『あなたを抱きしめる日まで』  映画関係

昨日の日米韓首脳会談で、
安倍首相が朴大統領に
韓国語で挨拶したことについて、
韓国通信社最大手の「聯合ニュース」は
「安倍、下手な韓国語で『はじめまして』」
と大きな見出しを掲げ、
「パク・クネ大統領様、
今日お会いできてうれしいですと、
朴槿恵大統領と初めて対面した席で、
自分の右に座った朴大統領を見つめて
下手な韓国語であいさつした」
と報じた。

何という非礼な国だろう。

たとえば、オバマ大統領が来日し、
「日本ノ皆様、コンニチハ」
と挨拶したとして、
その日本語が多少おかしくても、
「オバマ大統領、下手な日本語で挨拶」
とは、日本の新聞は書かないだろう。
母国語でない言葉を使えば、
よほどのことがない限り、
下手に聞こえるのは当たり前だ。
それに対する惻隠の情もない。

韓国という国の品格の問題だ。

朴大統領の無愛想も問題だが、
テレビ朝日「モーニングバード」によると、
会見が終わってテレビカメラがいなくなってからは
様子が変わり、
3人で会談した時には安倍首相と視線を合わせたり、
会談が終わり退出する際には握手を交わしたという。

クリックすると元のサイズで表示します

記者は、
「韓国では日米韓の会談を受けたとして
朴大統領は批判されている。
会談に応じることで
歴史問題に免罪符を与えたという
誤解を与えてはいけないため、
国内世論向けにも厳しい表情を見せていたのだろう」
と解説していたが、
朴大統領、不自由だね。

日米韓首脳会談を受けて、
日韓外務省局長級協議が近く開催されるそうだ。

韓国側がいわゆる従軍慰安婦問題のみを議題とする考えであるのに対し、
日本側は竹島問題など
幅広い懸案を協議したい考えで、
協議のテーマの調整を急いでいるという。
慰安婦問題についても竹島についても、
日本政府の主張を堂々と述べたらいいのだ。
相手の顔色をうかがう必要はない。

韓国が「日本が歴史認識を改めない限り
首脳会談には応じない」
というなら、
日本も「韓国が慰安婦問題を主張する限り
首脳会談には応じない」
とやり返せばいいようなものだが、
大人の日本はそうは出来ないんだな。

最近、朴大統領は、
経済界からの「反日でなく用日を」という要請に対して、
「自分たちで勝手にやってちょうだい。
私には無理」
と言っているそうだ。
この愚かな大統領のいる間は、
日韓首脳会談などなくてもいい、
焦る必要はない、
と私は思っている。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

アイルランド人の主婦・フィロミナは、
50年間隠し続けて来た秘密を娘に打ち明ける。
あなたには兄がいる、というのだ。
50年前、十代で未婚のまま妊娠したフィロミナは、
修道院に預けられ、
そこで出産した。
修道院には同じ境遇の少女たちが
保護という名のもとに、ただ働きさせられていた。
子供との面会は1日1時間だけ。
そして修道院は3歳になった息子アンソニーを
フィロミナに無断で養子に出してしまう。
それ以来、母子が会うことはなかったが、
母親は息子のことを一瞬たりとも忘れたことはなかった。
事情を聞いた娘は、
英国のテレビ局BBCのキャスターを首になった
ジャーナリストのマーチンに話を持ちかける。
社会ネタで起死回生を図るマーチンと利害が一致した二人は、
まずアイルランドの修道院を訪問することから始める。
しかし、修道院の壁は厚く、二人は失望するが・・・

野心満々のジャーナリストと
人生に苦渋を抱えた老婦人の二人旅が興味を引く。
アメリカに渡ることになり、
飛行機に初めて乗り、
高級ホテルに泊まることになった田舎者フィロミナの反応が楽しい。
また三流物語を好むフィロミナの話に
うんざりするマーチンの反応も笑える。
一流大学を卒業したマーチンにとって
軽んじるべきフィロミナだが、
その人生の重さと厚さに次第に圧倒されるようになる。
息子の行方は意外とあっさり割れるが、
その後、周辺の人々への接触が始まる。
その過程で
宗教と社会正義、
純潔と罪の問題が浮き彫りになり、
物語の奥は深い。
問題の張本人に会った時の
マーチンとフィロミナの対応の違いに、
人生の深さが現れる。

しかし、何と言っても、
息子の行方を訪ねる母の心情を演ずる
ジュディ・デンチの演技が見物。
彼女なしにはこの映画が成り立たないと思えるほどだ。

物語は、ある地点に回帰するが、
そのこと自体が
もらわれた息子の母への思いが感じられる。
一人の女性が
人生の秘密を掘り起こし、
人生の課題に決着をつけようとする、
決して甘くなく、苦い内容だが、
鑑賞後感、小説で言えば読後感はすこぶるいい

実話に基づく映画。
イギリス映画らしく、
静かな中に真実がきらめく

5段階評価の「4」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=Gh4HXGq5gd8&feature=player_embedded


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ