ソウルに飛びます  旅行関係

本日から2泊3日でソウルに飛びます
家族と一緒ですが、
娘だけは1泊多く滞在。
夫婦で2泊が限度なのは、
ネコがいるため。
たっぷりのエサと水を用意して出掛けますが、
暑いので少々心配。

目的は
キム・ジュンス主演のミュージカル「ドラキュラ」を観るため。

クリックすると元のサイズで表示します

娘が1泊多いのは、
私たち夫婦が帰国するその日の
昼夜公演を観るためです。

土曜日には、
もう一つミュージカル「二都物語」も観ます。

クリックすると元のサイズで表示します

あいてる時間は街を散策し、
何かおいしいものを食べます。

おそらく最後の家族旅行。
行ってまいります。



『孤獨の人』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

この作品が発表されたのは、昭和31年の春。
学習院で学ばれた皇太子(現天皇)を取り巻く人間模様を描く。

ちなみに、
皇太子は先帝(昭和天皇)とは大きく違う少年時代を過ごした。
先帝は初等科から数名の学友と共に
東宮御学問所で学ばれたが、
GHQが東宮御学問所の設立を許可しなかったことから
皇太子は学習院で初等科から中等科、高等科へと進む。
この物語は、
学習院高等科ですごす皇太子の姿を
級友の視点で描いている。
小説の中に皇太子が登場するなど珍しいことで、
この前後の例を知らない。

級友たちは元華族や政府高官の息子たちで占められ、
その中で皇太子の歓心を買おうという動きが働く。
その学生たち相互の葛藤と共に、
「ご学友」を売り物にする親戚たちとの葛藤も描かれるが、
どちらかというと、その部分の描写は古い。
登場人物の一人吉彦とその叔母との恋愛模様や
吉彦の父親との相剋など、
今読んだら恥ずかしくなるようなものだ。
学生同士の観念的な会話も鼻につく。

ただ、皇太子が登場する場面は異彩を放つ。
学友と共に寮を抜け出し、
電車に乗って、銀座でカフェに入るシーン。
東北地方に修学旅行に出掛けた皇太子と学友たちを
仙台市民が歓呼の声が迎えるシーン。
皇太子18歳の誕生パーティーで
皇太子を巡る学友たちの確執。
おそらく、事実に基づいて描かれたと思われ、
臨場感がある。

こうしたシーンは
興味もあって未知のものに触れる新鮮さがある。

古臭い小説だが、
かつてない人物に焦点を当てた点で特筆される小説だろう。
あの時代にこのような小説が登場したことの驚き。
かえって今の方が
描きづらくなっているのは、何故だろう。


高校野球千葉大会準々決勝  わが町・浦安

今日は、夏恒例の自転車サイクリングで東へ。

↓は、浦安を出る橋。

クリックすると元のサイズで表示します

このコースのことは、
このブログでも何度か掲載しているので、
以下の写真は省略。
気になる方は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20080913/archive

幕張に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地はここ、QVCマリン・フィールド

クリックすると元のサイズで表示します

千葉ロッテの本拠地、
千葉マリンスタジアムのことです。
名前が違うのは、
施設命名権をQVCに売り渡したため。

クリックすると元のサイズで表示します

QVCは、
24時間テレビショッピングを放送する専門チャンネル。
名称の由来は quality(品質)、value(価値)、convenience(便利)の頭文字。
アメリカ合衆国で1986年に開局。
アメリカ以外には日本、イギリス、ドイツ、イタリアでも放送しています。

施設命名権の契約金額は
年額2億7500万円の10年間契約で
総額27億5000万円と、
日本のプロ野球本拠地球場の施設命名権としては
過去最長の契約期間となっています。

新名称は
2011年3月1日から採用されましたが、
千葉県の条例上の施設名称や
スタジアムを運営する第三セクターの商号などは
「千葉マリンスタジアム」のまま。

で、なぜ今日、ここに来たかというと、
高校野球の千葉大会の準々決勝に
わが町の東海大浦安高校が出るので、応援するため。

クリックすると元のサイズで表示します

東海大浦安高校は2000年の甲子園で決勝まで進み、
智弁和歌山高校に敗れています。
この時、準決勝の試合には、
関西まで応援に出掛けました。

というわけで、
準決勝まで進んだ地元の高校を応援に自転車でかけつけたわけ。

ところで、↓は主催者朝日新聞社旗

クリックすると元のサイズで表示します

最近放射状の模様を何でも旭日旗につなげて取り沙汰する韓国も
この朝日新聞の社旗にだけは沈黙するのは何故でしょう。

600円でチケットを購入。

クリックすると元のサイズで表示します

「入場券」とは言わず、
「入場整理券」と称します。

クリックすると元のサイズで表示します

東海大浦安高校は後攻の一塁側。

クリックすると元のサイズで表示します

プロが使う球場で試合が出来るのは、

クリックすると元のサイズで表示します

球児たちの喜びでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

試合開始前に腹ごしらえ。

クリックすると元のサイズで表示します

あまりうまくないものなのに、
こうやって食べると
ごくウマなのは何故でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

円陣を組みます。

クリックすると元のサイズで表示します

気合を入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

整列。

クリックすると元のサイズで表示します

試合開始。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ひるがえる日の丸と旭日旗(?)。

クリックすると元のサイズで表示します

自由席なので、
いろいろなところに行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

めったに入れないネット裏でも観戦。

クリックすると元のサイズで表示します

ビール売りの少女。

クリックすると元のサイズで表示します

テレビでも中継しています。

クリックすると元のサイズで表示します

会場の外でテレビを観る職員。

クリックすると元のサイズで表示します

何故?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

言われなくても・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何故?

クリックすると元のサイズで表示します

途中でかき氷も食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

応援もすがすがしい。

クリックすると元のサイズで表示します

選手の名前?

クリックすると元のサイズで表示します

ブラスバンドは、
「あまちゃん」のテーマや
「サウスポー」など。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先生たちも応援。

クリックすると元のサイズで表示します

相手は流通経済大学付属柏高等学校

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

高校のホームページ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は1年生が応援の担当、と書いてあります。
勝ち進んだ場合は、
準決勝は2年生全員応援、
決勝戦は全校応援、と計画。

でも、結果は、
終始リードした東海大浦安が勝ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

整列、挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

勝った浦安高校の校歌と校旗掲揚。

クリックすると元のサイズで表示します

応援団に感謝のおじぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、応援団同士のエール交換などあり、
ちょっとうるうるしてしまいました。

学校関係者らしき人が
ゴミを集めて回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり日に焼けてしまいました。

帰りはららぽーとに寄って、

クリックすると元のサイズで表示します

1本映画を観て、

クリックすると元のサイズで表示します

夕焼けの光の中を帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝10時半に家を出て、
帰宅は7時半。
9時間もいろいろ楽しんでしまいました。

東海大浦安は25日に準決勝
26日に決勝で、
勝てば甲子園に行けるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、わけあって、応援には行けません。
残念。



立ち食いステーキと映画サークル  身辺雑記

東京証券取引所では、
本日から
一部の銘柄で、
株価の単位が変わり、
これまで「1円」刻みだったのが、
最小で「10銭」刻みで取引ができるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

高額の銘柄は50銭単位。

クリックすると元のサイズで表示します

例えば、199円、200円、201円と
1円単位でしか出せなかった株の売買注文が、
一部では、
199円90銭や
200円10銭といった
細かい値でできるようになり、
投資家の利便性向上が期待されるといいます。

まあ、何百万株とか
大きな取引をしている人は関係あるでしょうが、
千株単位の人では
千株で10銭は100円ですからね。
私のような個人投資家には
あまり影響はありません。


さて、今日は、午後から銀座へ。

クリックすると元のサイズで表示します

マリオンには「ゴジラ」の大看板が。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は今話題の立ち食いステーキ屋に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

銀座には2店あって、
ここは6丁目店。

クリックすると元のサイズで表示します

過去2回、行列だったので断念しましたが、
今日はランチ終了近くだったので、
行列はありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

店内はご覧のとおり、立ち食い形式。

クリックすると元のサイズで表示します

奥ではせっせと肉を焼いています。

クリックすると元のサイズで表示します

肉は1グラムいくらで値段が付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、お得なランチにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

これが実物。

クリックすると元のサイズで表示します

スープとサラダ、ライスがついて1050円(税込み1134円)は、安い。
肉は300グラムあって、
食べても食べても減りません。
やや固いので、あごが疲れます。

クリックすると元のサイズで表示します

食後の満腹感は、並ではありません。

食べたグラム数がマイレージも加算。

クリックすると元のサイズで表示します

「いきなりステーキ」のホームページは、↓をクリック。

http://www.pepper-fs.co.jp/IkinariSTEAK/

食事後、映画を1本観て、
その後、映画鑑賞サークルCCS(シネマ・サークル・スコープ)の
月例会へ。

近況では、ワールドカップの話が話題に。
テーマ作品は、
「グリーンジャスミン」
「WOOD JOB 〜神去なあなあ日常〜」
「チョコレートドーナツ」
「ぼくたちの家族」
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
などで、感想を述べ合いました。
「ぼくたちの家族」は未見でしたが、
話を聞いて、観たくなりました。

出席者が時々旅行のおみやげのお菓子などを持ち込みますが、
今日は↓の差し入れがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

暑くて体力を消耗しがちなので、
ありがたい差し入れでした。


『怪しい彼女』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します             

74歳のマルスンは、
女手一つで苦労して息子を育て、
国立大学の教授にしたことが自慢。
しかし、今は頑固な年寄りで、
バイト先のカフェで
客と取っ組み合いのケンカをし、
家では嫁に強く当たって精神障害に追い込むほど。
持て余した家族により施設に送られそうになり、
落ち込んでいる。
そんな時、
目の前に現れた「青春写真館」で写真を撮ると、
20歳の頃の自分に戻ってしまう。

こうして中身は70歳の意地悪ばあさん、
外見は若い女性の生活が始まるが、
その言動は老人時代の罵詈雑言のまま。
憧れていたオードリー・ヘプバーンの名前をもじって
オ・ドゥリと名乗り、
孫のバンドに加わって、
アイドル歌手になり、
若い頃にできなかった夢を果たし、
プロデューサーのイケメンと恋に落ちそうになる。

というわけで、
よくある「入れ替わりファンタジー」の一つ。
誰でも
「あの時に戻りたい。
ただし、今の経験を持って」
という願望はあるものだが、
その願望が叶えられると、こうなる、
という話で身につまされる。

描き方はかなりベタで
好みが別れるところ。
幼稚と見るか、快挙と見るか、微妙。
歌で芸能界へ、
という展開は、
やや安直のそしりを逃れられないだろう。
それに、芸能界でのしていけるほど歌がうまくないのも困る。
芸能界への進出などではなく、
別な方向で話が展開したら、
幼稚さが失せたことと惜しまれる。
しかし、笑わせて、泣かせるという
コメディの決まりをうまく料理するものだ。

マルスンは短い結婚生活の後、
ドイツに出稼ぎに行った夫を亡くして
その後の貧困生活の苦労をしており、
それを背景にした
ラスト近くの息子との会話は泣かせる。

老人時代を演ずるナ・ムニ(72)は
韓国のベテラン女優。
若い時代を演ずるシム・ウンギョンは、
美人ではないが、
小林聡美か井上真央かという感じで、
難役を魅力的に演ずる。
マルスンを子供時代から慕っている
老人をこれもベテランのパク・イナンが好演。

ラストは、おう、こう来るか、という感じで、
ファンタジーに上手な着地点を見つけた。

それにしても、
社会派映画「トガニ 幼き瞳の告発」を撮ったパン・ドンヒョク監督が
このようなコメディの監督をするとは、
韓国映画の監督、幅広い。

5段階評価の「3.5」

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ