4DX体験記  映画関係

今日は夕方から豊洲へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、遅咲きのが咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、ここには昨日も来ました。
ららぽ〜と豊洲の中にある映画館
ユナイテッドシネマ豊洲で、

クリックすると元のサイズで表示します

この映画を鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

というのは、
4DXというシステムが昨年末から始まっており、

クリックすると元のサイズで表示します

遅ればせながら、
体験しに来たわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

館内には、このような表示が。

クリックすると元のサイズで表示します

4DXとは、
最新の「体感型(4D)映画上映システム」のこと。
可動式の座席が、
映画のシーンに完全にシンクロして、
前後、上下、左右に動きます。
嵐等のシーンでは、水が降り、
風が吹きつけ、
劇場全体がフラッシュする他、
香りや煙など、
様々な特殊効果で、
「目で観るだけの映画」から
「体全体で感じる映画」に。

アトラクション効果を詳しく書くと、

モーション:座席が前後上下左右に動く

クリックすると元のサイズで表示します

フラッシュ:雷のような閃光。

クリックすると元のサイズで表示します

ミスト:前の席の背面から顔や体に水が飛び散る

クリックすると元のサイズで表示します

エアー:顔や頬に風があたる

クリックすると元のサイズで表示します

香り:前の座席背面から香りが漂う

クリックすると元のサイズで表示します

バブル:劇場内を泡が舞う

クリックすると元のサイズで表示します

:スモークがたかれることで、より臨場感が増強

クリックすると元のサイズで表示します

:雨が降り注ぐ

クリックすると元のサイズで表示します

:劇場内に風が吹く

クリックすると元のサイズで表示します

:強い風と水が緊張感を高める

クリックすると元のサイズで表示します

:雪のようなパウダーがシアター内に舞い降りる

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3Dに加えて、
体感を加えた4Dというわけ。

このような仕掛けの映像システムは
繁華街に特別なスペースが作られたり、
ラスベガスでホテルのアトラクションとしてあったり、
テーマパークでは、
ディズニーランドの「スターツァーズ」や
ユニヴァーサルスタジオの「シュレック4D」、
「スパイダーマン」「トランスフォーマー」などがありました。
しかし、通常の劇場映画
このような付加価値を付けて上映するのは、
多分、初めて。

上映館はまだ少なく、
小田原・豊川・中川・福山・小倉の各コロナワールドと
東京ではシネマサンシャイン平和島と
ユナイテッド・シネマ豊洲で上映。

今回観ることにしたのは、
「ワイルド・スピード」は自動車の話なので、
効果が現れる、と思ったからです。

入り口で、
「場内には、荷物を置くところがないので、
ロッカーに預けるか
膝の上に置いて下さい」
と言われました。

↓が、そのロッカー

クリックすると元のサイズで表示します

100円を投入。開錠時、100円は戻って来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

映画館内部。

クリックすると元のサイズで表示します

4席でワンユニット。

クリックすると元のサイズで表示します

ネットでの予約の際、
「購入手続きは、
一回あたり最大4席(1ユニット)までとなります。
離れた座席、ユニットをまたぐ座席は
選択いただけません」
との説明も。

前後が短いわりに画面が大きいので、
後ろ席の方が観やすいようです。

クリックすると元のサイズで表示します

足元。この白いベロみたいなものも動きます。

クリックすると元のサイズで表示します

シートベルトはありません。
ということは、それほど激しい動きはないということか。

クリックすると元のサイズで表示します

ドリンクのホルダーもあります。
これも、飲み物が飛び出るような動きはないということ。
しかし、入り口でもらった注意書きには、
「飲食物がこぼれて衣服が汚れたり、
ホットドリンクでのやけどが起こった場合や、
上記に起因する
お客様同士のトラブルには
責任を負いかねますので
ご了承ください」
と書いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

このスイッチは、
水がかかる演出に対して、
ON/OFFで止めることが出来ます。
お化粧が落ちたりするのを気にしたのか。

クリックすると元のサイズで表示します

前の座席の背中にあるこれは、

クリックすると元のサイズで表示します

水を飛ばしたり、風を送ったり、
香りを出したりする装置。

クリックすると元のサイズで表示します

首筋の穴からは、
圧縮空気がシュッシュッと出ます。
左右別々に出ますので、
二つの穴の間に頭を置かなければ効果は半減。

クリックすると元のサイズで表示します

スクリーン下のこれは、

クリックすると元のサイズで表示します

スモークを出す装置。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、上映開始。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく車が走り回る映画ですから、
座席がよく動きます。
車の中のシーンは振動が伝わり、
疾走する車の動きに合せて斜めになったり、左右に揺れたり。
寝ているヒマなどありません。
空撮シーンでは椅子が斜めになっただけで浮揚感が。
屋外のシーンでは風が劇場内に吹きます。
水のかかるシーンでは前から水が顔に当たります。
そして、頭の後ろから空気が送られ、
格闘シーンでは椅子の背中から押されます。
爆発シーンでは前から煙も。でも、少ない。
映画が映画ですから、
座席が動きっぱなしで、
この映画を4DX初体験に選んでよかったと思いました。
これで爆破シーンで熱風が出たらもっと臨場感があったと思いましたが、
ないものねだりのようです。
映画の内容に合わないため、
香りとバブルと雪の演出はありませんでした。

追加料金1000円を取られますが、
体感モノは好きなので、
映画によっては、
次も観てみようと思います。

デモンストレーション映像は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=GDt6Cwqhs38

仕組み、仕掛け、実際の上映などの映像は、↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0Gtcjn4uvjE#t=38


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ