ルーマニア・ブルガリアの旅・そのJ ボヤナ教会   旅行関係

朝のホテルの部屋からの景色。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は出発時間が遅かったので、
町に出掛けました。

外から見た宿泊ホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

路上駐車。

クリックすると元のサイズで表示します

壁に貼られたポスター。

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄の駅があったので、

クリックすると元のサイズで表示します

乗ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

出来たばかりらしく、きれいです。

クリックすると元のサイズで表示します

路線は2路線。

クリックすると元のサイズで表示します

切符の販売機。

クリックすると元のサイズで表示します

これがチケット。70円位。

クリックすると元のサイズで表示します

改札を通り、

クリックすると元のサイズで表示します

エスカレーターで下へ。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、日本の和太鼓の公演ポスターが。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームもきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

列車が入って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中はすいています。

クリックすると元のサイズで表示します

この駅で降りてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

改札を抜け、

クリックすると元のサイズで表示します

階段を昇ると、

クリックすると元のサイズで表示します

このような光景が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小さな野外マーケットのようなものがあるので、
行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

野菜が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

路上にこのように

クリックすると元のサイズで表示します

カボチャのようなものが並べられています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

切ってくれるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

更に奥にも

クリックすると元のサイズで表示します

野菜の売り場が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カフェもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

他に何も見るものがないので、地下鉄に戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今度は中央駅で降りてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものを見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中央駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前にはタクシーが並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

路面電車も走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

駅構内。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホームに行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

線路には、草が生えています。

クリックすると元のサイズで表示します

列車には

クリックすると元のサイズで表示します

落書きが。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルに戻り、出発。
まず、昼食へ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は中華料理。

クリックすると元のサイズで表示します

1週間ぶりの白飯です。

クリックすると元のサイズで表示します

店の前にいた荷車。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、ボヤナ教会

クリックすると元のサイズで表示します

ボヤナ教会は、
ソフィア郊外のボヤナ地区に建っている
ブルガリア正教会の教会堂。

クリックすると元のサイズで表示します

教会の東翼は、10世紀後半から11世紀初頭に建てられたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、第2次ブルガリア帝国の下で
13世紀に中央棟が加えられました。

クリックすると元のサイズで表示します

西翼がさらに拡張され、現存する形が完成したのは
19世紀半ばのことでした。

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれの時代の姿をとどめつつ
美しい調和を保っているこの教会は、
ユネスコの世界遺産に登録されています。

クリックすると元のサイズで表示します

この教会の世界的な知名度は、
主として1259年に遡るフレスコ画によります。

クリックすると元のサイズで表示します

東ヨーロッパの中世美術のなかでも、
最も完全で保存状態の良いもので、
240人の人物像によって
89の場面が展開されています。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、内部は撮影禁止なので、
絵はがきその他、
拝借した写真を掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この教会のパトロンたち。
貴族カロヤンとその妻デシスラヴァや
ブルガリア皇帝のコンスタンティン1世と皇妃イリーナ
などを描いたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1912年から1915年にかけて
オーストリアやブルガリアの専門家によって
フレスコ画の修復と浄化が行われ、
1934年と1944年にも同様の維持活動が行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ユネスコの世界遺産に加えらる前、
1977年からは保全と修復を理由に
一般の立ち入りが禁止されましたが、
この禁止措置は2000年に解除され、
再び一般に開かれるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボヤナ教会を後にして、
午後は、ソフィア市内の観光です。



『ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー』  ミュージカル関係

今日は午後から親子3人で、銀座へ。
目的地は、ここマリオンの日劇

クリックすると元のサイズで表示します

毎正時にオープンになる人形時計も

クリックすると元のサイズで表示します

クリスマス・ヴァージョン。

クリックすると元のサイズで表示します

マリオン、30周年なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

日劇に来たのは、
「ビリー・エリオット 
 ミュージカルライブ 
 /リトル・ダンサー」
を観るため。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、2000年の英国映画「リトル・ダンサー」から生まれた
ミュージカル「ビリー・エリオット」
ロンドンのビクトリア・パレス劇場での
9月28日の舞台を
ヨーロッパで生中継したもの。
時差の関係で
アメリカ、日本、韓国では遅れて公開。

1984年、ストライキに揺れるイギリスの炭鉱の町を舞台に、
偶然目にしたクラシック・バレエに興味を持った11歳の少年ビリーが、
父親に猛反対されながらもバレエを習い、
息子の才能と夢を知った父親がビリーのために一大決心をし、
オーディションに合格するまでを歌とダンスで描くもの。

2005年5月にロンドンで公演がスタートし、
これまで5大陸で上演され、
1千万人以上が観劇している。
韓国では上演されたのに、
日本では未上演なのは、
バレエを踊れる少年の発掘が困難なのと、
子どもの夜間出演を禁じた
労働基準法と児童福祉法の壁があるものと思われる。

演出は映画に引き、スティーヴン・ダルドリー
脚本はリー・ホール
ピーター・ダーリングが振り付けを、
さらにエルトン・ジョンが音楽監督を担当し、
ロンドンでのオリビエ賞
ブロードウェイでのトニー賞10部門をはじめ、
世界の80以上の演劇賞に輝いている。

クリックすると元のサイズで表示します

私がこのミュージカルを初めて観たのは、
開演間もないロンドンで、
2005年9月22日のこと。
「この数年間で最高のミュージカル体験」
と報告している。

ブロードウェイに進出した後、
2009年7月15日、
ニューヨークのインペリアル劇場で、
前から3列目のど真ん中で鑑賞。

その時の感想ブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090730/archive

カミさんと娘に観せてあげたいと思っていたが、
日本ではやる気配なし。
そしたら韓国でやるというので、
3人で出掛け、
2010年9月19日、
ソウルのLGアートセンターで観劇。

娘はニューヨークでも
2011年5月に鑑賞。

そして、私は今年5月のロンドン再訪で
5月24日、ビクトリア・パレス劇場で。

その時の感想ブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140626/archive

つまり、計4回観ている勘定。

↓はロンドン・オリジナル・キャストによるCD。

クリックすると元のサイズで表示します

その舞台をライブ配信されたものを
日本で、しかも字幕付きで観ることが出来るなどとは夢のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

今回も
ダンスのレッスンにかぶせて
警官隊とスト隊が対峙する天才的な振付け、
第1幕の幕切れ、
警官隊の前で踊り狂うビリー、
成人した自分自身と「白鳥の湖」を踊り、
中空に舞うビリー、
オーディションで踊る時の気持ちを聞かれ、
それを踊りで表現するビリーなど、
ハイライトシーンは立ち上がって拍手したいほどだった。
また、ビリーをロンドンに送るために
スト破りを決意して仲間と争う父親の姿は涙を禁じ得なかった。

今回ビリーを演ずるエリオット・ハンナ
歴代ビリーの中でも突出して愛らしい。
それだけでなく、
踊りも演技も確か。

歌の「Solidarity」(団結)では、
"Solidarity. Solidarity. Solidarity forever."
という歌詞が「それなりに、それなりに」
と聞こえてならなかった。

成人した自分自身と踊るシーンでは、
初代ビリーを演じ、
今はバレエ界のスターになっている
リアム・ムーアと踊るおまけも。
カーテンコールでは、
9年間の歴代ビリー27人
勢ぞろいしてタップを踊る。

このミュージカルどれほど愛されているかが分かる。

それにしてもあの映画をミュージカルにしようと思い、
それを素晴らしい脚本と音楽と振付、
それに演出で一級品に仕上げてしまう
ロンドン・ミュージカルの力量に本当に感心した。

「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」は、
TOHOシネマズ日劇で
12月5日〜11日の限定公開。
2000円の均一料金。途中4分間の休憩が入る)
その後、全国で順次公開される予定。
必見。

予告編は↓をクリック。

https://www.youtube.com/watch?v=v-wTy8ascMg&feature=player_embedded

ホームページは、↓をクリック。

http://littledancer-m.com/about.php


その後、夜の銀座

クリックすると元のサイズで表示します

散策し、

クリックすると元のサイズで表示します

このお店に。博多華味鳥

クリックすると元のサイズで表示します

こんな表示が出ていました。
予約しておいてよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、小鉢二品と前菜三種盛り。

クリックすると元のサイズで表示します

華味鳥生ハムと親鳥たたき。

クリックすると元のサイズで表示します

替鉢。

クリックすると元のサイズで表示します

水炊きの鍋が出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず華味鳥のぶつ切り。

クリックすると元のサイズで表示します

つくねと切り身、肝。

クリックすると元のサイズで表示します

つくねは上手る丸くします。

クリックすると元のサイズで表示します

野菜盛りの野菜を

クリックすると元のサイズで表示します

ぐつぐつと。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に雑炊を

クリックすると元のサイズで表示します

玉子でとじます。

クリックすると元のサイズで表示します

デザート。

クリックすると元のサイズで表示します

博多華味鳥については、↓をクリック。

http://www.hanamidori.net/

いいミュージカルを見て、
おいしいご飯を食べて、
満足の12月の夕でした。

夜の銀座はとても素敵。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「ヒカリミチ」というイルミネーションも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



『詐欺の帝王』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「食肉の帝王」を書いた溝口敦によるノンフィクション。
今回は「オレオレ詐欺の帝王」と呼ばれる
本藤彰(仮名)からの取材を通じて
システム詐欺の実態に迫る。

(システム詐欺・・・オレオレ詐欺に代表されるように、
「息子」役や「警官」役や「上司」役などが組んで
システムとして詐欺をはたらくことからの命名。
警察は「特殊詐欺」と呼ぶ)

と言っても本藤自身は
詐欺の現場にいたわけではないので、
詐欺の様々な手口についての解明本を期待すると、
見事に外される。
そのたぐいのことは
他の類書に任せるというわけで、
本藤彰の軌跡を辿る。

本藤の起点は
大学のイベサー(イベント・サークル)。
そこで辣腕を発揮する。
学生を動員してイベントを開催し、
巨額な利益を生み出す過程で
様々なノウハウと人脈を形成する。

本藤が次に手をだしたのが、
ヤミ金融
トイチ(10日に1割の利子)やトサン(10日に3割)、トゴ(10日に5割)で、
金に困った人間を食い物にする。
貸す金は小額。
100万円を借りて10日に10万円の利子を高利と感じる者でも、
10万円を借りて1万円の利子なら返せると思う。
そこにつけこんで、
10日ごとに1万円の利子だけ払わせて、
元金は借りたままにさせる。
100日たてば元金が回収できる。
こうして、小口が集まれば、
1億円は10日ごとに1000万円の利子を生む。
ポイントは借り主に元金を返させないことで、
一度借りた人間は、ずっと骨までしゃぶられるようになる。

最終的に本藤のヤミ金は300店舗を数え、
従業員1300人を抱えるまでに肥大した。
給与月額は新人でヒラの「店員」になると、40万円からスタート。
店員の上が「番頭」で、役回りは店長補佐。
月給は200万〜300万円になる。
「店長」の月給は700万〜800万円。
その上が「統括」といい、
月給1000万円が基本で、
それに統括する店舗数で割り増しがついた。
その上が「総括」で月給が5000万円。
さらに上が「社長」になり、
この月給が1億5000万円〜2億円。
その上が3人からなる側近の「幹部」で、月給2億〜3億円。
その上が本藤本人で、
月収が最低でも2億〜3億円だった。

この「月給」は全部脱税
所得税など支払わない。
ヤミ金そのものが闇なのだから当たり前だ。
そこで、本藤が腐心したのは、
金の流通の痕跡を残さないことだけだった。

カネは処置に困るほど流れ込んできた。
あまりに巨額だったから、
銀行に預けることは不可能だった。
税務署にカネの残高や出所をお伺いされたくないから、
土地も株も債券も買えない。
基本的に遊び以外には使い途がなかった。
それでもカネはうなりをあげてなだれ込んできた。
タンス預金せざるを得なかったが、
とにかく巨額だった。
1億円というとみかん箱一つぐらいのボリュームになる。
それが何十、何百箱と積み重なった。
仕方なく渋谷区東一丁目に
住まいとは別に目立たないマンションを借り、
そこを自分だけのカネ置き部屋にした。
カネ置き部屋は他に
北新宿のマンションと、
渋谷に近い神泉の戸建てにも設けていた。

こんなに入ったカネを何に使ったか。
結局、歌舞伎町での遊びに使うしかなかった。
「悪銭身につかず」
というが、
カネはあってもカネの使い途は知らなかったのである。
時には愛人の誕生日に
東京ディズニーランドを二人で貸し切りにしたこともあるという。
アークヒルズからヘリコプターに乗り、
開園前の1時間を貸し切りにし、
3000万〜4000万円使ったという。

そのころぼくには週に9000万円入っていたから、
4000万円ぐらいはどうってことなかった。

それでいながら、
従業員には、早めに辞めることを勧める。

本藤は従業員がヤミ金を好もうと、
システム詐欺に走ろうと
何も言わなかった。
彼が従業員に勧めていたのは、
「サクッと稼いで、サクッと辞める」だった。
ヤミ金や詐欺は長く続ける商売ではない。
カタギの商売をはじめる目標が立ち、
資本が貯まったら、
「さっさとヤミ金や詐欺から足を洗った方がいい」
が本藤の持論だった。

こういう商売に一度でも手を染めたら、
カタギの商売などできるものではない。
中に「夫婦で弁当屋でも」という者も書かれているが、
弁当一つ売って100円〜200円の儲けという
固い商売など、ばからしくて出来ないだろう。

瞠目したのは、
オレオレ詐欺がヤミ金の中から必然的に生まれて来た、ということだ。

「ぼくが店長の地位を、
今まで以上に上げてやりたいとする。
しかし判断の基準は数字であって、
ぼくが勝手に昇格させるわけにはいかない。
じゃ、その数字って何かといえば、
貸付残高と利息回収率です。
それしかない。
貸付残高が1億円で、
利息回収率が150%、
1億5千万円だとなったら、
誰だっておかしいと思う。
が、そういうことが現実に起きた。
というのは、
店長連中が
貸付金の回収だろうと、
他の名目の振込だろうと、
カネはカネだということで、
カネを貸し付けてもいないところからカネを引っ張った。
オレオレ詐欺です。
オレオレ詐欺による振込金を回収金に紛れ込ませたわけ。
当然、回収率は信じられないくらいに上がった。
ぼくとしては
その者を厚遇するしかないわけです」
要するにオレオレ詐欺は、
回収率アップを原動力として
ヤミ金から自然発生した。
「ヤミ金=システム金融」が
「オレオレ詐欺=システム詐欺」に換骨奪胎されたのだ。

オレオレ詐欺から始まったシステム詐欺は
架空請求詐欺、融資補償金詐欺、還付金等詐欺と
進化発展している。
警察との知恵比べの様相もある。

その中で、
詐欺を働く者の理屈が笑える。

泥棒にも三分の理という言葉がある。
同様に詐欺犯にも詐欺を正当化する理屈がある。
未公開株や社債詐欺なら、
「俺たちは貧乏人からカネを奪い取っているのではない。
持っているカネをさらに増やしたいと願う業突く張りから取っている。
だから俺たちの詐欺は欲深い者たちへの咎めであり、罰だ」
オレオレ詐欺には
この言い訳は成り立たない。
子を思う親心を咎め立てすることは誰もできないからだ。
代わって登場する理屈は、
「年寄りが銀行に預け、
タンス預金しているカネは死に金だ。
社会に循環していないから死蔵であり、
経済的を波及効果がゼロだ。
それをわれわれが引き出し、
キャバクラなどでパッと使えば、
店がうるおい、勤めるホステスやボーイの収入になる。
彼女ら彼らはそのカネで生活をまかない、
欲しいものを買う。
波及効果が出る。
そういう意味では、
われわれが日本経済を回している。
政府に代わって所得の再分配を行っている。
だからオレオレ詐欺は捨てたもんじゃない。
もっとも、こういうことをまともに信じている者は
われわれの中にもいないけどね」
(詐欺グループの元リーダー)

詐欺仲間にはカネを貯め込んだ人間は
一人もいないと野瀬は言う。
手にしたカネはすべて即、
費消して日本経済を回したと主張したいのだろう。

結局、カネを求めても
カネの使い方を知らない。
人を騙して得た金は
身につかない。
そういう意味で、
次に書く一人の元詐欺師の述懐は興味深い。

友だちに大工や不動産屋がいる。
それなりにいい給料を取っている。
歯医者もいる。
月給が60万円だという。
今は「きれいな仕事でそこまで稼げる、凄いな」と率直に思える。
汚い仕事、悪い仕事をして
目が無意識にキョロキョロ動くより、
額の多寡は問題ではなく、
キョロキョロしないで済む仕事が立派なのだと思うという。

これだけマスコミが注意を促しても、
システム詐欺の被害額は増加している。
それだけ巧妙になり、
新手が出現しているのだろう。
いろいろ理屈をつけても
システム詐欺が卑劣な犯罪であることは間違いない。
動機はカネへの妄執だが、
それがどれほど人間性を毀損するか。
「いい死に方をしないぞ」
と言うしかない。

本書で触れた本藤は、
表に出ず、
一度も逮捕されていない。
本当の「巨悪」だが、
数軒の金の隠し場所に積み重ねられたミカン箱、
一生かけても使い切れないほどのカネの山、
つまり、「死に金」の山を見て、
何を思うのだろうか。
このような男は
それなりに人生の楽しんでいくのだろうが、
やはり死後の世界で
地獄が用意されていた方がいいような気がする。

最後に、私自身がターゲットとされた架空請求詐欺を。
携帯電話に何何の課金の分30万円を支払え、
ということで、何とか協会からメールが来た。
振込口座(個人名義)も書いてある。
当時、まだ架空請求詐欺が始まったばかりで知らなかったので、
そこにあった番号に電話した。
真面目そうな青年が出て、
これこれのサイトへのアクセスで料金が発生している、
という説明。
途中で詐欺だと気づいた。
支払わないと言うと、
それでは、勤め先まで伺うという。
「面白い。じゃ、俺の勤め先の住所を言ってみろ」
すると相手の声音が変わり、
こちらを非難し始めた。
こちらも応酬。
「こんなことに騙されるほど
こっちは頭が悪くないんだ。
それより、お前のお母さんは、
お前にこんなことをさせるために育てたんじゃないぞ

前非を悔いて、
他の職業に付け」
そこでガチャンと切られた。
私の言葉は彼の心に届いたのだろうか。



皇居の紅葉  耳より情報

今日は、朝早く家を出て、
皇居の紅葉を観に行きました。

有楽町駅には、
桜田門に回るように、
との掲示が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

皇居。

クリックすると元のサイズで表示します

カモがお堀に浮かびます。

クリックすると元のサイズで表示します

お堀に沿って、
帝国劇場などのビルが並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

日比谷公園の紅葉も

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか見事です。

クリックすると元のサイズで表示します

団体客も訪れます。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、桜田門へ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、外桜田門。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで井伊直弼の暗殺が行われたとは、嘘のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは国会議事堂も見え、

クリックすると元のサイズで表示します

警視庁もあります。
警視庁の別称は、「桜田門」。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

既に行列が。

クリックすると元のサイズで表示します

行列の導線。

クリックすると元のサイズで表示します

きっと土曜日曜には、
これが一杯になるのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

導線に沿って進みます。

クリックすると元のサイズで表示します

おお、これは、

クリックすると元のサイズで表示します

二重橋

クリックすると元のサイズで表示します

ここからはビル群がこんな風に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

外で並ぶ人のためのトイレ。

クリックすると元のサイズで表示します

手荷物検査のための告知。

クリックすると元のサイズで表示します

手荷物のない人はスルー。

クリックすると元のサイズで表示します

この手荷物検査が簡単すぎて拍子抜け。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、一種の抑止力なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

接触検査もあります。
男性は男性警官、女性は女性警官で。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、坂下門へ向かって行列。

クリックすると元のサイズで表示します

今回公開されるのは、
この坂下門から皇居北側の乾門(いぬいもん)を結ぶ
「乾通り」と呼ばれる、
およそ600メートル。

クリックすると元のサイズで表示します

天皇陛下の傘寿を記念して、
今年の春に桜を公開したのに続いて
紅葉が美しい今の時期に行うことにしたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

公開は12月3日から7日までの5日間
初日の昨日1日で5万7000人余りが訪れたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

皇居に入れるなどめったに出来ない経験ですから
沢山の人が訪れますが、
それだけに警備は厳重。

クリックすると元のサイズで表示します

団体さんは、
紅葉の時期と合致させるのが大変だったでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが坂下門。

クリックすると元のサイズで表示します

皇居の中に

クリックすると元のサイズで表示します

入りました!

クリックすると元のサイズで表示します

後から続々と入って来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉が迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

宮殿

クリックすると元のサイズで表示します

宮内庁

クリックすると元のサイズで表示します

向こうに見えるのは、富士見櫓

クリックすると元のサイズで表示します

色とりどりの

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉があります。

クリックすると元のサイズで表示します

「乾通り」の両脇には、

クリックすると元のサイズで表示します

2種類のもみじが

クリックすると元のサイズで表示します

合わせて60本近く

クリックすると元のサイズで表示します

植えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

蓮池参集所

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「立ち止まっての撮影は、
後から来る方の妨げになります。
一枚撮ったら前に進みましょう」
と野暮なアナウンス。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

蓮池濠

クリックすると元のサイズで表示します

局門

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

富士見多聞

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道灌濠

クリックすると元のサイズで表示します

太田道灌は江戸城の築城者。

クリックすると元のサイズで表示します

次の「山吹伝説」が有名です。

道灌が越生の地に来た時のこと。
突然のにわか雨に遭い
農家に立ち寄り、蓑を借りようと所望した。
すると、娘が出てきて
一輪の山吹の花を差し出した。
道灌は、蓑を借りようとしたのに花を出され内心腹立たしく、
後でこの話を家臣にしたところ、
それは後拾遺和歌集の
「七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき」
の兼明親王の歌に掛けて、
山間(やまあい)の茅葺きの家であり
貧しく蓑(実の)ひとつ持ち合わせがないことを
奥ゆかしく答えたのだと教わった。
古歌を知らなかった事を恥じて、
それ以後道灌は歌道に励み、
歌人としても名高くなったという。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここで乾門と東御苑へとの別れ道。

クリックすると元のサイズで表示します

この橋を渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します

橋の名前。

クリックすると元のサイズで表示します

橋からの眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

行列。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは乾門への行列。

クリックすると元のサイズで表示します

東御苑へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

東御苑へは、普段も入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

これは天守台

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天守閣のあった所です。

クリックすると元のサイズで表示します

1657年に火事で焼失。

クリックすると元のサイズで表示します

ついに再建されることなく終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

インカ帝国の石組みを思わされます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上から見た東御苑。

クリックすると元のサイズで表示します

桃華楽堂
香淳皇后の還暦を記念して建てられた音楽堂。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大番所

クリックすると元のサイズで表示します

番所とは、警備の詰所のことで、
大番所は位の高い与力・同心によって警備されました。

百人番所

クリックすると元のサイズで表示します

鉄砲百人組と呼ばれた4つの組が昼夜交代で詰めていました。

大手門は信号の変化を待って規制されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが大手門

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは別世界です。

クリックすると元のサイズで表示します

行列の最後尾に10時頃並んで、
坂下門に入るまで約30分。
皇居内の滞在時間は1時間半ほどでした。

繰り返しますが、公開は7日まで
10時から2時半まで坂下門から入場です。




タクシー業界の隠語  耳より情報

以前、テレビドラマで、
こんな場面を見たことがあります。

タクシーの中。
無線で、連絡が入る。
「お客様が忘れ物をされました。
かなり大きな忘れ物です。
落とした方は、茶色のジャケットの男性の方。
野球帽をかぶっています。
お気づきの方はご連絡下さい」
すると、運転手がマイクを持って、
「了解。心当たりがあります」
と連絡。
運転手がマイクを切ると、
後部座席の客が乗りだして来て、
ナイフを運転手の首筋に当てる。
「おい、今の無線、
忘れ物とは、強盗事件発生、の警告だろう。
大きな忘れ物とは、
かなり危険な強盗ということだ。
あんたがした返事は、
今、その客が乗っている、という意味だろう」
見ると、その客は
茶色のジャケットに野球帽をかぶっている・・・

こんなタクシー間の符牒をドラマで明かしてしまっていいのか、
と思いました。

こういう通告のような危険を伴うものではなく、
タクシーに乗った時、
運転手さんが不思議なフレーズを
無線で話すのを聞いたことのある方はいるはず。
それがタクシー業界の隠語です。
「タクシーに乗るとき知っていると楽しい業界の隠語20選」
というのが載っていましたので、
以下、多少の編集を加えて掲載します。

@青タン

深夜の割増時間帯のこと。
深夜時間帯とは23時から5時までの間を指します。
この言葉は主に関東圏で使われています。
ちなみに「赤タン」という表現はありません。

A工事中

警察取り締まり中のことをいいます。
同じ意味で「赤信号」という言葉もあります。
同僚と会ったときに
「3丁目の交差点、工事中だよ」
と教え合ったりしています。
実際の道路工事は「本工事」といい、
飲酒取締りは「マル酔工事」といいます。

Bいらっしゃい

チップのこと。
「いつでも大歓迎!」という意味が込められています。

Cろく

これもチップのこと。
主に関西圏で使われる用語です。
余分の利益のことを指す「余禄」が略されて
「ろく」と呼ばれるようになりました。

Dお化け

長距離客のことを「お化け」といいます。
びっくりするほど嬉しい気持ちから
この表現が使われるようになりました。
使用例:「最後の客がお化けでさ〜」

E空転(くうてん)

メーター作業後に営業が成立しなかった状態を指します。
営業所や無線センターに連絡し、
了解されれば自腹を回避することができます。

F三桁

料金が1,000円以下の短距離の仕事のこと。
使用例:「今日は三桁ばっかで、どうにもらんわ」

Gタリフ

タクシーの運賃表または運賃のことをいいます。
関税のTariffから転用されました。

H大日本帝国

和自動車
本交通
都自動車
際自動車
の大手4社の総称。
頭文字を取ったものてす。
をいいます。
「四社」という言葉も同じ意味で使われます。

Iチャンガラ

会社の中で1番古い車やポンコツ車のことをいいます。
使用例:「うわ、今日はチャンガラしか残ってないのかよ...ついてねえな...」

J伝票

タクシーチケットのこと。
長距離の仕事のことを指す場合もあります。

Kてんぷら

タクシーの車内に定員である4人が乗り込み、
その4人が乗っても1,000円以内で着いてしまう場所に行くことをいいます。
「てんぷら」が効率がいいと考える乗務員と
効率が悪いと考える乗務員がおり、
その賛否が業界内でも分かれています。

Lどようなみ

暴走族のこと。
暴走族は土曜日に多いと考えられていることから
この名称が付けられました。
使用例:「平日だってのにどようなみが多いこった...」

M流れ弾

長距離客が狙える確率の高いタクシー乗り場などで
近距離のお客にあたることをいいます。
使用例:「やれやれ流れ弾に当たっちまったぜ」

N20(にじゅう)

暴力団のお客さんのこと。
語源は「ヤクザ→893→8+9+3=20」から来ています。

Oネギ

お客さんからの苦情のことをいいます。
京都の九条ネギにかけて作られた言葉です。
九条→苦情
使用例:「やっかいなネギが来ちまったよ...」

P

女性のお客さんのこと。
女性客は近距離が多いので
一部のドライバーにはあまり好かれません。

Q水揚げ

売上のことをいいます。
漁獲高から派生して作られました。
使用例:「今日の水揚げはどうだい?」

Rメリット

乗務員の緊急または非常事態の暗号のこと。
交通事故や一人で解決できないトラブルなどが起きた時に使います。
他の車両にヘルプを求める場合にも用いられます。

Sワカメ

酔っ払っている客のことをいいます。
酔客はゆらゆらと動いているので
その状態を揶揄して「ワカメ」と呼ぶようになりました。
使用例:「週末はワカメが多くて嫌になるぜ」

それぞれの業界内部でだけ通じる符牒。
それを知ると、
タクシーに乗る楽しみも増すようで・・・






AutoPage最新お知らせ