アメリカ旅行記E EPCOT  旅行関係

オーランドはフロリダ半島の湿地帯にあります。
この湿地帯をディズニーは宝の山に変えました。

クリックすると元のサイズで表示します

ウォルト・ディズニーは
カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドを成功させ、
次の構想を進めようとしましたが、
障害はアナハイムの敷地は狭すぎること。
そこで目を付けたのがフロリダでした。
その頃フロリダ州では大規模な土地の売り出しが始まっていましたが、
湿地帯のため手を出す人は少なく、
土地の値段も安かった。
ウォルトはこの湿地帯ならではの
水を生かしたパーク作りに目をつけ、
秘密裡に土地の買収をしたのです。
その頃、「誰かが土地を買い集めている」
という噂が流れ、
ほどなく買い手がディズニーであることが知られました。

建設中の1966年12月15日にウォルトが逝去
兄のロイ・ディズニーが弟の意思を引き継ぎ、
転換社債を大量に発行して無借金で建設費用を調達します。
(その結果、
ディズニー一族の持株比率は大幅に下がり、
後の乗っ取り騒動につながります。)
そして1971年10月1日
ディズニーランドのフロリダ版ともいえる
マジック・キングダムを核に
ウォルト・ディズニー・ワールドは開園されました。

その後、発展を続け、
4つのパーク、
2つのウォーターパーク、
6つのゴルフコース、レースサーキット、
20のホテル等を内包する、
一大リゾートが出来上がりました。
広大な敷地は、
東京の山手線の内側2つ分が丸ごと入ってしまうほどです。

付近には観光客目当ての
無数のホテル群が建ち並び、
ユニヴァーサル・スタジオも開園、
シー・ワールド、NASAを含め、
温暖な気候を生かした、
一大観光地となっています。

オーランドを訪れるのは、
5年ぶり、9度目。
空港は大幅リニューアルされていました。

クリックすると元のサイズで表示します

トラムで移動。

クリックすると元のサイズで表示します

今回泊まるのはディズニーのオフィシャルホテルなので、
「マジカル・エクスプレス」という、
送迎サービスがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

日本で予約したので、
手続きはスムーズ。
予約後、送って来たメール(英文)が
地図付きの懇切ていねいな内容で感心。
よほど心配りのある人が運営しているのだと感じました。

ホテルごとにレーンが違います。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機からの荷物受取もスタッフがしてくれて、
ホテルまで運んでくれます。
それは選択制で、
私は自分で荷物を受け取りました。

クリックすると元のサイズで表示します

バス車体に書かれた
「ディズニー・マジカル・エクスプレス」の文字。

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんど待たされることなく、出発。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからがディズニー・ワールド。

クリックすると元のサイズで表示します

泊まったオールスター・スポーツ

クリックすると元のサイズで表示します

1泊8千円程度でリーズナブル。

クリックすると元のサイズで表示します

夜は、こうなります。

クリックすると元のサイズで表示します

フロント。

クリックすると元のサイズで表示します

コンシェルジェのレーンのテープはフィルムの形。

クリックすると元のサイズで表示します

待っている人のために
常時ディズニーのアニメが流れています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは軽食の場所。

クリックすると元のサイズで表示します

絨毯は星ずくめ。

クリックすると元のサイズで表示します

オールスター・スポーツというだけあって、
スポーツ選手の写真パネルが。

クリックすると元のサイズで表示します

スポーツがコンセプトなので、

クリックすると元のサイズで表示します

スポーツがらみの装飾がなされています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チェックイン時、
このようなリストバンドを渡されました。

クリックすると元のサイズで表示します

名前が入っていて、

クリックすると元のサイズで表示します

チェックアウト時、くれます。

腕に着けたところ。

クリックすると元のサイズで表示します

パーク内の飲食、買い物もこのリストバンドで出来、
チェックアウト時、精算。
それ以外にも使い道があります。(後述)

部屋は充分な広さがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんなお出迎えも。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんとバスタブもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

シャワーカーテンもキャラクター。

クリックすると元のサイズで表示します

アメニティもミッキー。
よいお土産になります。

クリックすると元のサイズで表示します

テーブルも、

クリックすると元のサイズで表示します

カーテンもミッキーだらけ。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、このオールスター・リゾート、
スポーツの他にミュージックムービーと計3館あり、

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージックは、建物の装飾も音楽がらみ。

クリックすると元のサイズで表示します

床や

クリックすると元のサイズで表示します

フードコートも音楽づくし。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで食べたチーズ・ステーキ・サンドイッチがとても美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

オフィシャルホテルの良さは、
このように各パークへのシャトルバスが出ていること。

クリックすると元のサイズで表示します

これがシャトルバス。

クリックすると元のサイズで表示します

一説には、
ワシントンDCで走っているバスの数より多いそうです。

運転手の人件費だけでも相当なものですが、
↓の記事にあるように、ディズニーのテーマパーク事業は絶好調だとか。

クリックすると元のサイズで表示します

それだけ地元の雇用も生み出しているわけです。

バスには、↓のような行き先の表示が出ていて、

クリックすると元のサイズで表示します

一路EPCOTへ。
そこにもこのような駐車スペースがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

行き先別バスの案内も充実。

クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ完璧な輸送体制が作られています。

さて、一日目はEPCOT(エプコット)へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニーワールドには、
マジック・キングダム(日本のディズニーランドに当る)、
エプコット
ディズニー・ハリウッド・スタジオ
アニマル・キングダムという
4つのテーマパークがあり、
それ以外に、
タイフーン・ラグーン
ブリザード・ビーチという
2つのウォーターパークがあります。

EPCOTとは、
「Experimental Prototype Community of Tomorrow」
の頭文字を取ったもので、
「未来社会の実験的モデル都市」。

「人類社会の進歩をテーマに、
各分野の最先端技術や
世界各国の文化/歴史/伝統を紹介する」
という一味違ったテーマパークで、
言わば「恒久的万国博覧会」。
園内はテクノロジーを体験する展示やアトラクションの他、
世界各国のパビリオンが立ち並ぶ、
フューチャー・ワールドワールド・ショーケースの二つのゾーンで構成されています。

↓が入場券。プラスチック製。

クリックすると元のサイズで表示します

シンボルとなるのが、
スペースシップ・アースと呼ばれる
世界最大の球体

クリックすると元のサイズで表示します

その前にある碑のようなものは、

クリックすると元のサイズで表示します

ファンたちの写真が刻まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

この球体そのものが

クリックすると元のサイズで表示します

アトラクション。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

この乗り物に乗ると、

クリックすると元のサイズで表示します

言語が選べます。

クリックすると元のサイズで表示します

これは新方式。

クリックすると元のサイズで表示します

住んでいる地域も選択。

クリックすると元のサイズで表示します

球体の中を上がったり下がったりしながら、

クリックすると元のサイズで表示します

人類のコミュニケーションの進化をたどります。

クリックすると元のサイズで表示します

オーディオアニマトロニクスという

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニーの造語による
音声と人形の動きを一致させた展示で

クリックすると元のサイズで表示します

文字や印刷術、電波、テレビなどの
伝達力の進化見せられます。

クリックすると元のサイズで表示します

最後にこんな映像も。

クリックすると元のサイズで表示します

いつの間に顔写真を撮ったのか。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この映像は、この装置で

クリックすると元のサイズで表示します

メールで送ってくれることになっていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

今だに届きません。

クリックすると元のサイズで表示します

これは「エナジー・アドベンチャー」

クリックすると元のサイズで表示します

こういう多面映像を見せられた後、

クリックすると元のサイズで表示します

大きな乗り物に乗って、
恐竜の世界へ。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり巨大な展示です。

クリックすると元のサイズで表示します

動きます。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、「ミッション:スペース」

クリックすると元のサイズで表示します

スペースシャトルの打ち上げシュミレーション。

クリックすると元のサイズで表示します

打ち上げの時かかるGを体感出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジチームとグリーンチームで

クリックすると元のサイズで表示します

かかるGの強度が違います。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、「テスト・トラック」

クリックすると元のサイズで表示します

新車開発のための走行テストというコンセプトで、
かなりのスピードで車が走ります。
走行コースを自分でシュミレート出来るのがミソ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、走行中に撮られた写真。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、「シー・ウィズ・ニモ&フレンズ」

クリックすると元のサイズで表示します

こういう貝の乗り物に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

ニモたちの世界へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

魚の水槽と映像がドッキング。

クリックすると元のサイズで表示します

これは降りた後の本物の水槽。

クリックすると元のサイズで表示します

カクレクマノミ。

クリックすると元のサイズで表示します

「ランド」と呼ばれるエリアでは、

クリックすると元のサイズで表示します

まず、「サークル・オブ・ライフ」

クリックすると元のサイズで表示します

「ライオン・キング」の世界で
環境保護について学びます。

クリックすると元のサイズで表示します

「リビング・ウィズ・ザ・ランド」では、

クリックすると元のサイズで表示します

水路を行きながら、

クリックすると元のサイズで表示します

未来の植物栽培法を学びます。

クリックすると元のサイズで表示します

水耕栽培や

クリックすると元のサイズで表示します

空中栽培など。

クリックすると元のサイズで表示します

「イマジネーション」では、

クリックすると元のサイズで表示します

この乗り物に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

想像力を刺激する旅。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、「キャプテンEO」が。

クリックすると元のサイズで表示します

マイケルの死を受けて、リバイバルです。

クリックすると元のサイズで表示します

日本と同じですね。

クリックすると元のサイズで表示します

奥のワールド・ショーケースには、
メキシコ、ノルウェー、中国、ドイツ、
ンタリア、アメリカ、日本、モロッコ、
フランス、イギリス、カナダ
の11カ国の展示があります。

ここメキシコ館では、

クリックすると元のサイズで表示します

船に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

メキシコの名所をめぐります。

クリックすると元のサイズで表示します

ミニ「イッツ・ア・スモール・ワールド」。

クリックすると元のサイズで表示します

ここノルウェー館では、

クリックすると元のサイズで表示します

バイキングの

クリックすると元のサイズで表示します

船に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

神秘の世界へ。

クリックすると元のサイズで表示します

船が後ろ向きに走るのが新鮮。

ここ中国館では、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな夕食を。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでタイムアウト。
8時の閉園時間なのに、
8時に花火のショーが始まるという不思議。

クリックすると元のサイズで表示します

中央の湖で行われる
「リフレクションズ・オブ・アース」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、
オーランドでの第1夜は過ぎていきました。






AutoPage最新お知らせ