浅草と靖国神社  身辺雑記

今日は朝から都内に出掛けました。

京葉線の中から見た富士山

クリックすると元のサイズで表示します

国際フォーラムの人影は

クリックすると元のサイズで表示します

少なく、

クリックすると元のサイズで表示します

有楽町駅前もこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

日比谷で映画を一本観た後、
正月恒例のここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

井上陽水の歌のモデル? まさかね。

クリックすると元のサイズで表示します

東京スカイツリー

クリックすると元のサイズで表示します

雷門

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと仲見世を覗いて、

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの脇道を。

クリックすると元のサイズで表示します

店の裏から見た仲見世の行列。

クリックすると元のサイズで表示します

新仲見世

クリックすると元のサイズで表示します

なつかしいねえ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから先は、
毎年と同じ絵柄になってしまうので、

クリックすると元のサイズで表示します

出来るだけ、いつもと違う絵にします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

歌舞伎のポスターには見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろな芝居のポスター。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

野良猫がいるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

野良鳩も。

クリックすると元のサイズで表示します

脇から参拝。

クリックすると元のサイズで表示します

おみくじは一体何枚売れるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

1万人としても、

クリックすると元のサイズで表示します

売り上げ100万円。

クリックすると元のサイズで表示します

本堂の脇は屋台のエリア。

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん、やっぱり同じ絵柄になってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

綿飴は妖怪ウォッチとアナと雪の女王。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでカルビの串射しをゲット。

クリックすると元のサイズで表示します

都会議員の参拝団。
ちゃんと政治資金報告書に書くんだよ。

クリックすると元のサイズで表示します

裏の通りを抜けると、

クリックすると元のサイズで表示します

木馬館

クリックすると元のサイズで表示します

木馬亭

クリックすると元のサイズで表示します

人力車も沢山走っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは飲み屋街。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは食肉組合の前々々理事長の行きつけの店。

クリックすると元のサイズで表示します

この看板は毎年沢山の場所でやっています。

クリックすると元のサイズで表示します

人が集まる所だから、
献血のお願いも。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、電車を乗り継いで、
ここに移動。

クリックすると元のサイズで表示します

靖国神社です。

クリックすると元のサイズで表示します

参道には屋台が並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見えて来た銅像は、

クリックすると元のサイズで表示します

維新の十傑の一人、大村益次郎像。

クリックすると元のサイズで表示します

青銅大鳥居をくぐり、

クリックすると元のサイズで表示します

神門を通り、

クリックすると元のサイズで表示します

中門鳥居を抜けて、

クリックすると元のサイズで表示します

拝殿へ。

クリックすると元のサイズで表示します

奥に殿内参拝の人の姿が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく並んで、

クリックすると元のサイズで表示します

最前列へ。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして新年の参拝が終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな大きな絵馬が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全国の絵馬展。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

奉献酒の銘柄。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道、

クリックすると元のサイズで表示します

月が出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

大村益次郎像の足元にも月が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新年の靖国神社。
祈りの蓄積された場所に来ると、
やはり胸打たれるものがあります。

今日の産経新聞に、
パラオ共和国の男性の言った言葉が載っていました。

「日本には大切なものが4つあります。
天皇陛下と靖国神社と富士山と桜です。
アメリカ人から
『日本は小さな国だけども、
ルーツ、根っこがあるから強い。
それは天皇陛下と富士山と桜だ。
それはアメリカにはない』
と聞きました」

遥か南の国のお年寄りが
あまたの日本人より
本質を掴んでいます。

同紙の新春対談で
秦郁彦氏と西岡力氏がこういうことを言っていました。

秦 吉田氏にはじまり、
アジア各地に出かけて元慰安婦を探し出し、
補償裁判に持ち込んだ弁護士、
国連人権委員会で
慰安婦を性奴隷と呼びかえるべきだと訴え、
実現させた弁護士も。
僕はなぜそういう
自国を貶めるようなことに熱中する日本人がいるのか、
不思議でならない。
他国なら社会的制裁が下るはずなんだけど、
日本はそうではない。
むしろメディアは持ち上げてしまう。

また、このようにも言う。

秦 朴槿惠大統領は
「日本は慰安婦問題について
誠意ある態度を取るべきだ」
と繰り返していますが、
具体策は絶対にいわない。
「ご推察ください」
ということでしょうが、
日本はもうやるべきことは
ほとんどすませている。
これ以上、何をしてくれという要求なのか、
はっきりしません。

靖国神社も日本の首相が参拝すると
また中国韓国が騒ぐからと配慮して行けません。
日本の首相が日本国内で行くことの出来ない唯一の場所、靖国神社。
こんな異常なことがいつまで続くのでしょうか。





AutoPage最新お知らせ