedded


これで、ようやくアカデミー賞作品賞候補の8作品を全て見た。
どれも粒で、
私の5段階評価で「4.5」は
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「博士と彼女のセオリー」
「グローリー」
「4」評価は、
「アメリカン・スナイパー」
「6才のボクが大人になるまで」
「イミテーションゲーム エニグマと天才学者の秘密」
「セッション」
「3」評価が
「グランド・ブダペスト・ホテル」
やはり作品賞候補はダテじゃない。

このブログでの感想は↓をクリック。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20150412/archive

「博士と彼女のセオリー」↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20150325/archive

「6才のボクが大人になるまで」↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141123/archive

「セッション」↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20150422/archive


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ