映画と会食と小説『風の丘を越えて』  書籍関係

今日は昼前に日比谷に出て、映画のハシゴ
1本は例の「持病」が出て、少し眠くなり、
話が分からなくなって益々寝てしまいました。
しかし、2本目は一瞬も眠くならなかった。
この違いは何か。

夕方、池袋に移動し、会食
↓はその一部。

クリックすると元のサイズで表示します

話に熱中して、他の料理の写真を撮るのを忘れました。
↓は、最後に食べた十割蕎麦。

クリックすると元のサイズで表示します

この知人とは、1987年2月、
ロスとベガスの研修旅行で知り合いになった方。
27年前です。
時々会っていましたが
間があいた最近になって、
近況報告がてら、お会いしたい、とメールが入りました。

定年後の生活等を近況報告。
旅行や映画の話。
このように仕事がらみも何もない
会話だけを楽しむ食事はいい。

オバマさんを銀座の高級寿司店で接待した安倍首相は、
「仕事の話ばかりだった」
とこぼしましたが、
TPPの話などを持ち出して、
「あんた、支持率高いんだから、今のうちに頑張れ」
というような感じだったらしい。

ある週刊誌に、
会食というものは、
四方山話や
芸術文化のウンチクなどで楽しくするもの。
と書いてあるのを読みましたが、
そういう点からすると、
オバマさんは会食のマナーを知らないことになります。
だからオバマは欧州人からは馬鹿にされる、とも書いてありました
アメリカ人だからね。

そういう意味で、
今夜は楽しい夕げでした。


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

このブログでもたびたび紹介している
ミュージカル「西便制」(ソピョンジェ)と
映画「風の丘を越えて」(イム・グォンテク監督。1993)の原作本。

元々原作本の題名は「南道の人」といい、
その第1章が「西便制」。
映画とミュージカルはそこから題名が取られたが、
しかし、「西便制」では日本ではなじみがないことから、
映画公開時「風の丘を越えて」という
やや情緒的な日本題が付けられた。

Wikipediaによれば、

西便制は、哲宗時代の名唱朴裕全によって創始された
パンソリの流派。
1989年3月20日、
大韓民国無形文化財第6号に指定された。
光州、羅州、宝城、康津、海南など
全羅道西側の地域を中心に繋がってきたという理由で
西便制と呼ばれる。
東便制の闊達さ・雄壮さとは対照的に、
柔らかく素朴で切ない声色の歌唱が特徴。
西便制の唱法がよく合う歌として「沈清歌」が挙げられる。

ということになる。

クリックすると元のサイズで表示します


第1章 西便制
全羅道のある町の郊外の一軒の居酒屋に、
唄のうまい女主人がいた。
その居酒屋を訪ねた一人の男が
唄を所望し、唄を聞きながら様々な質問を浴びせる。
女の話では、
屋敷の主人が散歩に出掛けた時に
唄い手の父娘を連れ帰った。
娘の見事な唄を聞くために
主人は二人を居候させたが、
やがて家を出ると言い出した。
二人がたどり着いたところは
共同墓地のふもとの物置小屋のような空き家。
病に伏した父親は食事も口にせず、
夜になると唄を唄うことだけを日課としていた。
噂を聞いた主人が食事を届けさせ、
やがて父親は最後の唄を終え、そのまま息を引き取った。
主人は身寄りのなくなった娘を
再び屋敷に連れてこようとしたが、
娘は決してそのみすぼらしい小屋を出ようとせず、
死んだ父親の代わりに唄うようになった。
主人は小屋に自分の家のお手伝いを送って一緒に住まわせ、
厨房を任せる男まで送り、
小さな居酒屋を出すように命じた。
お手伝いは娘から唄を習った。
娘は父親の墓の前で唄い続けたが、
ある日、家を出たきり行方しれずになってしまった。
今ではお手伝いがその唄を引き継ぎ、
父親の墓守のように唄い続けているという。

その話と唄を聞きながら、
旅の男は自分の過去を思い出す。
太陽が照りつける畑。
母親が畑仕事をする間、
腰を紐でくくられて過ごしていた毎日。
母親は畑で唄のようなものを口ずさんでいた。
ある日、その唄に別な唄が重なるようになり、
唄い手は村に住み着き、
やがて母親は子供をはらみ、女の子を生み落とす。
その日、唄の持ち主の男が現れ、
赤ん坊と少年を連れて旅に出る。
男は兄と父親違いの娘を唄い手として育てるが、
少年は義父を憎悪し、いつか殺してやろうと思う。
しかし、義父の唄を聞くと、圧倒されてしまい、
ついに父親の元を離れてしまう。
しかし、歳月が過ぎた後、
男はかつての義妹の唄を求めて
町々を訪ね歩いているのだった。

居酒屋の女主人は、
旅の途中、義父が娘に「恨」(ハン)を植えつけるために
娘の視力を奪ったことを告げる。

クリックすると元のサイズで表示します

第2章 唄の光
屋号もない山間の居酒屋に
10年前から住み着いた盲目の女がいた。
夜がふけると、
居酒屋の奥の部屋から
はっとするほど趣のある唄が流れて来た。

ある日、居酒屋を訪れた旅の男が
盲目の女に唄を所望する。
唄を聞きながら、
男の脳裏には、
畑で聞こえてきた母の唄、
母が出産で死んだ時現れた唄唄いの男、
その男と義妹との旅路が蘇る。

盲目の女は太鼓とばちを男に差し出し、
女の唄に合わせて男は太鼓を叩く。
翌朝、男は朝早く居酒屋を旅立つ。
女は居酒屋の主人に
昨晩泊まって唄と太鼓を叩いた男が兄であることを告げる。
女は居酒屋の主人に、
他の地に移る時が来た、と告げる。

この第1章、第2章が
映画やミュージカルで描かれた部分。
ただ、兄と妹の関係は、
姉と弟の関係に変えられている。

クリックすると元のサイズで表示します

第3章 仙鶴洞の旅人
海岸に沿った村には一つの言い伝えがあった。
入江の内側に位置する
仙鶴洞の裏山の地形に由来していた。
裏山の観音峰の形が僧侶が頭巾をかぶった姿を彷彿とさせ、
そこらか左右に広がる山並みは、
僧侶が黒染の衣を広げ、
村全体を抱き抱えるような恰好をしていた。
そして、入江に潮が満ちると、
水面に映し出される観音峰の影が
飛翔する鶴の姿をしているのだった。
その時には、
観音峰の地の底から
ドンドンドンと僧侶が太鼓を鳴らすような
不思議な山霊の音が聞こえて来る。
村の人々は山霊の出て来る場所にお墓を建てることを望んだ。

そこにある一軒の居酒屋を
一人の男が訪ねて来る。
男は堤防工事で入江の水がせき止められ
観音峰が鶴に姿を変えることがなくなったことを嘆く。

男に居酒屋の主人は
30年前、この店にパンソリを聞かせる父娘が訪れたことを告げる。
村人はその唄を聞き、
父娘が去った後も
もう一度あの父娘がこの村を訪ねて来ることを心待ちにしていた。

そして、父娘のことが忘れられた頃、
思いがけなく娘がこの地を訪れる。
初老の男と父親の遺骨を持って。
居酒屋で満潮の時間に毎日唄う娘の唄声に
村人は聞きに集まる。
居酒屋の主人は唄が始まると、
仙鶴洞は再び入江になり、
鶴が飛ぶのを感じる。
そして、ある日の晩、
娘はひっそりと仙鶴洞を出ていってしまう。
居酒屋の主人は
彼女はどこかに行ったのではなく、
鶴になってこの村の空をさすらっているのだと感じる。

居酒屋の主人は、
その娘には一人の兄がいて、
自分はその兄が訪れること待っていた、
いつかその兄に彼女の話を伝えようと思っていた、と語る。

話を伝えた後、
旅の男が峠に座っている姿を
居酒屋の主人は見る。
そして、峠の方から唄が耳元に聞こえるような気がする。
しかし、男の姿が消えてしまうと、
唄声も消えてしまう。
その時、主人は不思議な光景を見る。
男が去った峠に
一羽の白い鶴が翼を広げて悠々と飛び回っている姿を。

というわけで、
第3章は、第1章、第2章の後日談。
2007年、
イム・グォンテク監督によって
「千年鶴」が制作された。
同一原作者(李清俊)による関連作品であり、
「西便制」と同じ人物が登場するが、
続編ではないとされている。
血の繋がらない姉弟のかなわぬ愛がテーマになっているという。
映画はヒットしなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

第4章 鳥と木
果樹園の主人とその兄の話。
聞き手の男が
どうやらこの連作の「兄」らしいことを匂わせる。

クリックすると元のサイズで表示します

第5章 生まれ変わる言葉
茶の奥義を求められた男の回顧談。
ここにもパンソリを聞くことを求めて
旅を続ける「兄」が出て来る。
茶の奥義として「許しの心」を
その「兄」から学んだ、ということになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

全編滅びゆく芸能への哀惜の情
それを守ろうとするパンソリの名手とその家族の旅路が
描かれている。
韓国文学を知る上での通過点とも言うべき作品。

私は韓国の独特な情感は
大変文学的だと思うのだが、
未だに世界的作家もノーベル賞文学賞受賞者も出ていない。
(日本と中国は2人ずつ)
なぜだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国で観た
ミュージカル「西便制」の感想は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20101117/archive

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140430/archive




ロンドン旅行記C バース  旅行関係

ストーンヘンジを後に、
バスは北西方向に。

クリックすると元のサイズで表示します

このような景色を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

バースを目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

バースに着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

拝借した写真で町の全体図。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、ローマン・バス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

紀元前1世紀にローマ人によって作られた大浴場

クリックすると元のサイズで表示します

「バース市街」という世界遺産の一部です。

クリックすると元のサイズで表示します

これが、その大浴場。

クリックすると元のサイズで表示します

周囲にはローマ時代の彫刻が並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

アルプス以北で最も保存状態の良い
ローマ遺跡と呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ人たちは各地で公共浴場を建設しましたが、
中にプールがあるようなものは非常に珍しいといいます。

↓はその復元図。

クリックすると元のサイズで表示します

今で言えば、大江戸温泉物語。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ帝国の各地から人々が訪れる
古代の一大保養地でした。
バースの温泉はさまざまな病気に効用があると考えられました。
ローマ支配末期には、
バースを取り囲むように城壁が建築されました。

クリックすると元のサイズで表示します

風呂を表すbathは、
この町が語源だという俗説もあります。
(逆に、温泉があるから付いた地名だとの異説あり)

当時の様子が映像で再現されています。

クリックすると元のサイズで表示します

随分遠くまで来たんですな。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ帝国の版図の広さには驚かされます。

クリックすると元のサイズで表示します

中世の間に大浴場の大部分は埋もれてしまいましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

エリザベス1世の時代に温泉地として復活、
特に18世紀のジョージ王朝時代になって
ロンドンの貴族や富裕な階層の保養地として大規模に再開発され、
近隣の土地から産出した石灰岩による
多くの美しい建物群が建造されました。

クリックすると元のサイズで表示します

中には発掘された骨の展示もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

サウナの設備もあったらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

まさしく「テルマエ・ロマエ」の世界。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんから
「水に触らないように」
と厳重に注意を受けました。
何故? 何が入っている?
水の色はバスクリン?

クリックすると元のサイズで表示します

その後、町を散策。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、バース・アビー

クリックすると元のサイズで表示します

史上初の統一イングランドの王となった
エドガー王が、
933年に戴冠式を行った由緒ある教会。
ただし、現在の教会は1499年に建てられたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

公園には、オベリスクが。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは世界遺産を構成するサーカスという場所。

クリックすると元のサイズで表示します

円形の道路を

クリックすると元のサイズで表示します

美しい曲線の建物が囲みます。

クリックすると元のサイズで表示します

これも世界遺産を構成する
ロイヤル・クレッセント

クリックすると元のサイズで表示します

クレッセントとは、三日月の意味で、
三日月のようにきれいな曲線を描いた建物が建ち並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

エイボン川岸にある公園。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バースからロンドンまで

クリックすると元のサイズで表示します

3時間かけて戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

こうした景色が次第に夕闇に沈みます。

クリックすると元のサイズで表示します

集合場所に帰ったのは8時。
もはやミュージカルを観る時間はありません。

そこで、このレストランで、

クリックすると元のサイズで表示します

イギリス名物のフィッシュ・アンド・チップスを注文。

クリックすると元のサイズで表示します

白身のタラの肉をフライにしたものとポテトチップス。

クリックすると元のサイズで表示します

料理だけで12ポンド95(2300円)。
サイドオーダーと飲み物込みで22ポンド10(3900円)
他にチップがかかります。
高いでしょう?

翌日はミュージカルのハシゴです。



『ラ・チェネレントラ』  オペラ関係

今日は夕方から銀座へ。
METライブビューイング
今期最後の演目「ラ・チェネレントラ」を観るためです。

クリックすると元のサイズで表示します

チェネレントラとは、「シンデレラ」のこと。
イタリア読みではこうなります。

クリックすると元のサイズで表示します

ペローの有名な童話のオペラ化ですが、
沢山の人がオペラにしている中、
現在も上演されているのは、
このロッシーニ版だけ。

しかも原作とは一味違う。
魔法使いやカボチャの馬車は登場しません。
ガラスの靴さえ出て来なく、
腕輪に変えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

父親の男爵家で
後妻の連れ子だったアンジェリーナは、
男爵の実の子である姉二人に
召使代わりにこき使われている、
という設定は同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこへ、男爵宅を訪れたのが王子ドン・ラミーロ。
実は従者ダンディーニと入れ違っており、
従者姿のままの王子は、
可哀相な境遇にいるアンジェリーナと恋に落ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

王子招待による舞踏会に姉たちは出掛け、
一人取り残されたアンジェリーナを
王子の後見人アリドーロが
華やかなドレスを着せて送り出します。

クリックすると元のサイズで表示します

舞踏会に現れた謎の美女に
男爵家で会った女性の面影を認めたラミーロは、
腕輪を渡され、
同じ腕輪を持つ女性を探してほしいと告げられます。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして王子は腕輪を持つアンジェリーナを見つけ、
自分が王子であることを告げます。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして二人は結ばれ、

クリックすると元のサイズで表示します

アンジェリーナは自分に冷たく当たった義父と姉たちを許し、
めでたし、めでたし。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
ロッシーニ版リアル・シンデレラの物語。

ロッシーニがこの作品を書いたのは、
弱冠25歳の時。
既にその1年前に「セビリヤの理髪師」を作曲しています。
その上、この「ラ・チェネレントラ」は、
24日で書き上げたといいます。
才能があふれ出ていたのでしょう。

終始明るいメロディーに満ち、
音符が沢山。
モーツァルトに匹敵するほどです。
そして、装飾音がアリアを飾ります。

↓は、アンジェリーナを演ずるジョイス・ディドナートの装飾音たっぷりの歌唱。

http://www.youtube.com/watch?v=AEhcu_rVqYg&feature=player_embedded

ディドナートはこの役を当たり役にしていますが、
今回の公演で「卒業」するそうです。
確かに、アップではかなり老けており、潮時と感じたのでしょう。

相手役は名テノールのファン・ディエゴ・フローレス

クリックすると元のサイズで表示します

↓は最近では珍しい上演中のアンコールのフローレス。

http://www.youtube.com/watch?v=0eb6t-fgczo&feature=player_embedded

指揮のファビオ・ルイージは久し振りだと思ったら、
今期のMETライブビューイング、初登場なのでした。
しかも解説のデボラ・ボイト
今期はMETライブビューイングでは一度も出演していなかったことに気づきました。

幕間インタビューで
歌手の一人が
音符と言葉の多いロッシーニのことを
ロッシーニ流ラップ」と呼んだのが面白かったですね。

チェーザレ・リエーヴィの演出は軽快ですが、
主役の二人以外は
白塗りの頬紅で、
何だか珍妙。
こんなことをする必要があったのでしょうか。

考えてみれば、
この演出の「ラ・チェネレントラ」は、
METライブビューイング2度目の登場

前回の感想は、↓をクリック。
今回の感想より詳しいです。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090604/archive


さて、今期のMETライブビューイング10作品は、
これにて終了

それぞれの作品の感想は、↓をそれぞれクリック。

エフゲニー・オネーギン

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20131105/archive



http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20131121/archive

トスカ

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20131209/archive

ファルスタッフ

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140114/archive

ルサルカ

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140306/archive

イーゴリ公

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140408/archive

ウェルテル

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140415/archive

コジ・ファン・トゥッテ

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140529/archive


ロンドン旅行記B ストーンヘンジ  旅行関係

ウィンザー城をあとに、
バスはこんな景色を見ながら西に進みます。

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスは自然が豊か。
ロンドンからちょっと離れただけで
こんなに緑が沢山です。

クリックすると元のサイズで表示します

ソールズベリの平原に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

不思議なモニュメントや

クリックすると元のサイズで表示します

石造りの民家を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

ストーンヘンジに着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここがビジターセンター。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、日本語のパンフレットがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

バスに乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく行って、

クリックすると元のサイズで表示します

かなりの距離を進み、

クリックすると元のサイズで表示します

降りて、歩くと、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ストーンヘンジが見えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

縄が張ってある外側から

クリックすると元のサイズで表示します

おなじみの姿が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

円陣状に並んだ直立巨石とそれを囲む土塁からなり、
世界で最も有名な先史時代の遺跡です。

クリックすると元のサイズで表示します

考古学者はこの直立巨石が
紀元前2500年から紀元前2000年の間
立てられたと考えています。
それを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡るといいます。
現在のイギリス人、アングロ・サクソン人が
ブリテン島に移住した時にはすでに存在していました。

クリックすると元のサイズで表示します

馬蹄形に配置された高さ7mほどの
巨大な門の形の組石(トリリトン)5組を中心に、
直径約100mの円形に
高さ4〜5mの30個の立石(メンヒル)が配置されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、
中心にある祭壇石を結ぶ直線上に
太陽が昇ることから、
設計者には天文学の高い知識があったのではないかと考えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

また、当時としては高度な技術が使われており、
倒れないよう安定させるため石と石の間には凹凸があります。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡の目的については、
太陽崇拝の祭祀場、
古代の天文台、
ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂
など、
さまざまな説が唱えられていますが、
未だ結論は出ていません。

クリックすると元のサイズで表示します

この遺跡とその周辺は、
30kmほど離れたエーヴベリーの遺跡群とあわせて、
「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」として
ユネスコの世界遺産に指定されています。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーンヘンジの語源は
古英語で石を意味する “sta-n” と、
蝶番を意味する “hencg”、
もしくは絞首台または拷問具を意味する “hen(c)en”
から来ているとされています。

クリックすると元のサイズで表示します

考古学者は、
内側に堀を持つ円形の土塁をヘンジと定義します。
従って、
ストーンヘンジは土塁が堀の内側にあるので、
ヘンジには分類されないことになります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

周囲はソールズベリの平原で、

クリックすると元のサイズで表示します

羊が飼われている土地。

クリックすると元のサイズで表示します

そこに突然現れる巨石は

クリックすると元のサイズで表示します

それだけで衝撃です。

クリックすると元のサイズで表示します

この盛り上がった土は古い塚。

クリックすると元のサイズで表示します

周辺にあるこの石が

クリックすると元のサイズで表示します

ヒールストーン。

クリックすると元のサイズで表示します

夏至の日、この方向から太陽が昇り、
冬至の日には、この石から遺跡の中心の延長上に日が沈みます。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーンヘンジは、
主にサーセン・ストーンと呼ばれる砂岩と、
ブルー・ストーンと呼ばれる玄武岩から構成されています。
サーセン・ストーンは、
ストーンヘンジから30kmほど離れた場所にある
マルバラーの丘から持ち運ばれたもので、
ブルー・ストーンにいたっては、
なんと250kmも離れた
ウェールズのプレセリの丘から運送されたと考えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その運び方は、
地面の上に切り出した丸太を並べた木製ローラーや、
油を引いた木製レール上で巨大な木製そりを滑らせる方法、
溝付きのレールに複数のボールを並べ、その上で巨石を転がす方法
などが考えられていますが、
まだ定説には至っていません。

クリックすると元のサイズで表示します

紀元前3000年以前、
ブリテン諸島で、
2000以上もの巨石建造物が建てられたことは事実。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ところが、この巨石文明は突然姿を消し、
誰が、何のために造ったのか、
一切が謎に包まれて今に至っているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、この車両で。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

ビジターセンターに戻って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

中の映像ショー。

クリックすると元のサイズで表示します

崩れる前の姿が復元されています。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは、次に
ローマ時代のリゾート地、
バースに向かいます。



『青天の霹靂』  映画関係

〔映画紹介〕

場末のマジックバーで働く、
売れないマジシャンの轟晴夫。
今日も、最近テレビに出始めた後輩マジシャンに馬鹿にされ、
くさっている。
母親には見捨てられ、
父親とは高校以来関係を絶っており、
水漏れのするアパートで
一人カレー食べる惨めな毎日だ。
自分が「特別」と感じられた日々はとっくに過ぎている。

そんな時、父親の正太郎が
ホームレスになり、死んだとの知らせが入る。
警察で遺骨を受け取り、
父が住んでいた線路下のダンボールハウスを訪れ、
自分の人生の惨めさを嘆いていると、
稲妻が晴夫を直撃する。
目覚めた時は40年前

クリックすると元のサイズで表示します

タイムスリップした彼が足を踏み入れた浅草の演芸ホールで、
マジシャンだった父と助手をつとめる母に出会う。
小屋主の勧めで
父と「ペペとチン」というマジックコンビを結成した二人は
次第に演芸ホールで人気者になっていくが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

お笑い系の監督作品は、
「ハチャメチャが許される」というような
「逃げ場」が用意されていて好きではないが、
この劇団ひとり作品は違った。
もちろんタイムスリップという荒唐無稽なものだが、
ちゃんとドラマとして成立している。
それは、自分の父母の愛情と自分の生という
ドラマの肝がしっかりと捉えられているからだ。
そして、父と母にもあった青春の一ページに触れる、という
人間存在の輝ける瞬間に
立ち合うという極限状況が描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

「母親は男と一緒に出て行った」
と父親から聞かされて
恨んでいた母親が
実は命懸けで自分を生んでくれたという事実に直面し、
自分の人生を呪っていた晴夫に転機が訪れる。
母親と生まれて来る子(実は自分)の将来について語り合う場面が
見どころだ。
柴咲コウが良い表情を見せる。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、自分自身の誕生と共に
その世界から姿を消さなければならない晴夫が
最後のオーディションで
素晴らしいマジックを披露する場面は、
母親の出産シーンと重なって涙なしには見られない。
この時の大泉洋の表情の晴れやかなこと。
最後の一輪のバラの花の演出はなかなかいい。

クリックすると元のサイズで表示します

また、昭和という時代を扱いながら、
それに淫することなく描いたのは、
監督のセンスだろう。

ラストの意外な結末
期待せざるハッピーエンドだが、
この後の父子関係がうかがえてさわやかで味のあるものだ。
父と子が初めて和解する瞬間の
描き方もいい。

自分の原作を自分で映画化し、
更に自分で出演するなど、
無謀とも言えるが、
しかし、見事にクリアした。
様々な先行作品がある中、
新鮮味はないが、
余韻が心に残る、
新たな才能の登場を予感させる良作である。

5段階評価の「4」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=6l438JVN-4k&feature=player_detailpage


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ