『潮鳴り』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

豊後・羽根藩藩士・伊吹櫂蔵(かいぞう)は、
藩校で俊英と謳われ、
剣術と居合術の腕前も評判で、
勘定方として出仕していたが、
宴席上での商人の無体な要望に対する
怒り任せの失敗からお役御免となり、
家督を義弟の新五郎に譲り、
浜の漁師小屋で自堕落な生活をし、
周囲からは襤褸蔵(ぼろぞう)と呼ばれるまでに落ちぶれていた。

ある日、新五郎が切迫した表情で会いに来た。
家財道具を売り払った金のうち三両を残していくが、
櫂蔵はその日のうちに女と酒と博打で使い果たしてしまう。
その直後、新五郎の切腹の知らせが入る。
新田開発奉行並をしていた弟は、
藩の財政改善のために
天領日田の商人から借りた5千両が
藩の裏切りで江戸屋敷に送られ、
本来の使途に用いられなかった責任を取って切腹したのだ。

直後、藩から弟と同じ新田開発奉行並として出仕を促された櫂蔵は、
弟の無念を晴らすべく
奉行並の職につき、
同時に消えた5千両の金の行方を探る。
その背後には、
藩の財政改革を利用して儲けを企む
藩の中枢と悪徳商人の存在があった。

この縦軸に対して、
櫂蔵が本家に戻る際、
共に連れて行ったお芳と
継母の染子(弟新五郎の実母)との確執が描かれる。
お芳は藩の重鎮・井形清左衛門に捨てられたことで 
ヤケになって酌女になり、
身を売っていた女。
お芳の孤独な心と共鳴した櫂蔵は
妻にするつもりで家に入れたのだが、
染子はそれを許さず、
女中として迎え入れる。
染子はお芳の存在を無視し続けるが、
次第にお芳の一途な生き方に
心が溶けていく。

お芳の口にする「落ちた花は二度と咲かない」という言葉のように、
登場人物たちは、
暗い過去の過ちで自分を責めている人たちだ。
櫂蔵の盟友となる咲庵は
元江戸の商家の番頭だったが、
駆け落ちした女房を置き去りにして
俳諧の道に入り、
妻の死の知らせに泣く。

新田開発にいる長尾四郎兵衛、浜野権蔵、重森半兵衛士は、
江戸の勘定方だったが、
藩主の吉原通いによって
藩の財政が破綻したのを諫めたことで
切腹を命じられ、
井形清左衛門に命を助けられ
以降、飼い殺しの状態にいる。

始めは冷たく櫂蔵を見ていた一同だったが、
村娘が女衒に売られそうになったのを
何とかしようとする櫂蔵の姿を見て、
彼らの中にも失われた何かが芽生え始める。

「落ちた花」の人生から立ち直り、
「より美しい二度目の花」を咲かせるために
生きようとする人々を描いた感動作。

入水自殺しようとする櫂蔵を止めたお芳は櫂蔵に言う。

「どんなに辛くても自分で死んじゃいけないんです。
そんなことをしたら、
未来永劫、暗い所を亡者になって彷徨わなきゃならなくなる。
辛くてもお迎えが来るまでがんばって生きたら、
極楽の蓮の上で生まれ変わるって、
祖母が言っていました。
だから、この世で辛い目にあっているひとほど、
自分で死んじゃいけないんです」

お芳に心を開いた染子が、お芳に対して言う。

「昔のことなど忘れさい。
女子は昔など脱ぎ捨てて生きるのです。
それは、武門の覚悟も同じなのですよ」

最後、潮鳴りの中に櫂蔵は、お芳の声を聞いた気がする。

生きてください
生きてください
そして見せてください
櫂蔵様の花を
落ちた花がもう一度咲くところを
だから生きてください

咲庵はかつて、
潮鳴りが亡くなった妻の泣く声に聞こえると言った。
しかしいまは違うのだろう。
潮鳴りはいとおしい者の囁きだったのかもしれぬ、
と櫂蔵は思った。
いまもお芳が静かに囁き、励ましてくれているのだ。
(わたしは一生、潮鳴りを聞くことになるだろう)

ただ、悪徳重職や商人、
藩主の生母妙見院の存在など、
野球で言えば
「球を置きにいっている」ような展開で、
特に最後の能見物の場面など、
ちょっと現実感が失せる。
葉室作品にしては、
少し底が浅い印象だった。

葉室麟の直木賞受賞作『蜩ノ記』の感想文は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20120316/archive

同じ作家の「銀漢の賦」は↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20121211/archive





AutoPage最新お知らせ