帰国しました  旅行関係

今朝、ミャンマーから帰国しました。

暖かかった、がまず感想。
なにしろ、ずっとTシャツ、半ズボンにサンダルの生活でした。

古都バガンでは

クリックすると元のサイズで表示します

一生分のパゴダと

クリックすると元のサイズで表示します

一生分のお寺と

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一生分のお釈迦様を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

市場も訪ね、

クリックすると元のサイズで表示します

パゴダの上から沈む夕日を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ポッパ山では、不思議な岩山を見ながら昼食を食べ、

クリックすると元のサイズで表示します

昔のままに暮らす村も訪れました。

クリックすると元のサイズで表示します

サンセットクルーズも体験。

クリックすると元のサイズで表示します

民族舞踊も見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでかかった日本の曲に驚かされました。
日本では既に忘れられた曲が
こんなところで生き延びていたとは。

パゴタ巡りの熱気球は高額で断念。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンゴンでは巨大な寝大仏を。

クリックすると元のサイズで表示します

市場、

クリックすると元のサイズで表示します

チャンナタウン、

クリックすると元のサイズで表示します

駅にも行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、何と言っても
最後に行った
シェエダゴンパゴダ

クリックすると元のサイズで表示します

壮大さには驚愕。

クリックすると元のサイズで表示します

しばし時を忘れて

クリックすると元のサイズで表示します

瞑想にふけりました。

クリックすると元のサイズで表示します

わずか3泊ですが、
一週間にも匹敵する印象。
東南アジアの中でも、
衝撃の旅と言えます。

詳しいことは、後日。


バガン  

今、ミャンマーのバガンにいます。
ここは2000にも及ぶパゴダが林立する遺跡があり、壮観でした。


クリックすると元のサイズで表示します

ミャンマーに飛びます  旅行関係

また、「飛ぶ」時がやって来ました。
今度の行き先は、ミャンマー

クリックすると元のサイズで表示します

昔のビルマです。
「ビルマの竪琴」ならいいですが、
「ミャンマーの竪琴」では様になりません。

訪問地は、古い王朝の都バガン

クリックすると元のサイズで表示します

2千を越すパゴダ(仏舎利)の遺跡群を観てまいります。

ポッパ山にも行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ヤンゴン(旧ラングーン)。

クリックすると元のサイズで表示します

3泊5日のあわただしい旅です。

クリックすると元のサイズで表示します

それでは、行ってまいります。




中国人への贈り物  耳より情報

Taipei Computer Association 駐日代表の
吉村章氏が、
「中国人への贈り物の品物選びに要注意」
という文章を掲載しているので、
ちょっとまとめてみました。

○傘や扇子は避けたほうがいい

中国語の発音では「雨傘」(yusan)、
「扇子」(shanzi)と言います。
これらの言葉は、
中国語の「解散」(jiesan)、「離散」(lisan)の
「散」(san)という言葉を連想させます。
つまり、「散らばる」、「ばらばらになる」、「別れ別れになる」という意味。
「関係が壊れる」、「縁が遠のく」という
マイナスイメージを連想させる言葉なのです。

○時計を贈るのは厳禁

「時計」は中国語で「鐘」(zhong)と発音します。
掛け時計は「掛鐘」(kua zhong)、
置時計は「坐鐘」(zuo zhong)、
目覚まし時計は「閙鐘」(nao zhong)と言います。
その「鐘」(zhong)という文字の発音が、
「終」(zhong)という文字の発音と同じです。
「時計」を送るということは、
「終了」、「おしまい」を連想させます。
つまり、「私たちの関係をこれで終わりにしましょう」という意味です。
大げさに言うと「絶縁状」を叩きつける行為、「絶交宣言」なのです。

また、「時計を送る」という意味の「送鐘」(song zhong)という言葉は、
まったく同じ発音に「送終」(song zhong)という言葉を連想させ、
この言葉の意味は「親の死に水をとる」、「死者を見送る」、
「死者を弔う」という意味になります。
例えば、皆さんの家族や友人の結婚式に黒いネクタイをして来た人がいたら、
皆さんはどう思うでしょうか?
「縁起でもない」、「なんて失礼な人なんだ」と思うでしょう。
中国人に「時計」を送るということは、
これと同じような感覚です。
不吉なことを連想させる常識はずれの行為なのです。

○ハンカチ、ネクタイ、靴も駄目

ハンカチは涙を誘うと言われ、
「不幸を暗示するプレゼントだから」という理由です。

ネクタイは女性が男性を拘束するという意味があるそうです。
「あなたは私のいいなり……」というように、
まるで飼い犬に首輪を付けるような感覚なのでしょうか?

靴は「これを履いてどこか遠くへ行ってください」という
「私から遠ざけたい」という意味があるそうです。
また中国語の「靴」(xie)は、「邪」(xie)と同じ音です。
「あやしい」、「おかしい」という言葉に通じるからダメ……。

○薬も嫌われる

「薬」は送るということは「病気を招く」という意味で嫌われます。
「薬」もプレゼントしてはいけない品物です。
「薬」をプレゼントするときは、
プレゼントした相手からコインを1枚もらうとよいそうです。
つまり、こうすることで「薬を送った」のではなく、
「薬を売った」ことにするのです。

○病気の見舞いに「梨」を持って行くのはダメ

病気で入院している友人に果物を持って行ったりしますが、
中国では「梨」は絶対にダメだそうです。
日本では病気見舞いに「鉢植え」はダメだと言います。
「そこに長く根付く…」ことを嫌うからで、
「生花」が一般的です。花瓶に花を活けるわけです。
「梨」は中国語で同じ発音の漢字に「離」(li)があり、
「離れ離れになる」を意味し、
「別れ」を暗示させる言葉です。
病人に対して、「もう2度と会えませんね」とお別れを告げる意味です。
確かにもらった方はどんなにおいしい「梨」でも、
「これでお別れですね」という送り物は、
あまりいい気分がしないですね……。


中国では、
お土産は「豪華に」、「派手に」、「いいものを」、「大げさに」が基本原則です。

お菓子の詰め合わせを
「つまらないものですが、
皆さんで召し上がってください」はダメです。
「ひとつだけ、少なくて申し訳ないけど、
このお菓子食べねください」
と気持ちを伝えようとする日本人。
お菓子を受け取る中国人から
「本当にひとつだけ(?)なんてケチな日本人…」と、
あなたはそう思われているかも知れないのです。

だからと言って「お菓子の詰め合わせセット」がだめなわけではありません。
「なぜこれを選んだか…」、
「なぜこれをあなたにプレゼントするか…」
というコメントをしっかり伝えるのです。
例えば、
「陳さん、このお菓子をぜひ陳さんに食べて欲しくて、
わざわざ選んで買ってきました。
これはなかなか手に入らないプレミアムのお菓子で、
私が食べたお菓子の中で最高で、
空港で一生懸命探して、
やっと見つけて買ってきました」
というようなコメントです。

さらに、「これをどう使った欲しいか…」、
「これを使って何をして欲しいか…」
徹底的にお土産の良さを主張するのです。
例えば、
「ぜひこの置物をを社長室の本棚の横に置いてください。
この置物は幸運を呼ぶ言い伝えがあります。
私たちの友好の証です」
「このお酒は金粉入りの大吟醸酒です。
名前の由来は…です。
ぜひ、特別なお客様をおもてなしするときにいっしょにお召し上がりください」

ポイントはお土産を渡した相手が、
他の人に自慢しなくなるようなエピソードを伝えること。
他の人に自慢したくなるような薀蓄を添えてお土産を渡すことです。

こうしたコメントを添えることで、
渡したお土産は何倍もの効果を発揮することになります。
「つまらないものですが、
ぜひ皆さんで召し上がってください」
とか、
「少ないけど、気持ちだけ受け取ってください」
ではダメなのです。


何だか中国人にプレゼントするのは、
面倒臭いですね。
中国政府に、時計を沢山贈りたくなりました。


映画サークル  身辺雑記

↓は、昨日の夕月

クリックすると元のサイズで表示します

夕日ではありません。
月が沈んでいくところ。

そういえば、昔、黛ジュンの歌で「夕月」というのがありましたな。

聴きたい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=W9Ig8uV0_xw


さて、今日は夕方から銀座にでかけました。

クリックすると元のサイズで表示します

道路脇には、
まだ雪が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は月一度の
映画サークルCCSのティーチ・インの日。

近況報告での話題は、
佐村河内氏の事件
こういう会合でも話題になるところをみると、
世間でどれほど話のタネにされているのでしょうか。

それともう一つはソチ・オリッピックの
羽生選手の金メダル
こちらは明るい話題です。

今日のティーチ・インはいつもと違い、
近く発表されるアカデミー賞の予想大会
各部門について、
各自が予想を言い合います。
その予想では、
「ゼロ・グラビティ」が6部門、
「ダラス・バイヤーズクラブ」が3部門、
「それでも夜は明ける」「her/世界でひとつの彼女」
「華麗なるギャツビー」が2部門、
「ブルージャスミン」「アナと雪の女王」
「アメリカン・ハッスル」「風立ちぬ」が1部門
の受賞となりました。
アカデミー賞受賞式は3月2日(日本時間3日)に開催されます。

その後は、
時間の許す限り、
映画の感想大会。
「利休にたずねよ」
「ペコロスの母に会いに行く」
「永遠の0」
の3作品について、
熱く語り合いました。





AutoPage最新お知らせ