ルーマニア・ブルガリアの旅・そのK ソフィア  旅行関係

最後のソフィア観光は、

クリックすると元のサイズで表示します

バスから降りて徒歩で。

クリックすると元のサイズで表示します

それで、こういうものや

クリックすると元のサイズで表示します

こういうものも目に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

タクシーはイエロー・キャブ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、数々の建物や

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

記念碑も。

クリックすると元のサイズで表示します

これは旧共産党本部

クリックすると元のサイズで表示します

このモスクは、バーニャ・バシ・ジャーミヤ
1566年のオスマン朝時代に建立されたイスラム寺院です。

クリックすると元のサイズで表示します

バーニャとは、風呂の意味で、
すぐ近くに大きな温泉施設があることに由来します。
↓がその温泉施設。

クリックすると元のサイズで表示します

現在は別な用途に使われています。

クリックすると元のサイズで表示します

近くには飲用の温泉が湧き出ており、
ペットボトルを抱えて水をくみに来る市民でにぎわっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ユダヤ教のシナゴーグ(会堂)。

クリックすると元のサイズで表示します

これはセントラル・ハリ
1910年に建てられたかつての中央市場。

クリックすると元のサイズで表示します

1989年の政変以来営業が途絶えていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

2000年にショッピングセンターとして復活。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな順路案内も面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

ソフィアのマクドナルド。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡もまだ発掘されています。

クリックすると元のサイズで表示します

聖ペトカ地下教会

クリックすると元のサイズで表示します

教会が建てられたのは、
オスマン朝の治世下にあった14世紀。

クリックすると元のサイズで表示します

イスラム全盛の世にあったので、
このような半地下の形にならざるをえなかった、という説と

クリックすると元のサイズで表示します

第2次世界大戦後の都市計画で
教会の両横に高架の大通りを建設したためにこのようになった
という説が二つ書かれていました。
どちらが正しいのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

聖ネデリャ教会
ブルガリヤ正教の教会。

クリックすると元のサイズで表示します

聖ゲオルグ教会

クリックすると元のサイズで表示します

4世紀にローマ帝国によって建設された

クリックすると元のサイズで表示します

現存するソフィア最古の建物と言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

内部の壁や天井には
10〜14世紀に描かれた宗教画が見られるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓写真集から。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その脇には、ローマ時代の浴場跡が。

クリックすると元のサイズで表示します

大統領府

クリックすると元のサイズで表示します

衛兵の交代がされています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

国立考古学博物館

クリックすると元のサイズで表示します

元は1494年に建立されたイスラム寺院でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ時代の発掘品や

クリックすると元のサイズで表示します

ブルガリア教会文化を中心としたコレクションがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

考古学博物館の前の子どもたち。

クリックすると元のサイズで表示します

国立銀行

クリックすると元のサイズで表示します

国立劇場

クリックすると元のサイズで表示します

1907年に完成。

クリックすると元のサイズで表示します

聖ニコライ教会。ロシア教会。

クリックすると元のサイズで表示します

解放者記念像
ロシア皇帝アレクサンダル2世の騎馬像です。
露土戦争の勝利によって
ブルガリアをオスマン朝支配から解放した英雄てす。

クリックすると元のサイズで表示します

アレクサンダル・ネフスキー教会

クリックすると元のサイズで表示します

ブルガリア最大で最も美しいと言われる寺院。

クリックすると元のサイズで表示します

高さ60mの金色のドームをはじめ、
12のドームからなる
ネオ・ビザンツ様式の建物。

クリックすると元のサイズで表示します

ブルガリア独立のきっかけとなった露土戦争で戦死した
約20万人のロシア人兵士を慰霊する目的で建立されました。
1882年に着工してから40年の歳月を経て完成。

クリックすると元のサイズで表示します

正面にあるのは、
聖アレクサンダル・ネフスキーのモザイク画。

クリックすると元のサイズで表示します

内部は例の如く撮影禁止。
そこで、拝借した写真を掲載。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

聖ソフィア教会

クリックすると元のサイズで表示します

6世紀にユスティニアヌス帝が建てた教会。

クリックすると元のサイズで表示します

首都ソフィアの名はここに由来します。
↓は無名兵士の石碑。

クリックすると元のサイズで表示します

丸い青銅製の祭壇には、永遠の炎が燃えています。

クリックすると元のサイズで表示します

その横には、
約80年前に作られたライオンの彫刻。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一度アレクサンダル・ネフスキー教会を目に焼き付けて、

クリックすると元のサイズで表示します

ソフィア観光は終わりです。

クリックすると元のサイズで表示します

その後はショッピングセンターで買い物。

クリックすると元のサイズで表示します

残ったレフで買い尽くし。

バラの商品が沢山ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は各自。このフードコートで、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中華料理。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ソフィアの空港。

クリックすると元のサイズで表示します

イスタンブールへ飛び、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

イスタンブール空港。今夜の10時半で、このにぎわい。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ成田へ。

クリックすると元のサイズで表示します

2回の機内食。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やっと日本に

クリックすると元のサイズで表示します

着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

長らく続いたルーマニア・ブルガリアの旅もこれでおしまいです。

クリックすると元のサイズで表示します

過去のブログを見たい方は、それぞれ↓をクリック。

@ブカレスト
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141022/archive

Aブラショフ
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141025/archive

Bシギショアラ
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141029/archive

Cビェルタン
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141102/archive

D要塞教会
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141106/archive

Eブラン城
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141110/archive

Fシナイア
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141116/archive

Gイヴァノヴォ
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141122/archive

Hヴェリコ・タルノヴォ
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141126/archive

Iリラの僧院
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141201/archive

Jボヤナ教会
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20141208/archive






AutoPage最新お知らせ