『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「ファミリー・ツリー」「サイドウェイ」と
日常の中の人生の機微を歌いあげる
アレクサンダー・ペイン監督の快作。

一人の老人・ウディが
モンタナの高速道路を歩いている。
パトカーが止めて事情を聞くと、
宝くじの賞金をもらいに
ネブラスカ州まで歩いて行くのだという。
呼ばれた息子のデイビッドに
ウディは一枚の手紙を示す。
「貴殿に100万ドルをお支払いいたします」
それは、宝くじへの投資を呼びかける勧誘で、
示された番号が当選番号だったら、
という注釈付きなのだが、
ウディは自分が当選したと思い込んで、
ネブラスカまで行くと言い張る。
既にまだらぼけが始まっているのだ。
見かねたデイビッドは、
車でネブラスカの手紙発行会社への旅に付き合うことにする。

モンタナとネブラスカの位置関係。↓

クリックすると元のサイズで表示します

丸2日かけて向かう途中、
ウディが生まれ育った故郷に寄る。
兄夫婦の家にやっかいになり、
昔の友達に会ったりしているうちに、
ウディが100万ドル当たったという噂が町を駆け巡り、
昔の仲間から借金の返済を求められたり、
甥たちから、分け前を求められたりする。
母親とデイビッドの兄も町にやって来て、
騒動は広がっていく・・・。

登場するのは、兄弟と甥以外は老人ばかり。
人生の秋を迎えた人々が田舎町で
変化のない生活をしている。
それぞれが過去の因縁を抱え、
悔恨と反省に満ちている。
そもそもウディの人生そのものが
悔いのあるものだった。

その父親と母親の過去を
デイビッドは初めて知ることになる。
やがて、騒動は思わぬ方向に展開し、
最後にデイビッドがした解決策は・・・

というわけで、
人々の日常を見つめるペイン監督の眼差しがやさしい。
どの人物も
アメリカの田舎町にいそうな人々。
でも、そこには、
長い人生が反映されている。

白黒画面のモノトーンの中で
展開する人間模様が滑稽だが、愛しい。
最後に父親が宝くじに執着する意図が分かるあたり、
熱いものが胸にこみあげて来る。

ラストは思いがけない爽快さをもたらす。
ペイン監督の目は確かだ。
そして、ウディを演ずるブルース・ダーンの名演技。
この人なくてはこの作品が成り立たないという思いをさせる。
アカデミー賞の主演男優賞ノミネート。
また、母親を演ずるジューン・スキップ
アカデミー賞助演女優賞ノミネートにふさわしい
痛快な演技を見せる。

観終えた後、心にしみて来る、名作

5段階評価の「4.5」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SGZxGQhZlCk



タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ