トニー賞授賞式  ミュージカル関係

今日はトニー賞の授賞式です。
ニューヨーク・ブロードウェイは前日の夜8時。
今年はWOWOW初の生中継
一時期NHKで生中継をしたことがありましたが、
しばらくなく、
やはりリアルタイムに観ることが出来るのは最高です。

いつもの会場、
ラジオ・シティ・ミュージック・ホール

クリックすると元のサイズで表示します

前から始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

司会のヒュー・ジャックマンが白いタキシードを脱いで、

クリックすると元のサイズで表示します

ピョンピョン跳ねます。

クリックすると元のサイズで表示します

跳ねながら中に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

客席へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ピョンピョン跳ねて、

クリックすると元のサイズで表示します

舞台へ

クリックすると元のサイズで表示します

跳躍。

クリックすると元のサイズで表示します

黒いタキシードに着替えて、

クリックすると元のサイズで表示します

袖へ

クリックすると元のサイズで表示します

そこにいたスティングと握手。

クリックすると元のサイズで表示します

トレーニングするロッキーの縄跳びに付き合い、

クリックすると元のサイズで表示します

アラジンの美女たちの脇を通ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ロッキーの場面では「ロッキーのテーマ」が流れ、
ここでは「ホール・ニュー・ワールド」が生演奏で流れます。
一体何回リハーサルをしたのでしょうか。

エレベーターに乗ると、
前回まで司会者だった
ニール・パトリック・ハリスと鉢合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

気まずい沈黙が流れます。

クリックすると元のサイズで表示します

エレベータから出ると、

クリックすると元のサイズで表示します

ディスプレイには、
「ザッツ・エンタテインメント PartU」にも出ていた
「スモール・タウン・ガール」のワンシーンが。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、このピョンピョンは、このシーンからいただいたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、トニー賞のトロフィーをいじったり、

クリックすると元のサイズで表示します

「ビューティフル」でキャロル・キングを演ずる女優とピアノを弾いたり、

クリックすると元のサイズで表示します

プレゼンターのクリント・イーストウッドとすれ違ったりして、

クリックすると元のサイズで表示します

再び舞台へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで、エレベーター内の
監視カメラ映像をはさみ、
ツーカット。

クリックすると元のサイズで表示します

拍手喝采。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒュー・ジャックマンの司会は4回目です。

クリックすると元のサイズで表示します

すぐに候補作品のパフォーマンス。
これは、「アフター・ミッドナイト」

クリックすると元のサイズで表示します

続いてリバイバルの新演出版「レ・ミゼラブル」

クリックすると元のサイズで表示します

「アラジン」からは

クリックすると元のサイズで表示します

ランプの怪人ジニーによる「フレンド・ライク・ミー」の場面を。

クリックすると元のサイズで表示します

ジニーを演じたジェイムズ・モンロー・アイグルハート
この役でミュージカル助演男優賞を受賞。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル助演女優賞は、
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
リナ・ホール

クリックすると元のサイズで表示します

「アナと雪の女王」ですっかり有名になった
イディナ・メンゼルのパフォーマンス。

クリックすると元のサイズで表示します

「ウィキッド」10周年記念のパフォーマンス。

クリックすると元のサイズで表示します

イディナ・メンゼルは、
右側の緑色の魔女を演じて、
主演女優賞を取っています。
今回のパフォーマンスは、現在演じている女優です。

「ロッキー」のパフォーマンス。
舞台上にリングが登場し、
その上で試合が行われます。

クリックすると元のサイズで表示します

大本命「紳士のための愛と殺人の手引き」

クリックすると元のサイズで表示します

サットン・フォスター主演の「ヴァイオレット」

クリックすると元のサイズで表示します

「ブロードウェイと銃弾」

クリックすると元のサイズで表示します

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

クリックすると元のサイズで表示します

性転換した歌手をニール・パトリック・ハリスが演じます。

クリックすると元のサイズで表示します

客席まで降りて、

クリックすると元のサイズで表示します

スティングらが被害に合います。

クリックすると元のサイズで表示します

ニールは、この演技で

クリックすると元のサイズで表示します

見事ミュージカル主演男優賞を獲得。

クリックすると元のサイズで表示します

「ヘドウィグ〜」は、
「レ・ミゼラブル」を抑えて、
ミュージカル・リバイバル賞を獲得。

クリックすると元のサイズで表示します

トニー賞は、
正式にはアントワネット・ペリー賞で、
主催団体アメリカン・シアター・ウィングの共同設立者である、
女優、演出家のアントワネット・ペリーに由来します。
トニーは、アントワネットの短縮形。

トニー賞はアメリカの演劇界で最も権威ある賞と見なされており、
映画界のアカデミー賞、
音楽業界のグラミー賞、
テレビ業界のエミー賞、
文学・戯曲におけるピューリッツァー賞と
肩を並べる存在です。

大きく演劇とミュージカルに別れており、
それぞれ作品賞、演技賞、技術賞が与えられます。

↓は演劇主演女優賞を取ったオードラ・マクドナルド

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカルでも主演女優賞を取ったことのある人ですが、
演劇での主演女優賞がよほど嬉しかったらしく、
大泣きです。
観客も全員スタンディングで讃えます。

クリックすると元のサイズで表示します

演劇主演男優賞は
「オール・ザ・ウェイ」
ジョンソン大統領を演じたブライアン・クランストン

クリックすると元のサイズで表示します

この方は、近く公開される
リメイク版「ゴジラ」にも出演しています。

演劇作品賞も「オール・ザ・ウェイ」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

キャロル・キング
彼女の伝記ミュージカルである
「ビューティフル」のパフォーマンスで

クリックすると元のサイズで表示します

キャロルを演ずるジェシー・ミューラー
一緒に歌いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル主演女優賞の発表では、
ヒュー・ジャックマンが
客席に降りて、
候補者を一人一人紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして発表するや、

クリックすると元のサイズで表示します

受賞者のジェシー・ミューラーをエスコート。

クリックすると元のサイズで表示します

トロフィーを渡しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ラストを飾るミュージカル作品賞は、
「紳士のための愛と殺人の手引き」が受賞。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、ヒューが
「受賞者の方は舞台へ」と呼びかけて、

クリックすると元のサイズで表示します

受賞者が舞台に並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

終始ヒュー・ジャックマンらしさにあふれた司会ぶり。

クリックすると元のサイズで表示します

パフォーマンスが多い分、
アカデミー賞の授賞式より面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

至福の時をすごしました。
土曜日に字幕入り、編集済みの放送がWOWOWであるので、
それも楽しみです。

以下、作品別受賞部門

〔ミュージカル〕

紳士のための愛と殺人の手引き 作品賞・演出賞・脚本賞・衣裳デザイン賞
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ リバイバル作品賞・主演男優賞・助演女優賞・照明デザイン賞
ビューティフル 主演女優賞・音響デザイン賞
マジソン郡の橋 作曲賞・編曲賞
アフター・ミッドナイト 振付賞
アラジン 助演男優賞
ロッキー 装置デザイン賞


〔演劇〕

日なたの干しぶどう リバイバル作品賞・演出賞・助演女優賞
オール・ザ・ウェイ 作品賞・主演男優賞
十二夜 助演男優賞・衣裳デザイン賞
レディ・デイ 主演女優賞・音響デザイン賞
ガラスの動物園 照明デザイン賞
アクト・ワン  装置デザイン賞
 





AutoPage最新お知らせ