アメリカ旅行記G ユニヴァーサル・リゾート  旅行関係

オーランド3日目は、
ユニヴァーサル・オーランド・リゾートへ。

クリックすると元のサイズで表示します

今、世界にはユニヴァーサル・スタジオは4つあります。

まず、ロサンゼルスにある
ユニヴァーサル・スタジオ・ハリウッド。
歴史は古く、1964年の開園。
ユニヴァーサル・スタジオ・ジャパンは大阪にあり、2001年開園。
ユニヴァーサル・スタジオ・シンガポールは2010年の開園。
ユニヴァーサル・スタジオ・ドバイランドは現在建築中断中。
そして、
ユニヴァーサル・スタジオ・フロリダ
ここオーランドで1990年開園。
第2パークであるアイランズ・オブ・アドベンチャーが1999年開園で、
この二つを合わせて、
ユニヴァーサル・オーランド・リゾート
と呼んでいます。

ちなみに、ディズニーランドはアナハイムから始まって、
オーランド、東京、パリ、香港と拡大。
第2パークとして、
オーランドにはEPCOT、ディズニー・ハリウッド・スタジオ、
アニマル・キングダムがあり、
アナハイムにはカリフォルニア・アドベンチャー、
東京にはディズニー・シー、
パリにはディズニー・スタジオがあります。

上記全てのパークに私は行っています。
マニアというか、変わり者というか。

今回は地元の旅行会社のツァーに参加。
↓がその出迎えの車。

クリックすると元のサイズで表示します

「二人以上集まらないと不催行」ということでしたが、
名古屋から来たOL二人組、
カップル、親子三人組と私で8人ですから、
ツァー催行会社としては採算が取れています。

料金は23,815円と高いですが、
ホテルからリゾートまでのタクシー代、
往復で5,60ドルを考えれば、
送迎が付く分リーズナブルと考え申し込みました。

歓迎の文字。

クリックすると元のサイズで表示します

シティ・ウォークという商業施設があります。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、アイランズ・オブ・アドベンチャーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

2つのパークのセット販売です。

クリックすると元のサイズで表示します

アトラクションに優先入場できるエクスプレス・パスというのがあり、
追加料金を支払います。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、そのチケット。
↓が入場券。紙製。

クリックすると元のサイズで表示します

裏側がエクスプレス・パスに。

クリックすると元のサイズで表示します

入口で読取機で読み取り、
1アトラクション1回のみ有効。

入場は指紋で認証。
再入場の時に有効。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう風景を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく真っ先に

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

「ハリー・ポッターの魔法の世界」のエリア。

クリックすると元のサイズで表示します

ホグズミード村が作られています。

クリックすると元のサイズで表示します

一角には、ホグワーツ行きの機関車も。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

魔法の杖を売るお店。

クリックすると元のサイズで表示します

村を通り抜けると、

クリックすると元のサイズで表示します

お城が。

クリックすると元のサイズで表示します

ホグワーツ魔法魔術学校。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここがアトラクション「ハリー・ポッターと禁断の旅」

クリックすると元のサイズで表示します

ロッカーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

激しく動くアトラクションなので、
荷物を預けなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからお城に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

中には、

クリックすると元のサイズで表示します

様々な装飾が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

奥にハリー・ポッターらがいます。

クリックすると元のサイズで表示します

この4人乗りの乗り物が

クリックすると元のサイズで表示します

空を飛ぶ魔法のほうきのような動きをします。
コンセプトはほうきに乗っての飛行のテスト。
城の中から外に出ると、
野原や山を飛び回ります。
それが270度くらいの視野の映像で示され、
本当に飛んでいるよう。
城に戻り、また外へ。
玉入れ競技の場面になり、
敵にハリーが妨害されたりします。
もう一度城へ戻り、
再度外へ。
城の外側を巡り、内部へ。
「合格」ということで、
校長以下が拍手で迎えます。

テーマパークのアトラクションの中で、
こりに凝った趣向で、
最高峰と言えるでしょう。
このような構想を立て、
実現してしまう技術力に敬服します。

乗り物を降りて戻るとロッカー室へ。
え?
ロッカーに預けたことにして、
また入れる?
入れた。
というわけで、
その後、3回連続して乗ってしまいました。

来年には大阪にも出来るそうですが、
これが出来ると、
ディズニーランド、やばいです。

外から見た城の風景。

クリックすると元のサイズで表示します

同じエリアにある、フライト・オブ・ザ・ヒポグリフ

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと遅めの

クリックすると元のサイズで表示します

ローラーコースター。

クリックすると元のサイズで表示します

このドラゴン・チャレンジは、

クリックすると元のサイズで表示します

ぶら下がった状態で乗る、コースター。

クリックすると元のサイズで表示します

赤と青があり、

クリックすると元のサイズで表示します

同時出発。

クリックすると元のサイズで表示します

途中で赤と青がぶつかりそうになります。

クリックすると元のサイズで表示します

もっともこの日は青しか運転していませんでしたが。

クリックすると元のサイズで表示します

希望すれば、最前列に乗ることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと待ちますが、いい制度。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはジュラシック・パーク

クリックすると元のサイズで表示します

そのディスカバリーセンター

クリックすると元のサイズで表示します

映画「ジュラシック・パーク」の最後で

クリックすると元のサイズで表示します

恐竜の骨格見本が崩壊するシーンで

クリックすると元のサイズで表示します

使われました。

クリックすると元のサイズで表示します

地面には様々な化石が。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼は、七面鳥の足。

クリックすると元のサイズで表示します

ワイルドな感じなので、
ここではいつもこれを食べます。

リバー・アドベンチャー

クリックすると元のサイズで表示します

船に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

恐竜の世界へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

研究所へ。ここでカメラをビニール袋の中に。

クリックすると元のサイズで表示します

というのは、

クリックすると元のサイズで表示します

こうなるからで、

クリックすると元のサイズで表示します

ずぶ濡れです。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、みんな笑顔。

クリックすると元のサイズで表示します

このプテラノドン・フライ

クリックすると元のサイズで表示します

エクスプレス・パスが使えないので、
今回も見送り。

他に水に濡れる乗り物は、こんなのや

クリックすると元のサイズで表示します

こんなのがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

特に、この急流下りは、
パンツまでびしょ濡れになります。

しばらく行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

スパイダーマンの素敵な冒険

クリックすると元のサイズで表示します

乗り物と3D映像を組み合わせたアトラクション。
「トランスフォーマー」が出るまでは、
史上最高のアトラクションに位置づけていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ドクター・ドゥームのフェアフォールは、

クリックすると元のサイズで表示します

この状態で上にバンジーします。

クリックすると元のサイズで表示します

このハルクのコースターは、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

乗ってる時間の長さや

クリックすると元のサイズで表示します

ひねりの回数などで、

クリックすると元のサイズで表示します

私と娘の評価は、ナンバーワン・コースター。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ハルクを最後にアイランズ・オブ・アドベンチャーを去り、
ユニヴァーサル・スタジオ・フロリダへ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

シュレック4D

クリックすると元のサイズで表示します

座席が動き、水滴が降り注ぐなど、
4Dものでは最高クラス。

トランスフォーマーは、
3Dと乗り物の組み合わせで、
「スパイダーマン」を越えました。

クリックすると元のサイズで表示します

去年の夏、ロスで2時間半並んで乗ったのに、
ここでは4回乗れるほど空いていました。

ハリウッド・リップ・ライド・ロキット

クリックすると元のサイズで表示します

垂直に登り、

クリックすると元のサイズで表示します

一気に落とされます。

クリックすると元のサイズで表示します

これもBGMを選択出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ツイスター

クリックすると元のサイズで表示します

町のセットに、

クリックすると元のサイズで表示します

人工の竜巻が襲います。

クリックすると元のサイズで表示します

写真には撮れていませんが、
車や牛も空を飛びます。

クリックすると元のサイズで表示します

一角ではブルース・ブラザースのショー。

クリックすると元のサイズで表示します

町のセット。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サンフランシスコのフッシャーマンズ・ウォーフのセットには、

クリックすると元のサイズで表示します

ジョーズの展示があります。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、ジョーズのアトラクション、なくなっていましたね。

これは、「ハムナプトラ」の乗り物。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ向きに闇を疾走します。

ここで、ロッカーの仕組みを紹介しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

最初にここをタッチして、

クリックすると元のサイズで表示します

次に言語を選びます。

クリックすると元のサイズで表示します

あとは指示のままに。

クリックすると元のサイズで表示します

列に並んでいる間に30分経つと有料に。
30分は短いのでは。

クリックすると元のサイズで表示します

認証は指紋で。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ロッカー番号が指示されます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

取り出す時は、

クリックすると元のサイズで表示します

ここで選択。

クリックすると元のサイズで表示します

ロッカー番号を忘れたら、大変。

クリックすると元のサイズで表示します

今度も指紋で認証。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この表現は、微妙。

クリックすると元のサイズで表示します

デザスター(災害)。

クリックすると元のサイズで表示します

まず参加者の中から出演希望者を募り、

クリックすると元のサイズで表示します

シーンに合わせて撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

結構手が込んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

乗り物に乗り、
地下鉄で地震に遭遇。
そういえば、
このアトラクション、
前身は「大地震」というアトラクションでした。

クリックすると元のサイズで表示します

戻る時に、
先程撮ったシーンが
災害に遇った人々、という想定で映像化。
大笑いです。

メン・イン・ブラック・エイリアン・アタック

クリックすると元のサイズで表示します

この乗り物に乗り、
現れるエイリアンを射撃。

クリックすると元のサイズで表示します

シューティング・ゲームは意外と面白くありません。

何が建てられているのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

「シンプソンズ」の世界

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このシンプソンズ・ライドは、

クリックすると元のサイズで表示します

アイマックスのドーム映像に合わせて、
乗り物が動いて、
臨場感を高める装置。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」
と同じ仕組み。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」は、
フロリダでもロスでもなくなり、
大阪だけ残っていますが、
その理由が判明しました。
あのライドの設定は2011年の未来を目指す、
だったので、
実際に2011年に追いついてしまったので、
廃止になったのだそうです。
随分生真面目だね。

E.T.アドベンチャー

クリックすると元のサイズで表示します

大阪でも、もうじきなくなるそうです。

パレード。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ターミネーター2:3D

クリックすると元のサイズで表示します

大阪ではこのキャラクター「綾小路麗華」が受けていました。

クリックすると元のサイズで表示します

このアトラクションも名作です。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
時間一杯までユニヴァーサル・スタジオで。

クリックすると元のサイズで表示します

シティ・ウォークには映画館があります。

クリックすると元のサイズで表示します

上映作品。

クリックすると元のサイズで表示します

フードコート。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はバンダ・エクスプレスで。

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場への通路。

クリックすると元のサイズで表示します

この景色も見納めです。

クリックすると元のサイズで表示します

オーランドの3日間も
これで終わりです。






AutoPage最新お知らせ