ミャンマー旅行記F  旅行関係

朝、ホテルのロビーにあった
中国人の団体の荷物。

クリックすると元のサイズで表示します

日本のゴールデン・ウィークのようなものでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

朝、ホテルの近所を散歩しました。

クリックすると元のサイズで表示します

やはりバイクが足ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

自転車も走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

何を運んでいるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの周囲にもパゴダが。

クリックすると元のサイズで表示します

このような設備をよく見かけましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

暑いので、水を貯めてあって、

クリックすると元のサイズで表示します

誰でもコップで飲めるのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

日本だったら、
絶対保健所が許可しませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

青空市場が開催されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

掃き掃除をしています。感心。

クリックすると元のサイズで表示します

道端に並ぶ看板。

クリックすると元のサイズで表示します

建築現場。
昔ながらのレンガです。

クリックすると元のサイズで表示します

パゴダの向こうに浮かぶ、熱気球

クリックすると元のサイズで表示します

パゴダを上から眺め、

クリックすると元のサイズで表示します

頂上をかすめて飛び、

クリックすると元のサイズで表示します

尖塔部分に空洞があって、

クリックすると元のサイズで表示します

そこに仏像が安置されているのも見ることが出来るそうですが、

クリックすると元のサイズで表示します

320ドルもするというので、

クリックすると元のサイズで表示します

断念しました。

さて、空港へ。

クリックすると元のサイズで表示します

来る時と同様、プラカードで案内。

クリックすると元のサイズで表示します

チケットは手切り。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ、座席は自由席

クリックすると元のサイズで表示します

40年ほど前、
ニューヨークからワシントンDCへ行く時、
そういう飛行機に乗ったことがあります。
その時は、
飛行機代を機内で集めたのには、
「へえ、バス並なんだ」
と驚きました。

アジアン・ウィングスという会社。

クリックすると元のサイズで表示します

よくこんなプロペラで飛ぶものです。

クリックすると元のサイズで表示します

眼下にパゴタを見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンゴンに戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンゴンでも、
運転手一人とガイト一人に客は私一人。

クリックすると元のサイズで表示します

夜の飛行機出発まで
たっぷりの観光です。

まず行ったのが、
チャウトゥ寺院

クリックすると元のサイズで表示します

長い階段を上がると、

クリックすると元のサイズで表示します

上に

クリックすると元のサイズで表示します

大理石の仏陀像があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山から大理石を切り出し、

クリックすると元のサイズで表示します

川を運んだ様子が絵で示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

次に行ったのが、

クリックすると元のサイズで表示します

バングラデシュから来た白い象。

クリックすると元のサイズで表示します

茶色ですが、
昔は白かったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

アウンサンスーチーさんの家に行ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

結構な豪邸。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに彼女は
通算14年9カ月の間、軟禁されました。
アウンサン将軍の写真が飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します

その経緯はミシェル・ヨー主演で映画化されています。
映画「The Lady」については、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20120805/archive

ついでに、
アウンサン将軍の家にも行ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

実際に使った車。

クリックすると元のサイズで表示します

この家は現在、博物館になっており、
アウンサン将軍の居室などが保存されています。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、館内は写真撮影禁止。
↓は、アウンサンスーチーさんの弟が溺れ死んだ池。

クリックすると元のサイズで表示します

次に行ったのは、
チャウタッシーパゴダ

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、巨大な寝釈迦像があります。

クリックすると元のサイズで表示します

高さ17m、全長70m。

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん。

クリックすると元のサイズで表示します

まつげが長い。

クリックすると元のサイズで表示します

足の裏には、

クリックすると元のサイズで表示します

108の動物の絵が刻まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

撮影用の台もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

何を考えているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

これはみんなお釈迦様。

クリックすると元のサイズで表示します

ミャンマーの仏教は上座部仏教(じょうざぶぶっきょう)。
いわゆる小乗仏教です。
自己の修行により自己一人のみが救われる
ために、小乗仏教と呼ばれましたが、
小乗仏教の呼称は
大乗仏教側から見た差別的意味を含むとされ、
最近は使われないことが多いようです。

上座部仏教は、
スリランカやタイ、ミャンマー等の地域に伝わったもので、
中国やチベット、日本等の地域に伝わった
北伝の大乗仏教と対になります。

仏像も阿弥陀如来や菩薩を描く日本の仏像と違い、
釈尊の仏像が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、旅行記@で紹介した、
「厄払いの雀」。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食で中華レストランに行くと、
結婚式の披露宴の準備がされており、

クリックすると元のサイズで表示します

受付にはお祝いの品があふれ、

クリックすると元のサイズで表示します

玄関には、このような車が着けられ、

クリックすると元のサイズで表示します

入口には、こうして

クリックすると元のサイズで表示します

新郎新婦の写真が掲出されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

と思ったら、中庭では

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影の真っ最中。

クリックすると元のサイズで表示します

おしあわせに。

クリックすると元のサイズで表示します

レストランは、カンドージー湖にあり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

湖には、

クリックすると元のサイズで表示します

カラウェイ・パレスという
水上レストランが浮かんでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ミャンマー王が使用した船のデザインを模して
1970年に建造されました。

続きは、また今度。






AutoPage最新お知らせ