『ショーシャンクの空に』(舞台版)  演劇関係

今日は夕方から

クリックすると元のサイズで表示します

日比谷に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

ここシアタークリエに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

舞台版「ショーシャンクの空に」を観るためです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

原作はスティーヴン・キングの中編小説「刑務所のリタ・ヘイワース」

リタ・ヘイワースは1940年代に
一世を風靡した女優。

クリックすると元のサイズで表示します

小説の原題は『Rita Hayworth and Shawshank Redemption』(リタ・ヘイワースとショーシャンクの贖い)
1994年にフランク・ダラボン監督で映画化された時の原題が
『The Shawshank Redemption 』(ショーシャンクの贖罪)で、
「ショーシャンクの空に」は、日本で付けた題名です。
"Redemption"は「罪を贖う」という意味と同時に、
債券などの「満期償還」や「買戻し」「回収」という意味を持っています。

↓は映画のパッケージ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は脱獄を成功させた歓喜のアンディ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は「ショーシャンクの空に」ごっこをする猫。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の題名の頭に
「ロンドン版」と付いているのは、
既に2013年に河原雅彦演出・喜安浩平脚本で舞台化された作品があるからです。

今回の「ロンドン版 ショーシャンクの空に」は、
2009年5月にアイルランドのダブリンで初演され大ヒットを記録し、
同年9月にはロンドンに上陸。
3ヶ月間の上演は大好評を博し、
演劇の聖地・ウェストエンドに感動の嵐を巻き起こしたというもの。
脚本はオーウェン・オニールデイヴ・ジョーンズ
演出は白井晃

実は、私には、
「宇宙旅行に持って行く10本の映画」というのがあり、
宇宙旅行の長旅をなぐさめる映画を
10本だけ選んで持って行けるとすれば、
何を選ぶか、という意味ですが、
その中に映画「ショーシャンクの空に」は入っています。
その大好きな作品が
どんな風に舞台化されているか、
を関心に観に行きました。

ネットで、こんなに良い席をゲット。

クリックすると元のサイズで表示します

所長の独裁と暴力と絶望が支配するショーシャンク刑務所に、
新しい囚人が入って来る。
銀行家として成功を収めたにもかかわらず、
妻とその浮気相手を殺した罪で、
終身刑を言い渡されたアンディ・デュフレーンだ。
誰とも口をきかず、
奇異の目で見られていたアンディが初めて話しかけたのは、
塀の外からあらゆる物を仕入れる”調達屋”のレッドだった。
「鉱物収集の趣味を復活させるための
ロックハンマーを調達してほしい」
そして、
「独房の壁に張るリタ・ヘイワースのポスターを1枚」求める。

アンディは、地獄の刑務所で少しでも人間らしく生きるため、
静かに戦い続ける。
そのアンディの感化を受けて、
囚人たちに変化が見られる。
また、銀行家の知識を生かして
所長や看守たちの節税や脱税の相談役ともなる。
20年の歳月が流れ、
新入囚人から
アンディの冤罪を証明する情報がもたらされる。
しかし、再審の申し出をするアンディの夢を
所長は砕いてしまう。
「これは俺の人生なんだ」というアンディの叫びを聞きながら。
そして、最後にアンディが賭けた挑戦は・・・

舞台は多少の改変を加えながら、
原作通りに展開するが、
やや平板
アンディを演ずる佐々木蔵之介からはアンディの魅力が伝わって来ない。
レッドを演ずる語り手の國村隼
人生の大半を刑務所で暮らして歳を取った哀愁や苦悩も表れない。
所長を演ずる板尾創路
キリスト教徒でありながら偽善的行動を取る二重性が表現できておらず、一本調子。
総じてこの話の中にある
希望と絶望の相剋、
それを打ち破る執念というものが描ききれず、
深みに欠ける

ちょっと似た作品の
「カッコーの巣を越えて」
あれほどの感動を呼んだのに、
この舞台作品からは、
原作と映画の放った爽快感、感動というものが生まれなかった。

というわけで、
高いお金を払って文句たらたら、
という残念な結果

この話、ストレートプレイにするよりも、
思い切ってミュージカルにでもしてしまった方が
感情の高揚が見られるのではなかったか。

↓は会場入口に作られた写真スポット。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな感じになります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道の丸の内仲通りのイルミネーション。

クリックすると元のサイズで表示します






AutoPage最新お知らせ