ロンドン旅行記F コッツウォルズ  旅行関係

ストラトフォード・アポン・エイヴォンを発った後、
コッツウォルズ地方へ。

クリックすると元のサイズで表示します

コッツウォルズとは、「羊の丘」という意味。
イングランド中央部に広がる
標高300m以上に達する丘陵地帯であり、
時としてイングランドの中心と呼ばれます。

クリックすると元のサイズで表示します

コッツウォルズは、特別自然美観地域として指定されています。

クリックすると元のサイズで表示します

コッツウォルズは古い歴史を持ち、
羊毛の交易で栄えていました。

クリックすると元のサイズで表示します

現在でも、古いイングランドの面影を残した建物を見ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

淡い緑の中で
点々とヒツジたちが草をはむ
のどかな風景が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

これは牛ですが。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その町の中の一つ、
ボートン・オン・ザ・ウォーター
に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

この町も
ストラトフォード・アポン・エイヴォンのような長い名前を持っています。

名前のとおり、
水が豊富。

クリックすると元のサイズで表示します

ウインドラッシュ川には
いくつかの歩道橋や小さな道がかけられています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

川と橋と町並みがマッチしており、

クリックすると元のサイズで表示します

「コッツウォルズのヴェネツィア」と呼ばれることもあるとか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それは、言い過ぎでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

道路沿いに並ぶ店舗。

クリックすると元のサイズで表示します

レストランで

クリックすると元のサイズで表示します

ケバブを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、モデル・ヴィレッジ

クリックすると元のサイズで表示します

コッツウォルズ版ワールドスクエア。

クリックすると元のサイズで表示します

町が縮小されて展示。

クリックすると元のサイズで表示します

結構精巧に作られています。

クリックすると元のサイズで表示します

この地方の建物が沢山見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これはリアル町並み。

クリックすると元のサイズで表示します

川もリアル。

クリックすると元のサイズで表示します

教会に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

素朴な味わい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

教会の庭には、墓石が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

相当古いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

コッツウォルズの典型的な町、
ボートン・オン・ザ・ウォーターでした。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、雨に降られます。
晴れ男、風前の灯火?






AutoPage最新お知らせ