ミャンマー旅行記E  旅行関係

メナンドゥ村を後にして、
再びパゴダ地区に。

クリックすると元のサイズで表示します

名も無い

クリックすると元のサイズで表示します

番号だけの

クリックすると元のサイズで表示します

パゴダを眺めながら、

クリックすると元のサイズで表示します

着いたのがダマヤンジー寺院

クリックすると元のサイズで表示します

バガンで最大のレンガによる構築物。

クリックすると元のサイズで表示します

1170年、ナラトゥ王により建立されました。

クリックすると元のサイズで表示します

ナラトゥ王は
王位に就くために、
父と兄と王妃を殺した残酷な王として知られています。

クリックすると元のサイズで表示します

その贖罪のために寺院を建設しますが、
王自身も暗殺されてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

そのため、
建設途中の寺院がそのまま残されてしまい、

クリックすると元のサイズで表示します

寝釈迦像がポツンと取り残されて置かれていたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

夜には亡霊が出ると噂されています。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しい双子の仏陀像。

クリックすると元のサイズで表示します

石工の技術は素晴らしく、
レンガの間にセメントがほとんど見られません。
きっちりと積み重ねてあって、
レンガとレンガの間には
針の入る隙間もありません。

遠くから見ると、
ピラミッドのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、スラマニ寺院

クリックすると元のサイズで表示します

構内で売られていた木彫りの像。

クリックすると元のサイズで表示します

木には鳥の巣が。

クリックすると元のサイズで表示します

ナラパテシツゥ王(1174〜1211)により建立。

クリックすると元のサイズで表示します

レンガの代わりに
角の石柱が用いられています。

クリックすると元のサイズで表示します

赤く塗られた仏像が東西南北に安置されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは奇跡的に残ったフレスコ画が有名。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、僧院

クリックすると元のサイズで表示します

バガンでは珍しい

クリックすると元のサイズで表示します

木造の建物。

クリックすると元のサイズで表示します

チーク材が使われています。

クリックすると元のサイズで表示します

木造なだけに、老朽化が激しい。

クリックすると元のサイズで表示します

ノルウェーのスターヴ教会に似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この方たちは、僧院に泊まる人々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ターラバー門

クリックすると元のサイズで表示します

ピンビャ王により
849年に城が築城された時、
城壁には12の門がありましたが、
残っているのは、この門だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雨期には、堀に水が貯まります。

クリックすると元のサイズで表示します

門の左右には、

クリックすると元のサイズで表示します

兄妹のナッツ神が祀られています。

クリックすると元のサイズで表示します

宮殿の跡で残っているのは、ここだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

エーヤワディ川の川岸。

クリックすると元のサイズで表示します

そこへ続く道。

クリックすると元のサイズで表示します

エーヤワディ川は、
古くからミャンマーの中心的な輸送手段でした。

クリックすると元のサイズで表示します

この舟に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

サンセットクルーズ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このようなモーターとプロペラで

クリックすると元のサイズで表示します

いざ出発。

クリックすると元のサイズで表示します

川で洗い物をする人たち。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな船や

クリックすると元のサイズで表示します

小さな舟が

クリックすると元のサイズで表示します

川に浮かびます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

岸には遠くパゴダが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サンセットが始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ライトアップされたパゴダ。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、ここで。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものが上映されていて驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ラスベガスのセリーヌ・ディオンのショーのDVD。

クリックすると元のサイズで表示します

著作権はどうなっているのか。
多分、無断上映でしょう。

食事の間、

クリックすると元のサイズで表示します

人形劇

クリックすると元のサイズで表示します

上演されています。

クリックすると元のサイズで表示します

続いてダンス

クリックすると元のサイズで表示します

象のダンス。

クリックすると元のサイズで表示します

前奏がかかっただけで、
欧米の客がどよめきました。
曲は、サイの「カンナム・スタイル」

「上をむいて歩こう」の演奏に続いて、
↓のダンスでかかったのが、

クリックすると元のサイズで表示します

何と「お座敷小唄」
「富士の高値に降る雪も
京都先斗町に降る雪も〜」
というやつ。
50年も前の曲で、
もはや日本では誰も歌う人はいないのに、
ミャンマーで生き延びていたとは。
それにしても、
著作権はどうなっているのでしょう。

「お座敷小唄」を聴きたい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=Ww6ZnO545gU&feature=player_embedded

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、剣の舞い。

クリックすると元のサイズで表示します

民族舞踊と言えるものは、これだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

女の子たちの踊りは低レベル。

クリックすると元のサイズで表示します

ここうして、
「お座敷小唄」のメロディーと共に、
バガンの夜は更けて行きました。






AutoPage最新お知らせ