天皇誕生日  

今日は天皇誕生日
昭和天皇在位中は4月29日が天皇誕生日でした。
今は4月29日は「昭和の日」となっています。

今上天皇は今日で81歳
これに先立ち皇居・宮殿で記者会見し、
来年の戦後70年を前に、
「先の戦争では300万を超す多くの人が亡くなりました。
その人々の死を無にすることがないよう、
常により良い日本をつくる努力を続けることが
残された私どもに課せられた義務であり、
後に来る時代への責任であると思います」
と語りました。
その上で
「日本が世界の中で安定した平和で健全な国として、
近隣諸国はもとより
できるだけ多くの世界の国々と共に支え合って
歩んでいけるよう切に願っています」
と述べました。

まさに国民の願いを受け止めたもので、
このような「祈り」にも近い思いを
国の元首が抱いていることは、
日本の国のあり方を決めていると言ってもいいでしょう。

来年は戦後70年ということで、
中国・韓国はまた日本批判を繰り広げることでしょうが、
この陛下の思い
少しでも知ってもらいたいものです。
まあ、中国も韓国も
日本を貶める方策は
戦争中のことを持ち出すしか出来ないわけで、
本当にしつっこい。

言うまでもなく
日本は天皇を国の精神的トップに戴く国です。
日本国憲法第1条には、このように書いてあります。

天皇は、
日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、
この地位は、
主権の存する日本国民の総意に基く。

「俺はそうは思わない。だから総意ではない」
と屁理屈を言う人はいるでしょうが、
とにかく、憲法はそうなっており、
それがいやだと言う人は
それこそ憲法改正を建議すればいい。

昭和天皇が亡くなった時に、
若干の退位論が出て、
「朝まで生テレビ」でもそのような議論がされましたが、
その後、そのような議論は影をひそめています。

世論調査の推移を見ると、
1990年では
「今の象徴天皇のままでよい」
を回答に選んだ人73%
2000年には
象徴天皇を支持したのが8割
2002年には
「(天皇は)今と同じ象徴でよい」
を回答に選んだ人が86%でした。
NHKが2009年10月30日から11月1日に行った世論調査では、
「天皇は現在と同じく象徴でよい」82%
「天皇制は廃止する」が8%、
「天皇に政治的権限を与える」が6%となっています。
まあ、「総意」に近い。

君主制を取る国々の中でも
これほど長い系図を持って
国の歴史の奥深いところにあり続けた存在はなく、
世界的にも珍しいものです。

なお、君主制とは、君主が存在する政体で、
対義語は共和制です。
君主が存在する国家を君主国
君主が存在しない国家を共和国といいます。

君主国は支配者の君主号によって、
王国、大公国、公国、首長国、帝国などと呼ばれます。

一般的にその地位は、
独りの人間が終身で持ち続け、
その一族により世襲されます。
これを世襲君主制といいます。
君主の一族を王家(王室)と呼び、
王家による世襲権力の連続体を王朝といいます。
バチカン市国のように、
世襲によらない地位の継承が行われる例もあります。
マレーシアやサモアは任期制の君主国です。

君主が絶対的な権力を持つ政体が絶対君主制で、
これに対し、
君主が権力を制限されていたり付与されていない政体が制限君主制であり、
権力の制限が憲法に基づく場合は立憲君主制となります。

現在の君主国は、次のようなものがあります。

王国(王または女王を元首とする国家)

オランダ王国
カンボジア王国
サウジアラビア王国
スウェーデン王国
スペイン王国
スワジランド王国
タイ王国
デンマーク王国
トンガ王国
ノルウェー王国
バーレーン王国
ブータン王国
ベルギー王国
モロッコ王国
ヨルダン・ハシミテ王国
レソト王国

スルターン国(スルターンを元首とする国家)

オマーン国
ブルネイ・ダルサラーム国
マレーシア(元首は各州スルターンの輪番制)

英連邦王国(英連邦加盟国の中で、
      英国王または女王を元首とする国家。
      イギリス以外の国では、
      英国王に任命された総督が実質的に元首を務める。)

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(通称:イギリス)
アンティグア・バーブーダ
オーストラリア連邦
カナダ
グレナダ
ジャマイカ
セントクリストファー・ネイビス連邦
セントビンセントおよびグレナディーン諸島
セントルシア
ソロモン諸島
ツバル
ニュージーランド
バハマ国
パプアニューギニア独立国
バルバドス
ベリーズ

大公国

ルクセンブルク大公国

公国

アンドラ公国(共同元首はフランスの大統領とスペインのウルヘル司教)
モナコ公国
リヒテンシュタイン公国

首長国

アラブ首長国連邦の構成国(アブダビ首長国のアミールが連邦全体の大統領を務める)
アジュマーン首長国
アブダビ首長国
ウンム・アル=カイワイン首長国
シャールジャ首長国
ドバイ首長国
フジャイラ首長国
ラアス・アル=ハイマ首長国

カタール国
クウェート国

その他の君主国

日本国(元首は天皇)
サモア独立国(元首はオ・レ・アオ・オ・レ・マーロー)
バチカン市国(元首はローマ教皇)


なお、政党で天皇制に疑義を唱えているのは日本共産党で、
憲法上現にある制度としてのみ容認し、
日本は君主制でも共和制でもないとしています。
そして、憲法の天皇条項は
「民主主義の徹底に逆行する弱点」としています。
また、
「一個人・特定一家が国民統合の象徴となる
現制度は民主主義及び人間の平等と両立し得ない」
「天皇の政治利用をはじめ、
憲法の条項と精神からの逸脱を是正する」
と言っています。
共産党は天皇制の廃止(民主共和制)をめざしており、
「その存廃は、将来、情勢が熟したときに、
国民の総意によって解決されるべき」
としています。

先の総選挙で
共産党に投票した方は、
このような共産党の方針を知っておいでだったのでしょうか。
天皇陛下が出席する国会の開会日には
党の方針として、欠席しているのです。

まあ、考えてみて下さい。
天皇がいなくなったら、と。
日本は国家の背骨を失った頼りない存在になってしまうでしょう。

選挙で選ばれた大統領が
国の中心になり、
それも任期替わりで
しょっちゅう国の元首が変わってしまうような国と
同じになってしまいます。

そのような国を求めていないことは、
誕生日を祝う一般参賀に
これほど沢山の人が集まっていることでも明らか。

クリックすると元のサイズで表示します

天皇を象徴として戴く国柄は、
日本人の歴史とDNAの中に組み込まれているので、
この国のあり方は変えてほしくないものです。






AutoPage最新お知らせ