『宇喜多の捨て嫁』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

斉藤道三、松永久秀、と並び戦国の三梟雄と称される
謀略家・宇喜多直家を扱った連作短編集。
  
梟雄(きょうゆう)・・・
残忍で強く荒々しいこと。また、その人。
悪者などの首領にいう。

宇喜多直家については、↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%96%9C%E5%A4%9A%E7%9B%B4%E5%AE%B6

四人の娘を人質として政略結婚させ、
その後、婚家を滅ぼしたことから
「捨て石」ならぬ「捨て嫁」と呼ばれた
宇喜多直家の娘たち。

表題作「宇喜多の捨て嫁」は、その一人、
末娘・於葉(およう)が
後藤勝基に嫁いだ後の顛末を描く。

続く「無想の抜刀術」は、
幼い時の直家が母と暮らし、
生まれつき会得していた抜刀術で
母を殺し、
その時受けた肩口の傷が化膿、
「尻はす」という奇病で一生苦しめられる発端となる事件を描く。

「貝あわせ」は、
主君の浦上宗景との確執の中で、
妻を主君の侍女として差し出し、
主君の繰り出す難題に対処して、
生き延びるには謀(はかりごと)をするしかないと
決意する宇喜多直家を描く。
島村貫阿弥の暗殺に際し、
直家は無意識のうちに無想の抜刀術を使う。

「ぐひんの鼻」は、
浦上宗景の計略で
直家は不利な作戦を担当させられるが、
見事に戦果を上げ、
宗景の心に疑念を生む。
宗景の本拠の城には、
ぐひん(天狗)と呼ばれる突き出た岩があり、
その先端まで行くように直家に強制する。

「松之丞の一太刀」は、
宗景の息子・松之丞の視点から観た直家を描く。
三女・小梅を松之丞に嫁がせ、
結果、松之丞が直家への刺客となるのだが、
松之丞が斬り付けた時、
とっさに発揮しようとした無想の抜刀術を
直家自身の左手が止める。

「五逆の鼓」は、
少々趣が異なり、
主人公は浦上家の重臣の家系の江見河原源五郎
鼓の名手で、
その観点から直家の行く末を見守る。
第1篇「宇喜多の捨て嫁」に出て来た、
直家の血膿のついた衣服を洗う山姥が再登場、
哀愁の終幕を迎える。

少しずつ登場人物を変え、視点を変え、
時間軸もずらしながら、
宇喜多直家という戦国武将の生き様を描く好短編集。
下克上の凄まじさと
戦国時代に生きた男の不幸が浮かび上がる。
これほど謀略の過酷さと
血なまぐささを表現した小説は初めてかもしれない。

これが新人
(「宇喜多の捨て嫁」で2012年に
「オール読物」新人賞を受賞)
の筆によるものかと驚かされる。
それほど文章力は強い。
「宇喜多の捨て嫁」と「無想の抜刀術」以外は書き下ろし。
初出版にして直木賞候補
まだ荒削りでバランスも悪いが、
修練すれば、いつの日か直木賞も夢ではない。

直木賞選考委員の評価は、次のとおり。

伊集院静
読んで面白いのは候補作中一番だろう。
粗削りなところも作品のテーマと合わさって
逆に迫力になっている。
まだ一作目でこれほどの構えができるのだから
筆力、才能は計りしれない。
ただ私は衣服に沁み付いた膿の匂いにいささか閉口した。

林真理子
とても新人とは思えない老練な筆さばきだ。
しかし私は、傍役が次の篇では主役となる
この構成が不満である。
「非情な上司に仕えるものの悲劇」というテーマに心奪われても、
次の篇でその上司の苦悩を見せつけられると、
読者は彼を憎んだ心の持っていき場がないのである。

北方謙三
評価に迷った。
下克上は、滑稽で悲惨な事実であり、
そこにある野望や疑心暗鬼を描いて、
世界は小説的にはなかなか成立しにくいものだろう。
そしてそこに、母と子の陰惨な情念を重ね合わせることで、
別のものにすり替っているような気がした。

宮城谷昌光
措辞に疎密があり、
安心して読めないという欠点がある。
しかしながら氏が中心にすえたのが、
権謀術数の人というべき宇喜多直家であるとなれば、
氏の意気込みをなおざりにはできなかった。
歴史小説は、現代小説では書きようがない
典雅な浪漫があってよく、
せちがらい人を書いて、
小説がせちがらくなってはいけない。

高村薫
戦国時代の下剋上を、
観念ではなく、
実体として描くことに成功した稀有な小説ではないかと思う。
候補作五作のなかでもっとも迫力のある小説だったので、
評者はこれを受賞作に推した。(引用者注:「鬼はもとより」と共に)
時代小説に詳しい選考委員から、
基礎知識の不足が厳しく指摘され、
なるほど時代小説とはそういうものなのかと、
評者のほうが勉強をさせていただく恰好になった。

宮部みゆき
プロテニスプレイヤーの錦織圭選手みたいですね。
シード選手を倒して、
あれよあれよという間にベスト4入り。
宇喜多直家なんて角の立った武将を選ぶ果断さ、
厚い描写、小道具を使う小技の巧さ。
大物ルーキー登場です。
難を言うならあと少し、
作者としての温情があってほしかった。


東野圭吾
面白いという点では候補作中随一だった。
時系列や視点人物を交錯させた構成が成功している。
この掘り出し物に、
一体どのようなケチがつけられるのだろうと思い選考会に臨んだが、
致命的な欠陥を指摘する声はなかった。
ただ、デビュー作だという点を心配する声が多かった。
私は仮に一発屋で終わったっていいじゃないかと思うのだが、
やはりそれではまずいようだ。

桐野夏生
新人とは思えない文章の切れ味と迫力に驚いた。
表題作だけでは物足りない、
と不満に思った途端、
輪舞のように展開していく
宇喜多の物語に昂奮した。
最後があざとい、という意見もあったが、
私はカタルシスに感じた。

浅田次郎
型に嵌まった時代小説からの脱却をめざす意欲が感じられた。
しかしまだ粗い。
小説という表現方法は具体を欠くが、
読後感は相当に具体的であるから、
作家は常に作品全体の美観を意識していなければならない。







AutoPage最新お知らせ