政治のあれこれ  政治関係

昨日の産経新聞に、
次の様な記事が掲載されていた。

中国生産を続けてきた日本企業が
国内生産に切り替える動きが広がってきた。

電子部品大手のTDKが、
中国で生産する部品の3割を
段階的に国内に移管する方向で検討に入ったほか、
パナソニックも縦型洗濯機や電子レンジを
国内生産に順次切り替える。

円安の加速や人件費の高騰で、
中国生産のメリットは低下しており、
地方創生を掲げる政府にとっても、
企業の国内回帰は追い風となりそうだ。

TDKは、中国で25の主要生産拠点を持ち、
売上高全体の4〜5割程度が中国生産とみられる。
このうち、スマートフォンや自動車向け電子部品の生産を
順次国内生産に切り替える。
同社によると、
中国の工場での従業員の定着率が落ちているほか、
人件費も高騰している。
こうしたリスクを軽減するため、
秋田県や山梨県にある既存工場の遊休施設を活用する方向で検討している。

パナソニックも、中国で生産し日本で販売する家電を
国内生産に順次切り替える。
縦型洗濯機を静岡県袋井市の工場、
電子レンジを神戸市の工場に生産移管する。
すでに家庭用エアコンなどは滋賀県草津市の工場への移管を一部で始めている。
同社は中国を含め海外で生産する家電約40機種を国内に切り替える方針だが、
その背景には円安の影響がある。
現在の為替相場は1ドル=120円前後の水準だが、
海外で生産した製品を輸入すると採算がとれず、
業績面での減益が避けられないという。

一方、シャープの高橋興三社長も6日の記者会見で、
テレビや冷蔵庫の生産の一部を
栃木県矢板市や大阪府八尾市の工場に移す方向で
検討を始めていることを明らかにした。
高橋社長は
「1ドル=120円で
(国内生産に)移した方がよいものは出てくる。
工程数の少ないものから移したい」
と述べた。

このほかには、ダイキン工業が家庭用エアコンの一部生産を
中国から滋賀県草津市の工場への移管を完了した。

ホンダも国内販売する原付きバイクの一部を
熊本県大津町の工場への移管を検討中だ。

国内生産は海外に比べ、
工場の電気代がかなり高いという課題も残るが、
かつて多くの製造業が海外生産に踏み切った最大の要因である
過度な円高は解消された。
今回の国内回帰の動きは、
地方で新たな雇用を生み出す可能性がある。

各メーカーが生産拠点を中国に移した理由は
1ドル80円という円高と
中国の人件費が安い、
という2点だった。
それが円安の進行、
中国での人件費の高騰
とあれば、
中国に工場を設置する意味はなく、
国内に戻ってくれば、
雇用の拡大景気浮揚にもプラスになる。
歓迎すべき事態だが、
中国は痛手だろう。

対中国ODA(政府開発援助)は
金額こそ一時期より減っているが、
まだ継続している。
GDP世界3位の国が
それより上位のGDP世界2位の国に対して
「援助」するなど、
世界の奇観と言えよう。
その上、中国は日本からの援助のあることを民衆に伝えず、
自国はアフリカにODAをして
国連での票集めをしている。
こんなおかしなことは早急にやめるべきだ。

隣国の北朝鮮では、
戦争の準備が着々と進んでいるという。
↓は時事通信の配信。

「7日間で戦争終結」=北朝鮮が新作戦計画―韓国紙

8日付の韓国紙・中央日報は、
北朝鮮が、朝鮮半島で戦争が起きた場合、
核ミサイルなどを用い、
7日間で終結させる新たな作戦計画を策定したと伝えた。
韓国の情報当局が最近脱出した北朝鮮軍の元幹部から
新作戦計画を入手、
これに伴い、韓国軍も作戦計画を一部修正したという。 

他の記事では、
北朝鮮では金正恩第1書記の人事面の“台風”が起こっており、
「腹が出た者は戦争ができない」として
軍団長級の80%以上を相対的に若い50代に交代させたという。
自分の体型を棚に置いて、と笑えるが、
その目的は戦争の準備で、
新作戦計画で戦争開始から7日以内
遅くとも15日以内に戦争を終わらせると定めた。
米軍の増援戦力が朝鮮半島に到着する前に
戦争を終わらせなければ勝算がないという判断のためだ。
このため戦争初期に核・ミサイルなどを活用する方針を
作戦計画に反映させた。
核兵器を使用する場合、
放射能に汚染した半島に米軍が入りにくいうえ、
南側指導者がさらなる被害を防ぐために
降伏する可能性もあるという計算からだ。
軍関係者は
「日本が広島に原爆が落ちると降伏したように、
北朝鮮もこのような状況を狙っているとみられる」
と述べたと言う。

いよいよ金正恩は半島を焦土に化すつもりらしい。
若いし、経験もないから、
何をしでかすか分からない。


そんな中行われる民主党の代表選
3人の候補が顔を揃えたが、
どの顔を見ても、
気概が感じられない。
もはや賞味期限が切れた政党には分裂しか残っていない。

一方、国会議員4名と
政党要件に1名足りない生活の党
あちこちの議員を勧誘、
政党交付金の基準日1月1日の6日前すれすれに
山本太郎議員を引きずり込み、
政党要件を満たした。
政党交付金数億円のためというのはミエミエ。
そして、政党名を変更
「生活の党と山本太郎となかまたち」
一瞬、何かの冗談かと思った。
生活の党と・山本太郎と・なかまたち!
政党名に個人名が入ってもいいとは知らなかった。
それだったらとっくに「小沢党」にすればよかったのに。
それに「なかまたち」って何だ。
仲間由記恵も参加しているのか。
舟木一夫もか。
「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」
「ブラマヨと仲間たち」
「ユタと不思議な仲間たち」
の前例があるから、
いっそ「生活の党と山本太郎とゆかいななかまたち」
にすればよかったではないか。
いや「生活の党と小沢一郎と山本太郎とヘンテコな仲間たち」の方がいいか。
それにしても、こんな政党名を提案したのは誰か
推測するに、
山本議員が「この名称でなければ入らない」と駄々をこね、
何とか5名にしたくてならない小沢側が
「もういいや、言うとおりにしよう」
となった公算が大きい。
所属議員は恥ずかしくないのか
小沢さんはまた一つ晩節を汚した
早く引退してほしい。





AutoPage最新お知らせ