『キャプテン・フィリップス』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

                    
「アフリカの角」ソマリア海域
海賊の出現で有名なところだ。
この映画は、
その海賊に襲われ、
人質になった船長を描く。

2009年4月。
アメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号は、
アフリカへの援助物資の食糧を積んで
ケニアに向かうべくインド洋を航行していた。
しかしソマリア沖でアラバマ号は海賊に襲われ、占拠されてしまう。

海賊の漁船は改造され、
スピードでコンテナ船に負けない装備をしており、
ハシゴをかけられ、
あっさり海賊の侵入を許してしまう。
それもそのはず、
海賊への防御対策は放水だけで、
一切の武器は持っていない、
全くの丸腰の状態なのだ。

しかし、へたに武器を携帯すれば、
逆に殺されてしまうのも実情だろう。

リチャード・フィリップス船長は乗組員を救う為、
海賊の人質になる。
アメリカは海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動。
人質救出、海賊共々殲滅かの選択を迫られる。

後半は、救命艇の中での密室劇の様相。
ここで、海賊たちを取り巻く状況、
外国漁船団の乱獲、
産業廃棄物の投棄で、
魚が取れない状況が明らかになる。
しかし、海賊行為で得た金も
結局はボスたちの私腹を肥やすだけの現状も明らかになる。
結局はソマリアが内戦で無政府状態、
国の体をなしていないのが原因なのだ。

圧倒的なアメリカ海軍の軍事力の前に
なすすべもなく捕獲されていく海賊たちの行く末があわれだ。

しかし、そうした感傷も同情も排除して、
客観的に海賊との戦いを描写する
ポール・グリーングラス監督演出力が素晴らしい。
さすが「ユナイテッド93」を撮った監督だ。
手持ちカメラの不安定な映像で
2時間を越える時間を
一瞬の停滞もなく、
持続する緊張で押し切るのはなかなかのもの。
そして、それを支えるトム・ハンクスの演技。
ひとりのプロフェッショナルの精神構造を活写する。
さらに、海賊を演じた4人の黒人俳優のリアリティ。
強気と弱気が交錯する姿、
根はやさしい彼らの心境も描く。
映画が「状況」と「人間」を描くことで
成り立つことを改めて感じさせてくれる
緊迫感あふれる映画である。

5段階評価の「4」

予告編は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zc2wo5xytxc

ソマリアについては、↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2

ソマリアの海賊につついては、↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%B2%96%E3%81%AE%E6%B5%B7%E8%B3%8A

                                            
          
タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ