『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「ファミリー・ツリー」「サイドウェイ」と
日常の中の人生の機微を歌いあげる
アレクサンダー・ペイン監督の快作。

一人の老人・ウディが
モンタナの高速道路を歩いている。
パトカーが止めて事情を聞くと、
宝くじの賞金をもらいに
ネブラスカ州まで歩いて行くのだという。
呼ばれた息子のデイビッドに
ウディは一枚の手紙を示す。
「貴殿に100万ドルをお支払いいたします」
それは、宝くじへの投資を呼びかける勧誘で、
示された番号が当選番号だったら、
という注釈付きなのだが、
ウディは自分が当選したと思い込んで、
ネブラスカまで行くと言い張る。
既にまだらぼけが始まっているのだ。
見かねたデイビッドは、
車でネブラスカの手紙発行会社への旅に付き合うことにする。

モンタナとネブラスカの位置関係。↓

クリックすると元のサイズで表示します

丸2日かけて向かう途中、
ウディが生まれ育った故郷に寄る。
兄夫婦の家にやっかいになり、
昔の友達に会ったりしているうちに、
ウディが100万ドル当たったという噂が町を駆け巡り、
昔の仲間から借金の返済を求められたり、
甥たちから、分け前を求められたりする。
母親とデイビッドの兄も町にやって来て、
騒動は広がっていく・・・。

登場するのは、兄弟と甥以外は老人ばかり。
人生の秋を迎えた人々が田舎町で
変化のない生活をしている。
それぞれが過去の因縁を抱え、
悔恨と反省に満ちている。
そもそもウディの人生そのものが
悔いのあるものだった。

その父親と母親の過去を
デイビッドは初めて知ることになる。
やがて、騒動は思わぬ方向に展開し、
最後にデイビッドがした解決策は・・・

というわけで、
人々の日常を見つめるペイン監督の眼差しがやさしい。
どの人物も
アメリカの田舎町にいそうな人々。
でも、そこには、
長い人生が反映されている。

白黒画面のモノトーンの中で
展開する人間模様が滑稽だが、愛しい。
最後に父親が宝くじに執着する意図が分かるあたり、
熱いものが胸にこみあげて来る。

ラストは思いがけない爽快さをもたらす。
ペイン監督の目は確かだ。
そして、ウディを演ずるブルース・ダーンの名演技。
この人なくてはこの作品が成り立たないという思いをさせる。
アカデミー賞の主演男優賞ノミネート。
また、母親を演ずるジューン・スキップ
アカデミー賞助演女優賞ノミネートにふさわしい
痛快な演技を見せる。

観終えた後、心にしみて来る、名作

5段階評価の「4.5」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SGZxGQhZlCk



タグ: 映画

スリランカに飛びます  旅行関係

ミャンマー旅行記がまだ途中ですが、
次の「飛ぶ」時が巡って来ました。

今度はスリランカです。
昔で言うセイロン。

旅行会社は阪急交通社のトラピックス。
3カ月ぶりですね。

クリックすると元のサイズで表示します

行く理由は、
まず暖かいこと。
最高気温30度です。

そして、シギリヤ・ロックに登ること。

クリックすると元のサイズで表示します

スリランカには、
このシギリヤ・ロックを含め、
8つの世界遺産がありますが、
今回はそのうちの5箇所を巡る旅。

クリックすると元のサイズで表示します

旅行中もブログは続けますので、
ご愛読下さい。
現地のWiFi事情がよければ、
現地からの短い報告もします。

日本はいつまでも寒いですが、
それでは、
南の国に行ってまいります。


ミャンマー旅行記C  旅行関係

ミャンマーでは、
日本の車のお古が走っています。

JR関東バス。

クリックすると元のサイズで表示します

越後交通。

クリックすると元のサイズで表示します

塗装をし直す費用がないのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

日本で走っていた時のまま。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の文字がきれいなので、
そのまま残している、という説もあります。

このバスなど、ほとんど新車。

クリックすると元のサイズで表示します

青森山田高校のみなさんは、
自分たちのバスがミャンマーで走っているなどと
想像もしていないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

倉成観光。

クリックすると元のサイズで表示します

八坂?

クリックすると元のサイズで表示します

乗用車も

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

トラックも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

極めつけは、これ。

クリックすると元のサイズで表示します

休憩の後、マヌゥハ寺院から観光再開。

クリックすると元のサイズで表示します

モン族のマヌゥハ王により、
1067年に建立。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな托鉢の鉢があります。

クリックすると元のサイズで表示します

中を覗くと、

クリックすると元のサイズで表示します

お札が。

クリックすると元のサイズで表示します

3つの座った仏陀像と、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

寝釈迦像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ナムパヤ寺院

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは壁に

クリックすると元のサイズで表示します

3つの頭を持つ
ブラマーの彫像があります。

クリックすると元のサイズで表示します

この寺院は、
一時期牢獄としても使われた歴史があります。

クリックすると元のサイズで表示します

グビャウク寺院

クリックすると元のサイズで表示します

ここには壁画があるのですが、
保存のために撮影禁止。

クリックすると元のサイズで表示します

表で画家たちの手による壁画が販売されています。

クリックすると元のサイズで表示します

製作中。

クリックすると元のサイズで表示します

売れるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても

クリックすると元のサイズで表示します

見事なものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このお寺は現在補修中。

クリックすると元のサイズで表示します

「世界三大仏教遺跡」と呼ばれているにもかかわらず、
アンコールワット、ボロブドゥールのように世界遺産に認定されていないのは、
バガンの遺跡は
「生きた遺跡」と呼ばれるように、
宗教施設としてずっと使用されており、
補修(修復ではありません)、
改修が行われていたため、
建立当時の状態が保存されていない
として、世界遺産には認定されなかったのです。

スロヴェニアのポストイナ鍾乳洞に行った時、
こんなすごいものがどうして世界遺産じゃないんだ、
と思いましたが、
これも洞窟内にトロッコ列車を走らせたために、
世界遺産に認定されなかったのだと知りました。

なお、ミャンマー国内には、
世界遺産は一つも存在しません。

ブーパヤ・パゴダは、

クリックすると元のサイズで表示します

金色の茄子のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

エーヤワディ河に向かって建っているので、

クリックすると元のサイズで表示します

下に舟が沢山見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、シュエサンド・バゴダ

クリックすると元のサイズで表示します

タトォンを征服した直後の1057年に建設。
勝利の喜びがあふれているような建造物で、
壮大な5層の基盤が築かれ、
その上にパゴダが乗っています。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方になると、人々がこのパゴダに押し寄せて来て、
登山(?)し、夕日を眺めます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからの眺めも壮観。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

塔の頭の中には、
モン族から奪った釈迦の聖髪が収められているといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

地上に影を落とす頃、

クリックすると元のサイズで表示します

落日が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

押し合いへし合いの中、カメラを向けます。

クリックすると元のサイズで表示します

静かに

クリックすると元のサイズで表示します

陽が

クリックすると元のサイズで表示します

落ちて

クリックすると元のサイズで表示します

行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

降りるのは意外とスムーズ。

クリックすると元のサイズで表示します

もっと時間がかかるかと思いましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間にいなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

お嬢さんたちが出迎え。

クリックすると元のサイズで表示します

太陽が沈んだのだから、
頬のタナカは拭けばいいのに、
と思いますが、
これもファッションなのでしょうか。

よく繁盛しています。

クリックすると元のサイズで表示します

中華料理。

クリックすると元のサイズで表示します

楽団が音楽を奏で、

クリックすると元のサイズで表示します

伝統芸能の人形劇が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

意外と面白くない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中から人形使いも姿を見せます。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、バガンの夜は更けていきました。




ミャンマー旅行記B  旅行関係

パゴダの密集している所に連れて行かれました。

クリックすると元のサイズで表示します

大きいパゴダには名前が付いていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

小さいパゴダは番号が付いているだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

良質の粘土が出る所があり、

クリックすると元のサイズで表示します

その粘土を型取りし、

クリックすると元のサイズで表示します

焼いたレンガでパゴダが造られています。

クリックすると元のサイズで表示します

一説には、
焼く燃料である樹木の伐採で環境破壊が進み、

クリックすると元のサイズで表示します

バガンの衰亡が進んだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

パゴダの中には、

クリックすると元のサイズで表示します

仏像を伴っているものもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中には斜めに傾いているものも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レンタサイクルでゆっくり巡ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

レンタバイクで回る方法の他、

クリックすると元のサイズで表示します

馬車に揺られて行ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

乗合トラックでも可能。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、有名なアーナンダ寺院

クリックすると元のサイズで表示します

アーナンダは、釈迦の十大弟子の一人、阿難陀のこと。
それを聞いて「ああ、そーなんだ」と言ってはいけません。
意味は「歓喜」。
弟子になったのは、釈迦55歳、アーナンダ25歳の時。

この寺院は、1091年、
チャンセッター王により建立。

クリックすると元のサイズで表示します

高さは51メートル、

クリックすると元のサイズで表示します

東西182メートル、南北180メートルあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの仏陀像は立像です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

回廊には小さな穴が沢山造られ、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その中に仏像が収められています。

クリックすると元のサイズで表示します

建設当時からあるオリジナルの仏像。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くから見ると微笑んでいるように見えますが、

クリックすると元のサイズで表示します

下から見上げると、厳しい眼差し。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、遠望する庶民に対しては優しく、
近くで拝む王侯貴族には厳しく対するという、
彫刻家の工夫だそうです。

この仏像も

クリックすると元のサイズで表示します

同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

金箔を買って、貼り付ける人々。

クリックすると元のサイズで表示します

昼間の時間、

クリックすると元のサイズで表示します

犬たちは、ひたすら寝ます。

クリックすると元のサイズで表示します

寝る。

クリックすると元のサイズで表示します

寝る。

クリックすると元のサイズで表示します

寝る。

クリックすると元のサイズで表示します

起きてる。

クリックすると元のサイズで表示します

ダッビィンニュ寺院

クリックすると元のサイズで表示します

高さは61メートルあり、
バガンで一番高い建造物です。

クリックすると元のサイズで表示します

回廊と東西南北に仏陀像を配する造りは同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

4つの仏陀像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

信者が拝むための敷物。

クリックすると元のサイズで表示します

隣の僧院を訪ねると、

クリックすると元のサイズで表示します

このようなものがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

ビルマ戦線で亡くなった兵隊さんへの

クリックすると元のサイズで表示します

慰霊の碑

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何だか切なくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は川沿いのここで。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エーヤワディー川

クリックすると元のサイズで表示します

イラワジ川とも。

クリックすると元のサイズで表示します

今日もミャンマー料理。

クリックすると元のサイズで表示します

出た所で、子供がこんなものを売っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

子供が描いた絵をつなげたもの。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

1ドルで売れて嬉しそうでした。
ミャンマーの平均的月収は6万チャット。
つまり、6千円。
一日にすると200円です。
原価のかからない絵の販売は結構な実入り。
あの子が一日幸福な気持ちになれると思えば、
1ドルなど安いものです。

その後は、漆工場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

見事な細工です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2時頃、ホテルへ。

クリックすると元のサイズで表示します

ニュー・バガンと言われる一角には
沢山のホテルがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

このプールは、何故か塩水。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は結構広い。

クリックすると元のサイズで表示します

2時から4時までは休憩。
続きは明日。


浦安(の一部)では、もう桜が咲いています  わが町・浦安

今日は浦安を訪ねて来た方と昼食。
↓すき焼き御膳。

クリックすると元のサイズで表示します

午後から、ある所に行きました。
というのは、桜の噂はまだですが、
浦安には、
既に桜が咲いているところがあるのです。

それが、↓ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには38のお風呂があるのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂の脇にある桜が、
お湯の湯気が当たって暖かいらしく、
春と勘違いして、
花を開いているのです。
その写真がこれ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、水着混浴スペースがあり、
みだりに他人の水着姿にカメラを向けない限り撮影自由。
いつものデジカメでなく、
臨時のものを使いましたので、
光量不足でうまく撮れていませんが、
ご勘弁下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

風呂につかりながら、
桜と夕焼けの空を眺め、

クリックすると元のサイズで表示します

マッサージをしてもらい、
↓のような食事を食べて、
しばしの骨休めです。

クリックすると元のサイズで表示します

↑これは、フカひれあんかけチャーハン。
あまりうまくはありませんでしたが、
フカひれスープとチャーハンを組み合わせるというのは、
なかなかのアイデアだと思いましたので。





AutoPage最新お知らせ