ミャンマー旅行記D  旅行関係

バガン第2日目は、
ポッパ山へ。

クリックすると元のサイズで表示します

バガンから南東へ50q。
このような道を

クリックすると元のサイズで表示します

ひた走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな景色が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

途中立ち寄った製造販売所では

クリックすると元のサイズで表示します

こんな光景が。

クリックすると元のサイズで表示します

牛に引かせて、
油を搾ります。

クリックすると元のサイズで表示します

椰子の屋根の下では、

クリックすると元のサイズで表示します

砂糖の製造がされています。

クリックすると元のサイズで表示します

次々と鍋を移して、
最後はこのとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

黒砂糖の味です。

クリックすると元のサイズで表示します

お茶と豆を供してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

かたわらでは蒸留酒を造っています。

クリックすると元のサイズで表示します

外人さんが興味深そう。

クリックすると元のサイズで表示します

このナイフは椰子を切るためのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

椰子の葉で

クリックすると元のサイズで表示します

様々なものを作ります。

クリックすると元のサイズで表示します

更に山道を行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

見えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

これがポッパ山と誤解されていますが、
実は、これはタウン・カラ(円錐の山)という、
ポッパ山の中腹に突き出た岩山。
ポッパ山の頂上は、別にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上にナッツ神を祀っています。

クリックすると元のサイズで表示します

麓にナッツ神を守る場所がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

ナッツ神とは、昔からの土着の精霊信仰

クリックすると元のサイズで表示します

37のナッツ神が祀られています。

クリックすると元のサイズで表示します

どの顔も、旅回り一座の座長のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

手や

クリックすると元のサイズで表示します

首にお賽銭が。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、趣味が悪い。

クリックすると元のサイズで表示します

タウン・カラへ登る入口。

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりには、猿がたむろします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中には、お土産物屋が並び、

クリックすると元のサイズで表示します

このようなものもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

途中からは、履物を預けて裸足に。

クリックすると元のサイズで表示します

この階段をあがります。

クリックすると元のサイズで表示します

猿たちの活動は益々盛んに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

飴はちゃんと包装紙をむきます。

クリックすると元のサイズで表示します

またもやこのようなものが。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上までは73メートル

クリックすると元のサイズで表示します

777段の階段が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

普通の足で20分ほど。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく頂上が見えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上には、
ナッツ神を守る祠があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

電飾で飾られた仏様も。

クリックすると元のサイズで表示します

ポッパ山のナッツ神も
バガン王国の守護神として、
大切にされました。

クリックすると元のサイズで表示します

仏教と精霊信仰、そしてヒンズー教が混在。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

頂上からの景色は美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ポッパ山の頂上も見えます。
標高1518メートル
25万年前まで活動していた火山。
頂上には噴火口の跡も残ります。

クリックすると元のサイズで表示します

献金した方の名前が掲示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

川口市の保坂タケシ様。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなところにネコが。

クリックすると元のサイズで表示します

これが降り口。

クリックすると元のサイズで表示します

周辺はリゾート地になっています。
昼食は、そのホテルの一つで。

クリックすると元のサイズで表示します

このように緑豊か。

クリックすると元のサイズで表示します

色々面白いものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レストランの向こうに見えるのは、

クリックすると元のサイズで表示します

タウン・カラ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どうも人間には、
高いところに何かを作りたい
という願望があるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

岩山を眺めながら昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

大きなエビが入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからもポッパ山の頂上が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

少し降りたところにあった果物売り場。

クリックすると元のサイズで表示します

南国の果物が

クリックすると元のサイズで表示します

並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

上手にバランスを取って運びます。

クリックすると元のサイズで表示します

バガンに戻る途中立ち寄った

クリックすると元のサイズで表示します

メナンドゥ村

クリックすると元のサイズで表示します

昼寝する赤子。

クリックすると元のサイズで表示します

紡ぐ人。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろな額が飾ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します

アウンサンスーチーさんも人気。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな小さな村からも大学に通います。

クリックすると元のサイズで表示します

でも本人がここで仕事をしていますから、
大学を出ても、外には仕事がないようです。

クリックすると元のサイズで表示します

洗濯場。

クリックすると元のサイズで表示します

男たちだって、働いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

村の中を巡ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

村には120家族、500人が住んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

梅の収穫期で、
どこでも干されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

これを原料に、お菓子が作られます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

村の収入源。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

トイレは、外に。

クリックすると元のサイズで表示します

増築中。

クリックすると元のサイズで表示します

レンガで作られます。

クリックすると元のサイズで表示します

このお姉さんは、

クリックすると元のサイズで表示します

竹で写真立てを製造中。

クリックすると元のサイズで表示します

台所も覗きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは

クリックすると元のサイズで表示します

牛の餌を製造中。

クリックすると元のサイズで表示します

クリニックもありますが、
お医者さんは巡回制。

クリックすると元のサイズで表示します

時が止まっているような村。

クリックすると元のサイズで表示します

きっと何百年も変わらないのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アンテナがあるところを見ると、
電気は来ているようです。
あるいは自家発電か。

クリックすると元のサイズで表示します

王様の時代の貯水池。
涸れています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、日本の援助で出来た井戸。
一日数回汲みに来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

小学校もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

村人の生活に触れた後、
バガンに戻ります。





AutoPage最新お知らせ