合気道部同期会  身辺雑記

今日は午後から秋葉原に出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨドバシカメラに来たのではありません。
ここアトレにある

クリックすると元のサイズで表示します

この店で開かれた

クリックすると元のサイズで表示します

東大合気道部の同期会がに出席するためです。

クリックすると元のサイズで表示します

同期会というのは、
昭和41年に入学(49年前!)して、
合気道部に入ったメンバー12名の会。
いつもは1月に新年会として開催するのですが、
諸般の事情により、今日に。

というのは、
東大合気道部、昭和29年の創立で
本日、「創部60周年記念パーティー」が東大構内で行われ、
その流れで同期会も本日の開催となったものです。
パーティーは満員電車状態の盛会で、
上川陽子法務大臣が挨拶されたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

上川さんは昭和48年入学ですから7年後輩。
4年間最後まで在部した初の女性部員だそうです。
知らなかった。
亀井静香さんも挨拶されたそうです。

まずは乾杯。

クリックすると元のサイズで表示します

創部60周年の記念行事として、
昨年9月、南米遠征を敢行しており、
その際、団長として参加した元部長から話を聞きました。
元部長は、
昨年、合気道部の師範に就任された
合気道を究めている方です。

日程は14日間で
演武(合気道は試合形式ではなく、
形を演ずるので、このように呼びます)
を各地の大学で開催する強行日程。
ブラジルサンパウロリオデジャネイロともう一カ所、
ペルーリマクスコ、それにマチュピチュ
「畳があったのですか」
と訊くと、
「あったところも。
あとはレスリングのマット、
あるところでは中庭の石畳」とのこと。

帰りの乗り継ぎのアトランタ空港で
飛行機が飛び立った途端に右エンジンから火を噴き
空港に戻る一幕も。
そして、代替機も車輪のブレーキの故障、
その上、パイロットの就業時間の関係で入れ替えになり、
要員を呼び寄せるため、
1晩泊まることに。
なかなか波瀾万丈の行程のようでした。
学生たちには、良い経験になりましたね。

昨年より1人少ないのは、
病気療養中の人がいるため。
この年齢の人が集まると、
「病気自慢」になりがちなのですが、
今まで数回の集まりで
あまり病気の話は出ませんでした。
今日は心臓の手術をした人の話や
睡眠時無呼吸症候群になった話や
アルツハイマーの初期症状の話や
少しだけ病気の話が増えたようです。
ただ、年齢的に見ると、みんな元気です。

環境の変わった人が二人。
長く赴任していたドイツから帰国後、退職した人。
会社の顧問を辞して、年金生活に入った人。
今だに仕事をしている人は4人。

リタイア者の生活はそれぞれで、
午後から夜にかけて8〜9合の酒を毎日飲んでいる方。
夜9時に寝て、朝4時に起きる生活の方。
江戸時代の筆の写筆(というのかどうか)で時間が足りない方。
鳥の観察にいそしんでいる方。
私は読書三昧、映画三昧そしてブログの毎日と報告しておきました。

話は特に定めがないので、
あちらに飛び、こちらに飛び。
みんな「超」の付く
一流有名企業の戦士。
(私を除く)
なぜか理科系が多いから、
3Dプリンターだのヘリコプターだの
理解不能の専門分野に話が及ぶ。
話を聞きながら、
ああ、このような人たちによって
日本の技術向上経済発展
支えられたのだな、
と納得した次第。

あっという間に4時間が経ち、
再会を約して別れました。
楽しい時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも思うのですが、
この集まりに出ると、
何だか頭脳がクリアになった気がします。






AutoPage最新お知らせ