『友よ、さらばと言おう』  映画関係

今日は、↓渋谷

クリックすると元のサイズで表示します

新宿で、

クリックすると元のサイズで表示します

映画を3本
分刻みのスケジュールで回りました。
特に、宮益坂から文化村への移動は
猶予時間が10分しかなく、
ハンカチがぐっしょり濡れました。

「上京」のたびに映画をまとめて観るのは、
交通費が高いからで、
渋谷までは片道402円、
新宿までは片道497円かかります。
新宿など往復994円で、
へたすれば、映画代1100円と同じくらいになるわけで、
これは不合理。
そこで、出掛けた時は
観たい映画のスケジュールを調べて
まとめて観ることになります。

まあ、ニューヨークやロンドンに出掛けて
ミュージカルや映画をまとめて観るのと
発想は同じですが、
金額が小さいだけに
みみっちく聞こえたらスミマセン。

それでは、今日観た3本のうち、1本を紹介。

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

南仏トゥーロン警察の優秀な刑事のシモンとフランクは
長年コンビを組んできたが、
シモンが車で3名の命を奪う人身事故を起こしてしまい服役。
6年後、出所したシモンは妻と離婚し、
すさんだ生活をしており、
向かいの家の家族団欒を盗み見て
かつての幸福な時代を思い出すような毎日だった。
息子とは週1回だけ面会することが許されていたが、
息子も父親との間に距離を起き始めていた。
そんな時、母親の恋人に連れて行かれた闘牛場で
息子がマフィアの殺人現場を目撃してしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

証人を消せとばかりに狙われる息子の命を守るために
シモンは元相棒フランクの協力を得て
強大なマフィアの組織に立ち向かう・・・。

一気呵成とはこのことか、
とばかりに90分の上映時間内に
物語がスピーディーに展開する。
しかし、父子の情愛、夫婦の愛情、
そして昔の相棒との友情が
過不足なく描かれており、
単なるアクションだけではない。
フランスの犯罪映画独特の暗さ哀愁もただよう。

さすが、「すべては彼女のために」を作った
フレッド・カヴァイエ監督。

追われる息子を救うために
殺し屋と格闘して息子を守るフランクの姿に
息子が尊敬と感謝の目を向けるところなど
気持ちの変化にも目を配る。

クリックすると元のサイズで表示します

マフィアの会合の場に乗り込む二人を迎えての
銃撃戦も迫力満点。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、息子と元妻を逃がすために乗せた
マルセイユからパリへのTGV
(フランス国鉄の高速鉄道)
上でのアクションが圧巻。
マフィアが乗ったことを知ったフランクが
車でTGVを追いかける。
追うマフィア。逃げる母子。

クリックすると元のサイズで表示します

黒沢明は「天国と地獄」で特急列車を1台まるごと借り切っての撮影をしたが、
TGVは撮影に協力したのだろうか?
「新幹線大爆破」の時は、
新幹線の撮影許可を得られず、
セットで車両を作ったが、
緊急停車したTGVや
その後の展開を考えると
TGVが撮影許可したとは思えない。

クリックすると元のサイズで表示します

では、どうやって撮影したのか?
などと興味津々のアクション。

警察を退職したシモンになぜ現職刑事のフランクが協力するか。
そこに一つの秘密が隠されているのだが、
そのヒントとなるシーンが前に出て来たことに最後になって気付く。
原題の「MEA CULPA」は、
「私の過失」とか「罪は私にあります」というような意味らしい。

二人の刑事を演ずるヴァンサン・ランドン
ジル・ルルーシュが二人とも素晴らしい。
やはりこういう映画は
登場人物に感情移入できるかがポイントで
「男」を感じさせる演技に惚れる
フランスにも「男」を演ずる俳優が沢山いる。

クリックすると元のサイズで表示します

ラスト、幸福だった時代の二人の友情あふれる姿に
涙を誘う。

5段階評価の「4」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=QbwY3MjXZf4&feature=player_embedded

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ