『王になろうとした男』  書籍関係

しばらく書籍も映画も
戦国武将と本能寺の変を扱ったものが続きます。

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

伊東潤による
織田信長傘下の武将たちの物語。

「果報者の槍」は、
桶狭間の戦いで今川義元の首を取った毛利新介の話。
この功績で織田信長の黒母衣衆(くろほろしゅう=信長の親衛隊)にとりたてられた新介は、
根が戦場でしか価値を発揮できない体質から腐って来る。
親友の塙直政は外交手腕でのして来る。
その対照的な二人の武将は、ある友情で結ばれる。
しかし、直政も本願寺方との闘争で死に、
新介は本能寺の変で、
最後の死に場所を得る。
「戦国の世に生まれ、これほどの果報はない」
とつぶやきながら。

「毒を食らわば」は、
同じ新介と直政の関わりを
直政の側から描く。
外交手腕に長けて信長に重用され、
一時期は秀吉、光秀より上に行った直政だったが、
実績主義の信長の方針に狂わされ、
最後には無理な攻撃に身を任せて死ぬ。
「わしは塙九郎左衛門直政だ。
何度、生まれ変わろうと、
わしには、
こうした生き方しかできぬ」
と笑いを浮かべながら。
その後には、塙一族に対する過酷な処遇が待っていた。

「復讐鬼」は、
中川瀬兵衛清秀の策略で
一族郎党ことごとくを失い、
謀叛人とされた荒木村重
別の策略で清秀に復讐する話。
復讐を遂げた後、
村重は一人の茶人としての生涯を送る。

──上様、わしも瀬兵衛も愚かでございました。
村重は天の信長に語りかけていた。
──野心に囚われた者は、
しょせん野心に滅ぼされるのです。
上様もそうでありましたな。

──信長という一人の男が生み出した野心という魔が、
足軽小者の末端までも取り込んだのだ。
その典型こそ、秀吉である。
──秀吉よ、そなたも気をつけることだ。
野心はいつしか、そなたの身をむしばみ、
やがて、その身を食い尽くすことになる。
村重は気づいていた。
武士という稼業を続ける限り、
一つ野心を成し遂げても、
次から次へと新たな野心が頭をもたげる。
遂には野心の囚われ人となり、
その生涯が終わるまで、
野心に追われ続けるということを。
そこに思い至った時、
村重は、残る生涯を一介の茶人として送る決心がついた。

「小才子」は、
信長の甥に当る人物、津田七兵衛尉信澄の失敗を描く。
信長の弟である父・信勝は、
信長のだまし討ちで命を落とした。
信澄は信長から父の話を聞いたことがある。

「今に至るまで、あれほど賢い者に、
わしは出会ったことがない。
しかしな・・・」
信長の鋭い視線が信澄を捕らえた。
「信勝は小才子(こざいし)にすぎなかった」

やがて、信澄は丹羽長秀と組んで信長への謀叛を企て、
明智光秀を仲間に巻き込む。
そして、秀吉の策に加担して、
光秀が本能寺の変を起こす。
われこそ次の天下人、と思った信澄は、
最後の瞬間、長秀の裏切りにあう。

「七兵衛様が器量者とは笑止。
七兵衛様は──」
人のよさそうな笑みを浮かべつつ、
長秀が言った。
「小才子にすぎませぬ」

父と同じ道を行く皮肉である。

「王になろうとした男」は、
アフリカのモノモタバ(モザンビーク)から奴隷として売られたヤシルバが
奴隷船の苦労の末、
宣教師の貢ぎ物として信長に献上され、
信長と不思議な縁で結ばれる姿を描く。
5編中、最も分かりやすい。
初めて信長と面会した時、
信長は初めて見る黒人を「美しい」と言う。
そして、ヤシルバを「彌助」と呼んで寵愛し、妻を娶わせる。

地球儀を見て、信長は
中国からヨーロッパを席巻する構想を語り、
アフリカまで手に入れた時には、
彌助にアフリカの王にさせる、とまで言う。
「王になろうとした男」とは信長のことかと思ったら、
黒人奴隷・彌助のことだったのだ。

最後、本能寺で最初に異変に気づいたのは彌助で、
その研ぎ澄まされた聴覚で、
敵軍の襲来を告げる。
しかし、相手にされず、
信長側の対応が遅れたのは皮肉だ。

本能寺の変には、秀吉が加担しており、
その秘密を守るために、
彌助は海上で船から落とされる。
最後、彌助が王となる地、
アフリカに泳いで渡ろうとする姿は悲壮だ。


というわけで、
信長という稀有の人物に関わった武将たちが
その過激さに触れて人生を狂わせていく姿を描く5編の小説。
なかなか面白かった。

それにしても、
本能寺の変の陰謀に
秀吉が関与していた、
という小説が
最近多いですなあ。






AutoPage最新お知らせ