『セッション』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

アンドリュー・ニーマンは、19歳のジャズ・ドラマー
名門音楽学校に入学し、
前途洋々の未来を夢見ていた。
しかし、そんな彼を待っていたのは、
スタジオ・ジャズバンドの鬼教師テレンス・フレッチャーだった。

クリックすると元のサイズで表示します

完璧主義者であるフレッチャーは、
チューニングが合わないメンバーを追い出すなど、
度を越した苛烈な指導をする。
ドラムのニーマンに対しては
テンポがずれているからと椅子を投げつけられ、
屈辱的な言葉を浴びせられ、頬を殴られる。
メイン・ドラマーの席を巡って3人を競わせ、
他の楽器のメンバーを夜中まで待機させて、
極端にテンポの早い曲を入れ代わり立ち代わり演奏させる。
ニーマンの指は皮がめくれて血を出し、
ドラムは血まみれになる。

クリックすると元のサイズで表示します

ニーマンは恋人とも別れ、

クリックすると元のサイズで表示します

フレッチャーを見返してやろうと、音楽に没頭する。
しかし、コンペティションに遅れそうになったニーマンは・・・。

とにかく全編、フレッチャー対ニーマンのバトルが展開する。
と言っても、フレッチャーの方が圧倒的に強い立場だ。
弱い立場である学生のニーマンに対してひたすら罵声を浴びせ、
屈辱感に満たさせる。
おののきながらも、必死に食らい付いていくニーマン。

フレッチャーを演ずるJ・K・シモンズは、
迫真の演技でアカデミー賞助演男優賞を受賞。
しかし、フレッチャーの指導は
軍隊の鬼軍曹並で、
ニーマンの家庭問題や人種問題を罵倒するなど、
音楽と何の関係もない。
そうした罵詈雑言では
伸びる者も伸びないだろう。
事実、フレッチャーの過酷な指導に負け、
自殺する生徒も出て来る。

指揮者と演奏家の話の映画では、
「マエストロ!」があるが、
「セッション」に比べると、
この日本映画が
如何に優しく、甘く、人情的だと分かる。
「セッション」の場合は
はるかに乾いていて、冷静で、大人だ。
それは日米の国民性の違いか、
それとも監督の目の厳しさか。
映画としては後者ということになり、
人間的葛藤がドラマを盛り上げる。
アカデミー賞編集賞録音賞受賞もうなずけるし、
新人監督、撮影時弱冠28歳のデミアン・チャゼルの力量も確か。
なにしろ大半は学内スタジオの練習シーンで
これだけの緊迫感を持たせるのだから。

クリックすると元のサイズで表示します

終盤、フレッチャーとニーマンは再会し、
初めてフレッチャーの真意が語られる。
音楽にとって最悪のものは、
「良くやった」と生ぬるく褒めそやすこと。
「かつて、ヘマをやらかしたチャーリー・パーカーに、
ジョー・ジョーンズはシンバルを投げつけた。
しかし、それがパーカーの克己心に火をつけ、
彼を偉大にした」
なるほど、そういう意図だったか、
とちょっとほろりとさせられたが、
その直後、それが見事に裏切られる。

この終盤の下りはどうにも納得できなかった。
密告で学校をやめさせられた意趣返し
観客を前にしたステージの上でするとは何事か。
音合わせさえさせず、
予備のドラマーのスタンバイもなく、
ニーマンを公衆の面前で恥をかかせようとする。
フレッチャーの人間性が破綻していること、
決して音楽を愛しているわけではないことが露呈してしまう。
それに反抗してドラムソロを続けるニーマンは
果たして天才の領域に入ったのか。

映画的技術、特に監督の演出力には感服したが、
最後の部分で、
結局はモンスター映画であったと思わせては損だと思うが。

「セッション」は日本で付けた題名で、
原題「Whiplash」

クリックすると元のサイズで表示します

バンドで演奏されるハンク・レヴィの曲で、
意味は「むちうち」

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=mZjUEIV2Ru4


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ