『マレフィセント』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニー唯一の70ミリ映画「眠れる森の美女」を実写版リメイク。
ただし、オーロラ姫に呪いをかける
妖精マレフィセントの側から描くのがミソ。

maleficentとは、
「有害な、犯罪的な、悪事を犯す」
などの意味。
まさに悪役の命名だが、
この映画では、
悪と善が交錯し、
オリジナルをひねりにひねってみせる。

初め3分の1は、
マレフィセントの存在証明。
平和な妖精の国で育った
若く美しく心清らかなマレフィセントが、
どうして石のような心を持つようになり、
生まれたばかりの王女オーロラに呪いをかけるに至ったか。

クリックすると元のサイズで表示します

次の3分の1は、
役立たずの妖精3人に育てられたオーロラ姫を
見守るマレフィセント。
おやおや、そういう方向に話が展開するのかい、と瞠目。
自分のかけた呪いを晴らそうとして
晴らせないマレフィセントの苦悩が興味深い。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最後の3分の1が、
16歳の誕生日を迎える前に
糸車の針に刺されて
眠りについてしまったオーロラ姫の救出劇。

クリックすると元のサイズで表示します

隣国の王子も登場し、
原作通りの展開になるかと思いきゃ、
ここでも再びひねり技が物語を変えていく。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄に弱いというマレフィセントの弱点を使った
捕縛道具が面白い。

というわけで、オリジナルアニメを尊重する方には、
とんでもない改変だ、となるが、
以前、「47Ronin」の批評で
「赤穂浪士のパラレルワールドでの話と思えば腹も立たない」
と述べたとおり、
これも「眠れる森の美女」のパラレル・ワールドと思えば受け入れられる。
というより、
オリジナルをぐるりと回転させる
本作は別な意味で面白い。
呪いを解く「真実の愛のキス」も
なるほどそういう別解釈かと納得する。

全編CGのオンパレードだが、
もうこういう映画は
それを楽しむ、という視点が必要。
その点で、CGの造型力は見事。

荒唐無稽な話だが、
それを納得させるのが
アンジェリーナ・ジョリーの魅力
眼差し一つ、表情の変化一つで
マレフィセントの気持ちを表してしまう、
さすがの演技力
羽根をつけてすっくと立つ姿がたまらなくカッコいい。

クリックすると元のサイズで表示します

5段階評価の「3.5」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=GTu5piG9Leg


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ