慰安婦問題に対する朝日新聞の弁明  政治関係

朝日新聞は5日付朝刊1面と
16〜17面で慰安婦問題の特集を組んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

1面記事では
「私たちは元慰安婦の証言や数少ない資料をもとに記事を書き続けました。
そうして報じた記事の一部に、
事実関係の誤りがあったことが分かりました。
問題の全体像がわからない段階で起きた誤りですが、
裏付け取材が不十分だった点は反省します」
と書き、
これまでの慰安婦報道での誤報を一部認めた。

クリックすると元のサイズで表示します

16〜17面では、
5項目をあげて検証。

クリックすると元のサイズで表示します

具体的には、
朝日新聞が16回も取り上げた
自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、
吉田清治氏の「慰安婦を強制連行した」との証言については
「虚偽だと判断し、記事を取り消します」
とした。

また、戦時下に労働力として女性を動員した
「女子勤労挺身(ていしん)隊」と
慰安婦とを誤って混同した記事が複数あったことに関しては、
「当時は、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、
記者が参考にした資料などにも
慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから、
誤用しました」
と間違いを認めた。

一方、元韓国人慰安婦、金学順氏の証言記事で、
「『女子挺身隊』の名で戦場に連行」などと
実際の金氏の経験と異なる内容を書き、
慰安婦問題に火をつけた植村隆記者(今年3月退社)に関しては擁護した。
担当記者の義母は韓国人で、
元慰安婦が所属した遺族会の幹部を務めていた。
これに対し、義母との関係を利用したとの批判があり、
この元慰安婦が宴席での芸事を学ぶ
「キーセン学校」に通っていた事実
(つまり、軍による強制ではない点)も後に判明した。
しかし、記者は義母からの情報提供はなかったとし、
「義母らを利する目的で報道をしたことはない」と説明しているという。
「キーセン学校」の件に関しても、
同紙は元慰安婦を紹介する記事で触れなかったことを認めたものの、
この点については
「記事には、意図的な事実のねじ曲げなどはありません」と説明した。

記事全体は、
「読者の疑問に答えます」という体裁を取っているが、
これは、1面記事にあるように、
「一部の論壇やネット上には、
『慰安婦問題は朝日新聞の捏造だ』
といういわれなき批判が起きています。
しかも、元慰安婦の記事を書いた
元朝日新聞記者が名指しで中傷される事態になっています。
読者の皆様からは
『本当か』『なぜ反論しない』
と問い合わせが寄せられるようになりました」
とし、
「読者への説明責任を果たすことが、
未来に向けた新たな議論を始める一歩となる
と考えるからです」
と特集掲載の意図を伝えている。

そのためか、
各項目の終わりには
「読者のみなさまへ」の欄が設けられ、
↓のように

クリックすると元のサイズで表示します

のようにまとめている。
しかし、誤報であったことを32年ぶりに認めたのに対しての
反省と謝罪はない。

反省らしきものは、
第1面の記事中での
↓この記述だけだ。

クリックすると元のサイズで表示します

「裏付け取材が不十分だった」
というのは、重大な過誤だと思うが、
謝罪には至らない。


この記事を巡って、
自民党の石破茂幹事長は、次のように述べている。

私どもとして
この記事は非常な驚きをもって受け止めている。
今まで、有力紙たる朝日新聞が吉田さんの証言に基づき
慰安婦問題を世論に喚起し、
それが国際的な問題となってきました。
それを取り消すということになれば、
今までの報道は一体何であったのかということだ。
どうしてこうなったのかということについて
紙面で述べておられますが、
これだけ大きな問題になっている。
我が国がそういうことをする国家だということで
国民も非常に苦しみ、
国際的な問題ともなっている。
なぜ十分な裏づけが取れない記事を
今日までずっと正しいものとしてやってこられたのか。
(中略)
しかし、これだけ多くの日本だけではない人々が
この報道を前提にいろんな議論をし、
怒りや悲しみや苦しみが生じている。
なぜこういう経緯になったかは、
取り消された報道に基づいて生じた関係悪化や怒り、
悲しみを氷解させるのに必要なら、
それは議会がその責任を果たすことはありうることだ。

朝日新聞は、翌6日にも
「下」として、「日韓関係なぜこじれたか」を特集している。

クリックすると元のサイズで表示します

メディアの方と付き合った経験で言えば、
メディアの方は掲載された記事、
放送された内容に対しては
決して非を認めない。
そういう意味で、
今回の朝日新聞の検証と
記事の取り消しは珍しい例だ。
潔い態度なのか。
それとも、
よほど「読者」から追いつめられたからなのか。

だが、すでに書いたとおり、
「反省」はあっても「謝罪」はない。
あれほど「反省と謝罪」を迫る国の代弁をしていながら。
32年にわたって間違った記事を訂正しないで来た罪は
大変重いと思うが、
一片の「謝罪」の言葉もなく、
「研究が進んでいなかった」
「問題の全体像がわからない段階で起きた誤りです」
と弁解する。
そして、問題をすり替える。

つまり、メディアの体質として変わっていない。
「反省? しかたがない、しますよ。
でも、謝罪はしません」。

つまり、まずかった、と思っても、
悪かったとは思っていないということだ。
何たる傲慢。何たる不遜
このような「人の道」に反することをしている会社には
やがて鉄槌が下されるだろう。
今回の弁明で
朝日新聞は益々墓穴を掘ったと感ずる。

ところで、
朝日の主張を、
韓国メディアは好意的に報道した。

夕刊紙、文化日報は、
朝日新聞1面に掲載された杉浦信之編集担当の記事内容を主に伝え、
2面にわたる特集記事の内容を紹介した。
吉田清治氏による「済州島で連行」証言を
朝日が虚偽と判断し記事を取り消したことも報じた。
しかし、「尊厳を蹂躙された慰安婦(問題)の本質を直視しよう」
「性の相手を強要、消せない事実」
などとの見出を掲載。
慰安婦問題についての論調に
基本的な変化がみられない朝日新聞の報道に同調し、
好意的に報じているという。

旭日旗に似た朝日新聞社旗については
いちゃもんをつけないのと同様、
韓国メディアと朝日新聞、
どこかで繋がっているようにしか思えない。






AutoPage最新お知らせ