『紙の月』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

角田光代の同名小説を映画化。
監督は、「桐島、部活やめるってよ」などの吉田大八
紙の月=ペーパームーンには、
「作り物の月」から転じて、
「まがいもの」「偽物」の意味がある。

バブルがはじけて間もない1994年。
銀行の契約社員として働く梅澤梨花は、
子どもがいないながら
夫と二人の家庭生活を真面目に過ごしていた。
しかし、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱いた梨花は、

クリックすると元のサイズで表示します

顧客の孫である
年下の大学生・光太と不倫関係に陥っていく。
光太が大学の学費を滞納していること知った梨花は、
顧客の預金に手を付けてしまう。
夫の上海赴任について行かなかった梨花は
光太のためにマンションを借り、
衣服を買い与え、パソコンを購入してやり、
雪だるま式に横領金額が増えていく。
手口は偽造した定期預金証書を発行してお金を着服する手法。
発覚するのは時間の問題だった・・・。

平凡な主婦が
他人のお金を扱っているうちに
金銭感覚を狂わせられ、
犯罪に手を染め、
転落していく過程をていねいに描く。

この作品を成功に導いたのは、
ずばり宮沢りえの演技力だ。
その表情にある虚ろさ、渇き、はかなさ、不安さの陰影ある演技が
作品のトーンを決定づけ、
画面に釘付けにする。

クリックすると元のサイズで表示します

原作にあった梨花のミッションスクールの同級生の視点をなくし、
梨花の犯罪に焦点を当てたのも巧みな脚色。
原作には登場しない同僚の職務に忠実な先輩役の小林聡美

クリックすると元のサイズで表示します

犯罪を予見するメフィスト風の大島優子

クリックすると元のサイズで表示します

宮沢りえの二つの分身として好演する。

映画というものが
いかに役者の魅力に依存するかを示している。

ただ、梨花を不倫にひきずりこむ光太役の池松壮亮

クリックすると元のサイズで表示します

あれだけのきっかけで
梨花が引きつけられるだけの性的魅力がなく、
もっと別な役者がみつけられなかったかと残念。
光太と会って3度目でホテルに行っているが、
それ以前にもう一交流の描写が必要だったのではないか。
また、梨花のカソリック学校での
世界で貧困と病苦にあえいでいる人たちへの寄付の挿話は、
梨花のトラウマなのだが、
うまく話に溶け込まず、
木で竹を接いだ感は否めない。
もう少しうまく織りこめれば、
作品に奥行きが出来ただろうにと残念。
ただ、しっかりした俳優の演技に肉薄した
出色の作品であることは間違いない。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=TcTe6m5U7ZI

なお、アメリカ映画に
「ペーパームーン」という映画がある。

クリックすると元のサイズで表示します

ピーター・ボグダノヴィッチ監督による1973年作品。
聖書を売りつける詐欺師の男と、
母親を交通事故で亡くした9歳の少女との、
互いの絆を深めていく物語を描いたロード・ムービー。
ライアン・オニールテータム・オニールが父娘で出演し、
その年のアカデミー賞では、
テータム・オニールが史上最年少で助演女優賞を受賞した。

ナント・キングコールが歌う
「It's Only A Paper Moon」を聴きたい方は、
↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=kgNef0mgOeI&feature=player_embedded

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ