日米韓首脳会談  政治関係

昨夜(25日)夜(日本時間26日未明)、
オランダ・ハーグで
日米韓3か国の首脳による会談が行われた。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカのオバマ大統領の仲介で実現したもの。
冷え込んだ日韓関係を回復させようとの
アメリカの思惑がにじむ。
場所は在オランダ米国大使公邸。

約45分間行われた会談では、
北朝鮮問題を中心に北東アジアの安全保障問題が話し合われ、
3カ国が一層緊密に連携していく重要性を確認した。

オバマ大統領は冒頭、
「韓国と日本は米国の世界で最も緊密な同盟国の2つだ」と述べ、
朴大統領は
「北朝鮮のいろいろな動きを受け、
3カ国のより緊密な協力の必要性が高まってきた」
と応じ、
安倍首相も
「日米韓の緊密な連携を確認することは極めて重要だ」と指摘した。

言ってみれば「当たり前の内容」だが、
改めて確認したことに意義がある。

3首脳は北朝鮮の非核化の実現には、
日米韓の一層の緊密な協力のほか、
中国が果たす役割が重要との認識で一致した。
首相は日朝の外務省局長級協議の
今月末の再開などについても説明し、
米韓とも連携しながら取り組む考えを伝えた。

安倍首相は
「力を背景とした現状変更は許さないことを
日米韓の共通の立場として示すことが重要だ」
と指摘、
中国の海洋進出などを念頭にした発言とみられる。

一方、いわゆる慰安婦など
歴史認識をめぐる問題は議題に上らなかった。

安倍首相は会談後、
記者団に対して
「日韓の間には共通の課題があり、
率直に直接会って話すことが
大変重要だと認識できた」
と会談を評価し、
「未来志向の日韓関係に発展させていく
第一歩にしたい」
「未来志向」という言葉を入れた。

テレビのニュースは、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=dd8QYhLevr8&feature=player_embedded

安倍総理大臣が韓国語であいさつしたことについて、
韓国メディアでは「下心を感じる」という批判的な反応の一方、
「意外だ」「韓国語を練習したのだろうか」といった
好意的も反応もあったという。
一方、硬い表情を崩さなかった朴大統領の対応について、
日韓外交筋は
「安倍総理の靖国参拝や歴史認識に
免罪符を与えたと
国内世論に誤解を与えないようにした」
「安倍政権の歴史に対する姿勢に
不信感を持っていることは変わらないという
メッセージだ」
と話しているという。
やれやれ。

韓国語での英札については、
笑顔で応えるというのが
エチケットだと思うが。
それとも、
ただ愛想がないだけなのか。

歴史認識問題が俎上に上がらなかったのは、
そんなことを出せば収拾がつかなくなるから、
出さないように事前に
米国に釘をさされたということだろう。
朴大統領は無念なのか、ほっとしたのか。

慰安婦問題を始めとする
歴史問題については置いておいて、
北朝鮮をはじめとする
安全保障問題について協議する、
というのは正しい。
日本は歴史問題については
対応することはない。
「歴史認識で譲歩をしなければ会談に応じない」
という朴大統領の姿勢には、
大きな無理があり、
譲歩ということは、
韓国の歴史認識を日本も認めろ
ということだから、
元々折り合いのつく問題ではない。

大事なことは、
「agree to disagree 」
つまり、
「互いの意見が違うことを認め合う」こと。
自分の主張をするばかりでは、
世間の嫌われ者になる。
もういい加減に
朴大統領も大人になってもらいたいものだ。





AutoPage最新お知らせ