『代官山コールドケース』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

警視庁特命捜査室の水戸部裕は、
17年前、代官山のアパートで
女店員が扼殺された事件の再捜査を命じられる。
被疑者死亡で解決済みの事件だ。
しかし、最近起こった川崎での強姦殺人事件の遺留品の中に
代官山事件の際のDNAと同じものが検出されたという。
手口からみて同一犯の可能性が高い。
もし神奈川県警が代官山殺人事件の真犯人を逮捕したら、
国家賠償請求訴訟で負け、
警視庁は大恥をかくことになる。
しかも、当時の渋谷署長は現在の警視庁の上級幹部。
その面子が著しく汚される。
警視庁としては、
代官山女店員殺害の真犯人がいるなら、
神奈川県警より先に逮捕することで、
警視庁の面子は救われる。
そこで再捜査となったわけだが、
組織は動かせず、
少人数の非公式捜査になるという。
渋谷署とは接触禁止。
しかも、当面捜査員は水戸部と
捜査一課の朝香千津子巡査部長との二人だけだという。

こうして、控訴時効撤廃が適用された17年前の事件に対しての
警視庁の面子をかけた秘密再捜査が開始される。
二人は当時の捜査報告書を読み、
現場に足を運ぶ。

これに並行して、
時を同じくして起こった西日暮里での
看護師殺人事件の捜査が進行する。
捜査員は時田悟警部補。
時田は代官山殺人事件の決着の仕方に疑問を抱いていた人物だ。

更に、両方の捜査にからんで、
警視庁科学捜査研究所の中島翔太の遺留品分析が描かれる。

水戸部の捜査は
有能な朝香の手助けで進展する。
当時被害者に関わった人物をあぶり出し、
捜査に当る下りはスリリングだ。
また、中島は代官山殺人事件の遺留品を再検査する中で、
重要な証拠を見つけ出す。
一方、西日暮里の事件の関係者の中から
代官山事件に関わった人物の一人が浮上する。

こうして、3箇所での地道な捜査の結果、
真犯人が逮捕されるのだが、
水戸部が秘密捜査を任命されてから一昼夜、
40時間の捜査として
凝縮した内容が描かれる。

また、代官山という土地柄をめぐる背景も綿密に描かれる。
特に被害者が田舎から東京にあこがれて
デザイン学校に入学し、
失望してやめ、
その後、店員生活をしていく
「典型的な転落人生」も描かれる。
当時のポルノ映画製造という背景、
また、医療関係者のセックスを前提にした交遊関係の実態など、
現代を切り取るファクターが描かれる。

被害者女性の経路に対しての刑事の推察。

「きょう一日聞き込みをしていて、
ぼくは彼女が代官山に住んだ理由が、
必ずしも見栄だけとは思えなくなっています」
「だから、憧れだったんだ。
彼女は高校時代の友達に、
代官山に住んでいることを自慢したはずだぞ」

「東京についてろくに知識もなく、
知っているのはファッション誌の記事で読んだ情報だけ。
専門学校に入学が決まったところで、
東京で名前を知っている数少ない場所、
代官山にやってきた。
駅を降りて不動産屋に飛び込み、
紹介されたのがあのアパート。
落胆するほどのひどい部屋だったけれど、
自分が家賃に支払える金額を考えると、
決めるしかなかった」
「専門学校を中退している。
どうして真面目に通い続けなかったのかな」
「地方出身の、
夢見る女の子をだますような学校
だったんじゃありませんかね。
だから中退したけれども、
ファッションへの夢自体は
捨てたわけじゃなかった」
「お次の夢はニューヨーク」

ポルノ製作者のセリフ。

こういう作品は
みなその時代、
ほんの数年間だけレンタル・ビデオショップの棚に並んで、
あとは消えていった。
もっというなら、
出演した女の子たちも、
時代に消費されただけで消えていった。
悲しいですよね。
せっかくの世相の映像記録なのに、
いまは観ることもできないんだから」

合コンに参加した医師の
参加女性の動機に対しての考察。

「ちょっと見栄張って
都心のいいマンションに住んだはいいけど、
家賃が支払えない。
支払いが滞ったとき、
不動産屋の営業マンが
そのアルバイトを紹介してくれたとか」

468ページの大部だが、
一挙に読んだ。
捜査過程の臨場感、
読み終えた後の充足感は抜群。
さすがは佐々木譲だと思わせる作品である。





AutoPage最新お知らせ