『シェフ』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

一流レストランの料理人カール・キャスパーは、
マンネリ気味のメニューに飽き飽きして、
創造的な新メニューで料理を提供したがったが、
オーナーが口出しして、
いつも通りのメニューを客に出していた。

クリックすると元のサイズで表示します

それをグルメレポーターにけなされ、
慣れないSNSで反論し、
傷を広げてしまう。
ついにオーナーと衝突して店をやめたカールは、
グルメレポーターと直接対決し、
そのキレた様子がSNSで全世界に公開され、大恥をかく。
次の就職口が見つからないカールは
マイアミでおいしいキューバサンドイッチと出会い、
中古のフードトラック(移動食堂車)を改装し、
サンドイッチの移動販売を始めることにする。

クリックすると元のサイズで表示します

前のレストランの仲間と息子が参加し、
マイアミからニューオーリンズ、オースチンと移動しつつ、
古巣ロサンゼルスを目指すが・・・

「アイアンマン」シリーズの監督で知られる
ジョン・ファヴローが製作・脚本・監督・主演の四役をつとめ、
それこそ大手のプロデューサー(オーナー)に口出しさせずに、
好きなように製作(料理)した映画。
それが実に心地よい。
明るく、楽しい展開で、テンポがいい
そしてあふれる料理に対する愛情。
出て来る料理がみんなうまそうだ。
旅の間、離婚して妻に引き取られている息子との絆も復活する。
SNSで失敗したカールだが、
フードトラックの宣伝にSNSを活用して勝利する。

クリックすると元のサイズで表示します

ダスティン・ホフマンスカーレット・ヨハンソン
ロバート・ダウニーJr.らが
短い場面に登場して花を添えるのも、
ジョン・ファブローの人徳か。
惜しむらくは、
最後のシーンに
この3人を再登場させてほしかった。

クリックすると元のサイズで表示します

監督・主演のジョン・ファブローのキャラクターがいい。
本当にこの人、うまい。
相棒役をつとめるジョン・レグイザモもいい味を出している。

人生と料理をテーマに、
軽快なラテン音楽に乗せて展開する
このストーリー、
観客を楽しませてくれる点は最上。
何度も客席から笑い声があがったし、
観終わった後、ほくほくした気持ちで家路につける。
映画はこうでなくっちゃ。

5段階評価の「4」

予告編は、↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?v=pJxEMXN80sA&feature=player_embedded





AutoPage最新お知らせ