『置かれた場所で咲きなさい』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します
                            
若くしてノートルダム修道女会に入り、
アメリカに派遣されて帰国後、
ノートルダム清心女子大学(岡山)の学長に就任、
現在はノートルダム清心学園理事長をつとめる
渡辺和子氏のエッセイ集。

どのページにもキリスト教に裏打ちされた
深い人生観
がうかがえる内容。

題名は著者が学長という立場で悩みを抱えていた時、
一人の宣教師が渡してくれた短い英語の詩から取っている。
その詩は次のようなものだ。

置かれたところで咲きなさい。
咲くということは、
仕方がないと諦めることではありません。
それは自分が笑顔で幸せに生き、
周囲の人々も幸せにすることによって、
神が、あなたをここにお植えになったのは
間違いでなかったと、
証明することなのです。

置かれたところで咲きなさい。
何と素晴らしい言葉ではないか。
与えられた環境に不平不満を言うのではなく、
まず自分が咲き、花開くこと。
それによって周囲に幸福をもたらすこと。
職場や学校、家庭でも
この言葉によって変えられることは多いのではないだろうか。
今いる場所で咲けない者が
他の場所で咲けるはずがない。
今いる場所で花開けば、
他の場所に移されることもあるだろう。

そして、渡辺さんは、このように書く。

どうしても咲けない時もあります。
雨風が強い時、
日照り続きで咲けない日、
そんな時には無理に咲かなくてもいい。
その代わりに、
根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。
次に咲く花が、
より大きく、美しいものとなるために。

また、このような言葉もある。

「時間の使い方は、
そのまま、
いのちの使い方なのですよ」

八木重吉の詩も紹介されている。

神のごとくゆるしたい
ひとが投ぐるにくしみをむねにあたため
花のようになったらば神のまへにささげたい

一人の実業家が、定年後に語ったという
次の言葉。

「私は、木を切るのに忙しくて、
斧を見る暇がなかった」

ある人が言った言葉。

「人生は学校で、
そこにおいては、
幸福より不幸のほうがよい教師だ」

河野進氏の作った詩。

こまった時に思い出され
用がすめば すぐ忘れられる
ぞうきん
台所のすみに小さくなり
むくいを知らず
朝も夜もよろこんで仕える
ぞうきんになりたい

次に書かれた話も心に残る。

三歳ぐらいの子どもを連れた母親が、
水道工事をしている人たちのそばを通りながら
語って聞かせています。
「おじさんたちが、
こうして働いていてくださるおかげで、
坊やはおいしいお水が飲めるのよ。
ありがとうといって通りましょうね」
同じところを、
これまた幼い子を連れた別の母親が通りかかります。
子どもに向かっていいました。
「坊やも勉強しないと、
こういうお仕事をしないといけなくなるのよ」
価値観はこのようにして、
親から子どもに伝えられることがあるのです。
最初の母親は、
人間はお互い同士、
支え合って生きていること、
労働への感謝の念を
子どもの心に植えつけたのに対して、
二番目の母親は、
職業に対する偏見と、
人間を学歴などで差別する価値観を
植えつけたのではないでしょうか。


年齢を重ねることに対する述懐。

誰しも歳は取りたくないと思いがちですが、
ある時、次のような言葉に出合いました。
「私から歳を奪わないでください。
なぜなら、歳は私の財産なのですから」
この言葉に出合って以来、
私の心には、
「財産となるような歳を取りたい」
という思いが芽生えました。
そして、自分らしく生きるということ、
時間を大切に過ごし、
自分を成長させていかなければならないのだということに、
改めて気付かされたのです。
肉体的成長は終わっていても、
人間的成長はいつまでも可能であり、
すべきことなのです。
その際の成長とは、
伸びてゆくよりも熟していくこと、
成熟を意味するのだといってもよいかもしれません。
不要な枝葉を切り落とし、
身軽になること、
意地や執着を捨ててすなおになること、
他人の言葉に耳を傾けて謙虚になることなどが
「成熟」の大切な特長でしょう。

これなど、
いたずらに「歳を取りたくない」などと言っている
私に対する自戒の言葉ですな。

著者が通った私立の小学校で教えられたことも心に残る。

入学してすぐ担任からいわれたことの一つは、
「校門を通る時、
男の子は必ず帽子を取って
守衛さんに、
先生にすると同じ態度であいさつしなさい」
ということでした。
六年間、これを続けている間に、
いつしか習慣になり、
これが一つのリーダー学であることに気付いたのは、
社会に出てからでした。

私が、今も職場で特に目立たない働きをしていてくれる人たちにあいさつするのは、
多分、小学校で身についたことなのです。
学生たちにも、
「お掃除や草取りをしていてくださる人たちに、
ごあいさつするのですよ」
といっています。
「給料を払っているのに、
あいさつしたり、ありがとうという必要はないでしょう」
という若い教師も、いないではありません。
それは、大きな考え違いです。
あいさつは、身分や立場とは無関係なのです。
特に、あいさつしてもらうことの少ない人たちに、
あいさつは、
「あなたは、ご大切な人なのですよ」
と伝える最良の手段であり、
お互いが、お互いのおかげで生きていることを自覚し合う、
かけがえのない機会なのです。

このような金言に満ちた本。
薄く、小さな本ですが、
一家に一冊、どうぞ。






AutoPage最新お知らせ