『清須会議』  映画関係

一連の戦国武将ものが続きます。

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

織田信長が本能寺で死んだ後、
ゆかりの清須城に織田家の家臣が集まって、
織田家の後継を決める会議を行う、
その顛末を三谷幸喜が映画に仕立てた。
戦国時代の話だが、
合戦や剣劇は一切なく、
清須城に集まった者たち、
特に柴田勝家と羽柴秀吉の暗闘を描く。

三谷幸喜自身の手による原作があるが、
原作とは随分テイストが違う。
もっとはじけた笑いがあるかと思ったら、
そうでもなく、
ごく真面目な作り。

そうは言っても、
戦国武将が現代語で会話するわけだから、
そこには現代が反映する。
巨大企業の跡目争い、という側面で、
副社長と専務が
遺族を立てて争っている、
という感もなきにしもあらず。

状況に対する解説もなく、
役に対するテロップも出ない。
予備知識が必要かとも思うが、
途中からそれも気にならなくなった。
というのも、織田信孝を立てた柴田勝家と
織田信雄(のぶかつ)を立てた羽柴秀吉の
対立が明確になっているからだ。

私は面白く観た。

豪華絢爛の役者陣では、
無骨な老将・柴田勝家を
流れに対応出来ず、戦場でしか力を発揮しない
時代遅れの者として演じた役所公司
草履取りの時代から知っている老将たちの中に
藤吉郎を蔑む気配が濃厚なのを
挽回していく策略で、
秀吉の「人たらし」の側面をうまく演じた大泉洋
勝家に肩入れしながらも、
秀吉の三法師後継案に
理をもって賛成してしまう丹羽長秀を演じた小日向文世
客観的な視点で会議の様子を見守る前田利家を演じた浅野忠信
秀吉を支える寧をあっけらかんと演じた中谷美紀らが
役どころを理解して、うまい。
特に小日向文世の苦悩の演技に感心した。

更科六兵衛を演ずる西田敏行は、
「ステキな金縛り」との関連でクスリと笑える。
こういうお遊びはいいが、
忍者・枝毛を演じた天野祐希などは
その顔つきからして、作品的には邪魔でしかない。

戦国時代に天下人を会議で決めるという、
不思議な状況を
ピンポイントで描いた三谷喜劇、
そんなに笑えなかったが、
作品的にはまとまっているので、
5段階評価の「4」

         
タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ