ソウル1日目『ドラキュラ』  旅行関係

今回のソウルは、便利な羽田から。
当然到着地は金浦空港

クリックすると元のサイズで表示します

航空会社はアシアナ航空

クリックすると元のサイズで表示します

パーソナルテレビはオンデマンド。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、飛行時間2時間弱では映画1本も観ることは出来ません。
機内食もわりと美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

金浦空港からソウル駅までは
空港鉄道20分
料金は現金で1350ウォン(135円)、
カードなら1250ウォン(125円)。
安い。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからが長い。
いくつもいくつもエスカレーターを乗り継ぎ、
ソウル駅のコンコースを通り、
地下鉄の通路を経て、
7番出口へ。
15分〜20分かかります。
しかも、この7番出口はホームレスのたまり場。
何ともいえない異臭がします。
そういえば、
東京駅にいたホームレス、
最近は見なくなりましたね。

ホテルはここ、
娘のおススメのホテル・マヌ

クリックすると元のサイズで表示します

わりと高級な方。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビー。

クリックすると元のサイズで表示します

室内。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレはウォッシュレット。

クリックすると元のサイズで表示します

WiFiも無料。
最近、宿泊ホテルのランクが下がっていましたが、
久し振りに良いホテルに泊まると、
やはり、いいな、と思います。

廊下の窓から見た光景。
東京駅によく似たソウル駅が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側のビル。
温泉マークは共通?

クリックすると元のサイズで表示します

ここのホテルは南大門市場が近く、

クリックすると元のサイズで表示します

明洞(ミョンドン)までも徒歩圏内。

クリックすると元のサイズで表示します

明洞のいつもの両替屋で両替した後、
地下鉄で移動。

クリックすると元のサイズで表示します

観劇前の腹ごしらえは、このうなぎ屋で。

クリックすると元のサイズで表示します

店内。

クリックすると元のサイズで表示します

炭火が出て、

クリックすると元のサイズで表示します

韓国式のうなぎは、このように焼きます。

クリックすると元のサイズで表示します

一度ひっくり返し、

クリックすると元のサイズで表示します

もう一度ひっくり返す。いい色が付いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

再度ひっくり返して、

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、ハサミが登場。

クリックすると元のサイズで表示します

切りながら縦に置いていくのがミソ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じになって、

クリックすると元のサイズで表示します

もう一度ひっくり返す。

クリックすると元のサイズで表示します

葉っぱにくるんで食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

これが韓国風のうなぎの食べ方。
蒲焼ではありません。

食べてから値段を見てびっくり。
1匹42000ウォン。(4200円)

クリックすると元のサイズで表示します

白飯も入れて、計89000ウォン。(8900円)
韓国でもうなぎは高い。

今日の観劇は、
ここ国立芸術の殿堂の中のオペラ劇場

クリックすると元のサイズで表示します

演しものは、ブロードウェイ・ミュージカル「ドラキュラ」

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーには出演者の写真が掲示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影コーナーには長蛇の列。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、ダブル・キャストのキム・ジュンスの出演日。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル「ドラキュラ」は、
ブラム・ストーカーの怪奇小説を舞台化したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

作曲は、「ジキルとハイド」の
フランク・ワイルドホーン

クリックすると元のサイズで表示します

初演は2001年のサン・ディエゴで、
2004年にブロードウェイに進出。
ブロードウェイでは成功したとは言い難く、
その後、2007年にはオーストリアで上演。
2010年カナダでの上演を経て、
2011年東京と大阪で上演。
2013年には東京で再演されています。

クリックすると元のサイズで表示します

フランク・ワイルドホーンという作曲家は、
「ジキルとハイド」以外はブロードウェイでの受けが悪く、
「アリス・イン・ワンダーランド」
「ボニーとクライド」と短期打ち止めが続いていますが、
日本と韓国での受けはいい。
ジュンス主演2作目の「天国の涙」など、
韓国だけでの上演でした。
多分彼の持っている
哀調を帯びた旋律が
アメリカの観客には受け入れられないのだと思います。
それと内容の暗さですが、
これは、翌日観る「二都物語」と関連して述べることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

で、この韓国公演。

クリックすると元のサイズで表示します

相当力が入っており、
広い舞台一杯に作った装置が見事。
太い柱のようなものが
変幻自在の動きをして舞台に変化を付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

照明も壁に映るドラキュラの白い影などが効果的。

クリックすると元のサイズで表示します

音楽は素晴らしい。
合唱的要素が少ないのが物足りないですが、
歌手は、とにかくすごい歌唱力

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル5作目のジュンスは、
熱演ですが、
やや力が入りすぎの感があります。
この役には少々年齢が足りないかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

プレビューの初日は、
ワイルドホーンさんが観ていたそうで、
大変満足したようです。
それはそうでしょう。
これだけの舞台にしてくれたんですから。

↓はカーテンコール。

クリックすると元のサイズで表示します

みんながカメラを構えるので、
「そうか、カーテンコールは写真OKなんだ」
と勝手に解釈して、撮影。

この時、ジュンスは、
その前の場面で入った柩の中から登場します。
横になった柩が、ぐーんと持ち上がって、中から登場すると拍手喝采。
ということは、
他の出演者のカーテンコールの間、
柩の中でジュンスは自分の出番を待っていたことになります。

↓はカーテンコールの動画。

http://www.youtube.com/watch?v=ZGWkChHdKho&feature=player_embedded

閉幕後、ロビーでジュンスのパパ、ママと談笑
親子三人で観に来る人は少ないらしく、
「ワカコさんのお父さんとお母さんが
ジュンスファンで一番です」
と言ってくれたそうです。
(娘が通訳)

劇場からホテルへはタクシーを利用。
日本なら2,3千円取られるところを
1万ウォン(千円)足らず。
本当にソウルは地下鉄とタクシーが安い。





AutoPage最新お知らせ