イルミネーションと『昨夜のカレー、明日のパン』  書籍関係

今日は朝から日比谷に出て、
映画を一本観た後、
六本木へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

東京ミッドタウン

クリックすると元のサイズで表示します

娘と待ち合わせして、

クリックすると元のサイズで表示します

このお店で

クリックすると元のサイズで表示します

遅いランチを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

娘は毎日、東京ミッドタウンでお昼を食べていますが、
このお店だけは、
高くて入ったことがない、
というので、
今日はパパのおごり。
「小僧の神様」ですね。

娘と別れた後、
映画を一本観て、
再び東京ミッドタウンへ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスらしい装飾。

クリックすると元のサイズで表示します

キンキラキンです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは公園側のイルミネーション

クリックすると元のサイズで表示します

かなり大きなもので、動きます。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機の機影などが出て、

クリックすると元のサイズで表示します

提供はエミレーツ航空。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、東京ミッドタウンを後にしました。

クリックすると元のサイズで表示します


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

夫を7年前に亡くした後、
義父と一緒に暮らしている
寺山徹子の周辺で起こる出来事をつづった
短編連作集。

徹子に「ギフ」と呼ばれる義父は気象予報士をしている。
夫の一樹は7年前に亡くなった。
しかし、徹子はこの家を出ることが出来ない。
岩井という恋人もいて、結婚を迫られているが、
「私、本当は家族がキライなの」と断ってしまうのが、「ムムム」

隣家の住人で、
客室乗務員をしていた小田宝は、
急に笑えなくなって退職し、
今だに笑えず、困ったような表情を浮かべるだけだ。
亡くなった幼なじみの一樹の雪だるま人形を
友人の客室乗務員に頼んで
空を飛ばせるのが、「パワースポット」

老後の趣味を探しているギフが
一人の山ガールを師匠として
山登りに挑戦し、
誰かと生死を共にしたい、
という感慨に至るのが、「山ガール」

一樹の遺品である車をもらった従兄弟の虎尾は
車と一樹の思い出にとらわれて処分できない。
そのことで恋人といさかいをしたりする。
徹子に頼まれて、
分骨した骨をお墓に戻すのに協力するのが、「虎尾」

岩井が結婚詐欺にあったという噂が立つ。
真相は学校で金を巻き上げられていた女の子の
借金を出してあげたのだが、
女の子とは連絡が取れない。
徹子はいきりたつ。
しかし、間違って持ってきてしまった岩井の携帯電話に
その女の子から電話がかかってきて・・・
というのが、「魔法のカード」
本書で一番面白い話。

ギフが昔よく行った、パチンコ屋の挿話が面白い。

閉店になった時のホールって、
ただただゴォーって川みたいな音がしてるんだよね。
華やかな光や音楽が止んだとたんに、
機械が玉を流してゆく音だけになるんだ。
なんだオレ、こんな殺伐としたところにいたのかぁって。
生きてるって、本当はあんな感じかもしれないね。
本当は殺伐としてんだよ。
みんな、それ、わかってるから、
きれいに着飾ったり、御馳走食べたり、
笑い合ったりする日をつくっているのかもしれないな。
無駄ってものがなかったなら、
人は辛くて寂しくて、
やってられないのかもしれない。


義父の妻で亡くなった夕子の
義父との出会いと結婚の経緯をつづる、「夕子」
突然涙が流れ、その後、誰かが死んでしまう、
という話が哀切。
その思いが義父との結婚に繋がる。

夕子が親や親戚に勧められるままお見合いをし、
ことごとく断る理由が面白い。

どの男性も立派そうに見せていたが、
ちょっとしたしぐさが見すぼらしく思え、
ことごとく断った。
何が不服なのかと母親は怒ったが、
この見すぼらしい感じは、
どんなに説明しても
わかってもらえそうになかった。
ずり落ちそうなズボンを持ち上げるしぐさであったり、
自慢している時の口許であったり、
財布をのぞき込む首の角度であったり、
人それぞれ目につくところは違うのだが、
夕子には同じように見すぼらしく見えた。
しかし、不動産をあきれるほど持っていたり、
信じられないほどの高給取りだったり、
若いのにいくつもの肩書を持った人たちだったので、
夕子の感じた、
小さな嫌悪感を、
言葉で説明しても
何の説得力もなかった。

夕子の周りは、
入社当時から変わらぬ顔ぶれではあったが、
気がつくと、
どの人も知っている人たちではないような気がした。
みんな、あまり怒らなくなっていたのだ。
よく怒っていた部長も課長も、
ソフトになったと言えば聞こえはいいが、
表面上は穏やかに、やり過ごすようになっていた。
それは、怒ると損だという計算が働くようになったからだろう。
改めて世の中を見回すと、
全部がそういう流れになってしまっていた。
誰もが嫌われたくない、
と思っているようだった。

誰が始めたのか、
お昼のお弁当を食べ終わると、
女の子たちは彼氏からもらったものを、
おもむろに取り出し、
お互いに見せ合ったりした。
最初はささやかな高級菓子店の小箱で、
もったいぶってみんなに少しずつ食べさせたりしていたが、
それは徐々に高額なものへとなっていった。
後輩が得意そうに、
ティファニーの銀製のネックレスを見せびらかしていたが、
その彼女の足元が、
仕事ではきつぶされたサンダルであるのに気づいた時、
夕子は、なんて見すぼらしい世界に自分はいるんだろうと思った。
そして、こんなところ、
辞めてしまおうと思った。

義父が詐欺にあって家具を買わされ、
それを岩井の家に送りつける。
家具で一杯になったため、
義父の家に居候した岩井が
自分の居場所を改めて発見する、「男子会」

生きていた時の一樹が
小犬を連れた女の子との出会い、
「昨夜のカレー、明日のパン」の題名につながる、「一樹」

時間は前後し、
人物も錯綜し、
特に目立った事件は起こらないが、
何ともいえずほんのりとした感じが心地よい。
この作家、只者ではないと思ったら、
夫婦脚本家なのだそうだ。
本作が初めての小説。
やがて直木賞を取るだろう。



紛失物と『ゼロ・グラビティ』  映画関係

昨日のことですが、
事件が起こりました。
スーパーで、通帳などを入れた袋を紛失したのです。

銀行と郵便局に行ってお金を下ろした後、
買い物でスーパーへ。
HISの旅行用ジッパー付き透明袋に入れた通帳等をカゴに入れ、
レジへ。
そこからの記憶がありません。

買ったものをレジ袋に入れ、
自転車で数メートル行ったところで気づき、
スーパーに逆戻り。
カゴやカートを見てもありません。
レジのところに行き、
落とし物がなかったかと聞くと、
サービス係に言ってくれといいます。
サービスカウンターでは、
そういう忘れ物は届いていないとのこと。
名前と連絡先を書いて渡し、
再度、カゴ置場やカートの場所を探しましたがありません。
トイレに行って、ゴミ箱も探してみました。

袋の中には通帳の他、引き出したばかりの現金と
キャッシュカード、それに保険証も入っています。
通帳やカード、それに保険証の再発行など、
手続きのことが頭をよぎります。

警察に電話すると、
紛失なのか盗難なのか判断してくれといいます。
盗難の場合は、
現場検証しなければならなく、
紛失届は電話でも出来るので、
とりあえず、
通帳を無効にするのを先にしたらどうか、というので、
すぐ側の郵便局に行き、
順番待ちしていると、
家から電話がかかってきました。
「あなた、サミットに何か忘れたの?」
とカミさんの声。
「それらしいものが届けられたと電話があったわ」
というので、スーパーに戻ると、
サービスカウンターに袋がありました。
なんでもカートの上に置かれていたのを、
女性が届けてくれたとのこと。
どうやら、レジでカゴを出す時に、
中から取り出し、カートの上に置いたらしい。
その上にカゴを置き、
カゴを取り除いた後、
カートをそのまま戻してしまったようです。

さすがは日本、
財布が現金入りのまま戻って来る、
というのは、今話題の猪瀬知事の
オリンピックの第1回プレゼンでの言葉ですが、
そのとおりになりました。

帰国直後で頭がぼうっとしていたのかもしれません。
でも、帰ってきて、よかった。
ほっとしました。
みなさん、
持ち物には気をつけましょう。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

原題の「グラビティ」とは、、「重力」という意味で、
日本題の「ゼロ・グラビティ」で「無重力」
題名のとおり、無重力の世界が描かれる。

冒頭、宇宙から見た地球の姿が美しい。
遠方からやって来るスペースシャトル。
そのそばに白い点。
やがて近づくと、
その白い点は船外活動をする宇宙船の乗組員だと分かる。
視点は乗組員の周囲を周り、
ついには乗組員の宇宙服の中にまで入り込む。
それが数分間にわたるワンカットで描かれる。
どうやって撮影したのか。
実写とCGの組み合わせと言ってしまえばそれきりだが、
それにしてもすごい。

まさに「すごい!」という言葉が連続する
観たことのない映像が連続する映画だ。

60万メートル(600キロ)上空のスペース・シャトルで
ロシアが衛星を破壊した結果である宇宙塵に襲われ、
シャトルが大破する。
船外で活動中だった
エンジニアのストーン博士(サンドラ・ブロック)と
ベテラン宇宙飛行士マット(ジョージ・クルーニー)が
取り残されてしまう。
無重力の宇宙空間。
残った酸素はわずかで、
地球との交信手段も断たれる中、
二人は放置されたロシアのシャトル、ソユーズに向かう。
しかし、
慣性と反動の抵抗を受けながらの
接近は至難の業だった・・・。
そして、地球に帰還するために、
中国のシャトル「天空」を目指す。
その手段とは・・・。

宇宙の造形が見事そのもの。
白く輝く地球の様が美しい。
そして無限に広がる黒い空間。
その中でのちっぽけな人間の
生き延びるための闘い。

宇宙空間の広がりを表現するために、
ワン・カットは長く、
同じカットの中で、
被写体に接近したり離れたり、
外側から眺めたり、
人物に添った動きをしたり、自由自在。
もっと簡単な撮り方もあっただろうに、
不可能なカットへの挑戦。
そういう長いコンテを作り、
実現してしまう技術力のすごさ。

SFの宇宙空間の表現も
「フラッシュ・ゴードン」の昔から
「2001年宇宙の旅」
「スターウォーズ」を経て、
ここまで描けるようになった。
技術の進化と発展に敬服せざるを得ない。

この映画、そういう技術だけでなく、
サンドラ・ブロック、
ジョージ・クルーニー
という名優を得て、
人間ドラマとも成立している。

なにしろ俳優は二人のみなのだから、
実力者でなければならない。
アンジェリーナ・ジョリー
マリオン・コティヤール、
スカーレット・ヨハンソン、
ブレイク・ライヴリー、
ナタリー・ポートマン
などが出演交渉を受け、
最終的にサンドラ・ブロックに決まり、
男優もロバート・ダウニー・Jrから
ジョージ・クルーニーに代わった。
それで正解だったような気がするほど、
二人の演技は、はまっている。

他にヒューストンからの連絡で、
「ライトスタッフ」で宇宙飛行士を演じた
エド・ハリスが声の出演をしている。

監督はアルフォンソ・キュアロン
アカデミー賞の最有力候補だと言われるが、
これが作品賞を受賞すると、
SF作品初の作品賞受賞
アカデミーの懐の深さが試されるところ。

映画が映像で伝える芸術であるとすれば、
これほど見事に宇宙空間を描き、
追体験させる
見事な映画はない。

5段階評価の「5」

予告編の映像は↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=aE6o6WvObKk&list=PLizFMbnOjAaXqTL_EKmLQLhNCydq6NDzA


タグ: 映画

帰国しました  旅行関係

マレーシア4泊6日の旅から
今朝、帰国しました。

まず、ペナン島の
世界遺産の町・ジョージタウン
カピタン・クリン・モスク、

クリックすると元のサイズで表示します

コーンウォリス砦、

クリックすると元のサイズで表示します

セントジョージ教会などを観、

クリックすると元のサイズで表示します

ペナイ島特有の人力三輪車、トライショーにも乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、オランウータンの島に立ち寄り、

クリックすると元のサイズで表示します

高原リゾート・キャメロンハイランドでは朝市を楽しみ、

クリックすると元のサイズで表示します

養蜂場や

クリックすると元のサイズで表示します

紅茶園を訪問。
見渡す限りの茶畑にしばし呆然。

クリックすると元のサイズで表示します

セランゴール川ではボートに乗って、ホタル鑑賞。
(ホタルの光が弱く、予想通り、何も写っていません)

クリックすると元のサイズで表示します

クアラルンプールでは、
まず、ペトロナスツインタワーのライトアップを鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

これも世界遺産の町、マラッカでは、
青雲亭寺院、

クリックすると元のサイズで表示します

オランダ広場、

クリックすると元のサイズで表示します

セントポール寺院、

クリックすると元のサイズで表示します

サンチャゴ砦などを観ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クアラルンプールではオプショナルで

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

チャンナタウンの夜市を散策。

クリックすると元のサイズで表示します

KLタワーに登り、

クリックすると元のサイズで表示します

夜景を鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルに戻った後、
もう一度、繁華街、ブキッ・ビンタンに出かけました。
歌舞伎町をしのぐ人波です。

クリックすると元のサイズで表示します

午前の自由時間には、
昼間のツインタワーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

その下の商業施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

モノレールでホテルに戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

王宮や

クリックすると元のサイズで表示します

国家記念碑、

クリックすると元のサイズで表示します

国立モスク、

クリックすると元のサイズで表示します

独立広場などを観光。

クリックすると元のサイズで表示します

日本にもないような巨大ショッピングセンター。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく巨大。
クァラルンプールの経済発展を知らされます。

クリックすると元のサイズで表示します

クアラルンプールの夕焼けに見送られ、

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝は成田の朝焼け。

クリックすると元のサイズで表示します

暖かいところから寒い東京へ。

今日はハイライトでしたが、
後日、詳しい旅行記は掲載します。


『本能寺の変』  書籍関係

織田信長に関わる
戦国武将の一連の書籍も
これで打ち止め。

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

著者の明智憲三郎氏は、
明智光秀の末裔だという。

その手になる本能寺の変の新たなる検証

冒頭、通説として伝えられている「本能寺の変の顛末」には、
解明されていない大きな謎が
少なくとも7つある、
として挙げる。

@光秀の謀叛の動機
Aなぜ信長は、あれほど無警戒で本能寺にいたか
Bなぜ光秀は本能寺の変をやすやすと成功させ得たか
C家康の安土城訪問とその後の上洛がなぜあれほど無警戒だったか
D光秀の政権維持策
E本能寺の変の後、家康の取った行動
F秀吉の「中国大返し」がなぜあれほど成功したか

既に解明されているものもある気がするが、
筆者は新たな観点で解明の手を加える。

光秀の謀叛は
信長のよる苛烈な対応に対する
個人的怨みと天下取りの野望
を動機とするのは通説だが、
その通説は秀吉の書かせた
「惟任退治記」(これとうたいじき)が作り上げたものだ、という。

「惟任退治記」は、
本能寺の変から
わずか4カ月後の天正10年(1582年)に
羽柴秀吉が家臣の大村由己(ゆうこ)に書かせた書物。
「惟任」(これとう)とは、
光秀が朝廷から賜った名字。
この書で秀吉は、
@本能寺の変は光秀の単独犯行であった
A謀叛の動機は個人的怨みによる
B光秀は天下取りの野望を抱いていた
ということを公式化した。

時の権力者が
自分に都合の良い歴史を編むのはよくあることで、
その作為を筆者は様々な例をあげて反駁する。
たとえば、信長が光秀に辛く当たったというのは、
後の軍記物の作者が作り出したもので、
そういう例示は全くないことなど。

長い長い論証をまとめると、
次のような内容になる。

○謀叛の動機は出身母体である土岐氏再興の道を信長によって断たれそうになったこと
○信長の構造改革策で身近に親族を配し、光秀らはやがて遠ざけられることを予測した
○光秀・家康・細川藤孝の間で謀叛に対する談合があった
○信長は家康を上洛させ、本能寺で謀殺を企てており、その作戦を逆に光秀に活用された
○本能寺の変の後、家康の応援体制が整う前に秀吉が光秀を討ってしまい、家康が約束を果たせなかった
○昔自分の足軽であった光秀の配下になることを藤孝がよしとせず、談合を秀吉に打ち明けた
○秀吉は信長の実績主義のもとではやがて謀叛が出ることを予測し、光秀の謀叛を待っていた
○秀吉の迅速な「中国大返し」の実現は、毛利家の外交僧の力があった
○本能寺の変の後、朝廷は光秀政権を承認しようとしたが、秀吉の反攻が早すぎた
○秀吉・家康・藤孝の三者による秘密共有により、家康の織田領簒奪も不問に付された
○光秀との約束を果たせなかった負い目から、家康は光秀の片腕であった斎藤利三の娘・福を孫の竹千代(後の家光)の乳母に採用し、重用するという行為をとった。福は後に春日局になって権勢をふるう。また、家康は土岐氏を復活させてもいる。

という次第で、実に面白い。
もちろん反論はいくらでも出て来るのだろうが、
一つの見解として、
しかも、光秀の子孫が書いたものとして興味深く読んだ。

信長の政権運営の方法論に対する批判は、
次のような記述でなるほどと思った。

秀吉は、信長の成功の一因が
自分のような家臣を実力主義で登用するという
他の武将にはない政策によることを
よく知っていました。
しかし、この政策はいずれ
忠誠心の篤くない家臣の台頭を招くことになり、
さらには家臣相互間に軋轢を生み、
重臣の謀叛へとつながっていく
と読んでいたのではないでしょうか。

このときまで光秀は
秀吉が自分に敵対するとは
思っていなかった可能性もあります。
なぜなら、
光秀は自分の戦いを
「織田家」対「実力派家臣団」と
位置づけていたと思われるからです。
光秀の行動そのものが、
信長の政策に対抗する構図だったからです。
秀吉の中国大返しはそれだけに、
光秀にとって予想外のことだったのではないでしょうか。

また、本能寺の顛末を
脇からキリスト教の司祭・フロイスが詳細に書いて
ローマに送っていたことも興味深い。
特に、安土城の一室での信長と光秀の会議の詳細さえ
書かれているのは、
その場にいた小姓の彌助
フロイスに伝えたとされているのも面白い。
彌助とは、アフリカから連れて来られ、
信長に献上し、
信長の寵愛を得た黒人奴隷のことである。

この彌助は
本能寺の変に立ち会いながら、
信長の長子・信忠のいる二条城に行き、
信忠を守るために戦った男で、
伊東潤の「王になろうとした男」は、
この著作を参考にしたのかもしれない。

本能寺の変は、
戦国時代の一つの象徴的出来事で、
あらゆる権謀術数が集約している。
それだけに歴史家たちの興味を刺激してやまないのだろう。



クアラルンプールにて  

今日は、マラッカへ。
青雲亭寺院、オランダ広場、
セントポール教会、サンチャゴ砦
など。
2時間かけてマラッカまで行き、
2時間観光して、
又2時間かけて戻って来る、
というのも、
変なものです。
クアラルンプールに戻ってから、
オプションで、
チャイナタウン散策と
KLタワーへ。
これはよかった。
なにしろ市場とか夜市とかが
大好きですからね。
ホテルに戻ってから、
まだ早かったので、
モノレールに乗って、
繁華街ブキッ?ビンタンへ。
いやはやすごい人、人。
クアラルンプールの発展はすごいです。

指一本使っての
不自由な現地報告は、これで終わり。
帰国後、写真満載の旅行記を始めますので、
お楽しみに。

今日の写真は、ライトアップされた
ペトロナスツインタワー。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ