パスポートを増補  身辺雑記

今日は朝早くから千葉駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前のバスターミナル。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな心に訴える掲示もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに来たのは、
パスポートが一杯になったので、
増補するため。

クリックすると元のサイズで表示します

2009年2月の取得以後、
5年で一杯に。
その間に53回使用
よく働いてくれました。

ここの旅券事務所は、
そごうと同じビルにあります。

クリックすると元のサイズで表示します

何年後かには、
パスポートの発行が市町村で出来るようになるそうで、
その場合は、浦安でも発行出来ますが、
当面は千葉まで行かなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな注意書きが。

クリックすると元のサイズで表示します

手続きは増補申請書と、
現在のパスポートを提出するだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

事務所の前には、
写真と旅行用品の店があります。

クリックすると元のサイズで表示します

有楽町の交通会館と同じですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、2つのお店が競い合い。

クリックすると元のサイズで表示します

写真代が無料になるのは、
ここでクレジットカードに入った場合です。

クリックすると元のサイズで表示します

増補に必要な収入印紙を買ったら、
「千円値引きになりますが」
と誘われたのも、
同じくクレジットカードに入った場合。

待つこと、1時間余り。
その間に喫茶店で食べたモーニング

クリックすると元のサイズで表示します

追加のページをどうやってつけるのだろう、
製本し直すのだろうか、
と思っていたら、
追加の40ページ分を透明なテープで貼り付け。
割り印が押されています。
割り印を押す場所の希望を訊かれて、
「では、真ん中に」
と言うと、
「上か下にする決まりです」
とのこと。
「最後のページの上の方に
自動化ゲート利用希望者登録済の印がありますから、
下にしたらいかがですか」
「じゃ、下に」
というやりとりがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

「SUPPLEMENT」という刻印もあります。
ページに「S−1」「S−2」とある「S」とは、
「SUPPLEMENT」の「S」のようです。。
サプリメントと言っても、栄養補助食品ではありません。
「増補」という意味。

クリックすると元のサイズで表示します

増補前のパスポート。厚さ4ミリでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

増補後は、厚さ6ミリになりました。

クリックすると元のサイズで表示します


申請といえば、
昨日、浦安市からカミさんに
「老人医療費助成事業のお知らせ」
という文書が届きました。

68歳を過ぎたら、
保険診療で支払った3割の自己負担金のうち、
2割分を助成するので、
申請しなさい、
という連絡です。
つまり、
自己負担分は今までの3分の1になる、とのこと。

そんなありがたい制度があるとは知りませんでした。

しかし、よく読むと解せないことが書いてあります。

「届出時に必要なもの」として、

@印鑑
A健康保険証
B平成23年中の収入額が確認できる書類

とあります。

市に問い合わせてみました。

「随分前のものを提出させるんですね。
平成25年の間違いではないんですか」
「平成25年分は、確定が遅れるので、
その前の年のものを提出していただいています」
「その前の年? つまり、これは、
平成24年、の間違いですか」
「あ、そうですね」

次に「助成対象期間」

68歳の誕生日の翌月から平成25年7月31日までになります。

と、書いてあります。

市への問い合わせは続きます。

「家内はこの1月で68になりましたから、
翌月2月からですが、
平成25年7月31日まで、とは」
「あっ、すみません。
それは平成26年7月31日、の間違いです」

唖然としました。

「こんな短い文書で、
年の間違いが2箇所もあるんですか」
「申し訳ございません」
「この文書を出して、
今まで問い合わせはなかったんですか」
「お客様が初めてです。
お客様の指摘で間違いが判明して、ありがたいです」

地方公務員がゆるい仕事をしていることは知っていましたが、
前の年と同様の文書を出す時、
年を変更することを忘れるとは。
郵送作業をする時、
職員間で誰一人気づかなかったのでしょうか。
そちらの方が不思議です。






AutoPage最新お知らせ